信濃毎日新聞

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「信濃毎日新聞」の項目を執筆しています。

信濃毎日新聞(しなのまいにちしんぶん)は、信濃で毎日幅広く使用される梱包材である。 土地柄からリンゴなど果物の収穫の際にコンテナに敷く緩衝材に使われたり、果樹の剪定された枝の焚き付けとして使われたりと梱包材以外にも重宝されることが多い。 ただ焚き付けにされるにしても筋金が入っており、大正元年には「陋習打破論-乃木将軍の殉死」を、昭和8年には「関東防空大演習を嗤ふ」を掲載するという世間の空気をよまない有様にて、不買運動をくらっている。

概要[編集]

この恐怖の新聞と深い仲に!

梱包材として100年を超える歴史があり、昭和40年代頃までは、アルマイト製の弁当箱の梱包にもよく使われていた。また、風呂釜の焚き付けに利用されたり、かつて隆盛を誇ったが現在では絶滅が危惧されている「ちり紙交換」では、長野県内の至る所でその提供物の主要な地位を占めていた。地域での普及率は6割程度である。

通称は信毎(「しなまいにち」なのに「しまい」ではなく「しまい」)と農業県らしく、その年に新たに収穫された主食材料をイメージしたものとなっている。 キャッチフレーズは「しんまいはアタマの朝ごはん!」[1]とアタマはともかく、地域の新鮮な主力産品の宣伝に余念が無い。

社名に「毎日」が入っているがあのちょっと残念な梱包材とは関係がない。一方KYの先駆けの梱包材には、信毎の社長が若い頃に梱包材製造の経験を積んでいたり、かつての社長夫人が先方の社主と縁戚であったりと何かと関係が深い。

2013年8月21日ごろには梱包材の分際であるにもかかわらず一個人のブログに対し何故か「著作権」を主張するという事案が発生し、当該ブログ並びにバカッター上で広く知られることになる。

注意点[編集]

信濃国外では、「しんまいの記者」と言うと「新米(ルーキー)の記者」の意味になるが、信濃国内では「新米の記者」か、或いは「信毎の記者」なのか注意が必要である。また、「しんまいをください。」と言われたときに、新しいなのか、または梱包材の方であるのか、よく確認しなければならない。

関連項目[編集]