信教の自由

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
信仰の自由から転送)
移動: 案内検索
警告
下記の信教の自由の具体例の中にあなたが「これは問題だ」と思うものが含まれていたとしても、現実世界でおおっぴらに抗議すると怖い信仰心に富んだお兄さんお姉さんおじさまおばさま方に教育的指導を受ける可能性があります。

信教の自由(しんきょうのじゆう)とは、日本においては日本国憲法の割と前の方にとりあえず書いてある人権の一つである。

日本国憲法の条文[編集]

第二十条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。すなわち百人乗っても大丈夫である。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。ただし創検閲により削除は除く。
 二 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。ただし地域行事と呼べばこの限りではない。
 三 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。ただし道徳教育と言い換えればこの限りではない。

信教の自由の具体例[編集]

Aonisai.gif この項目には、青二才の君たちが見たくもない現実が含まれています。
君たちがまだ青臭い理想を抱いている場合、この記事の内容は受け入れがたいものである可能性があります。
現実を直視できない場合は、家に帰ってママのおっぱいを吸っているか、その場で精神崩壊して時が来るまで夢を見ていてください。

信教の自由が保障されていることによって、以下に挙げるような行為が自由に行える。

  • 人の家に訪れ住人を玄関まで呼びつけ頼みもしないのに冊子を置いていく。
  • 町中で勝手に他人の幸せを祈る。
  • 宝くじを買ったときだけ神棚を掃除し水を供える。
  • 線香が無いので蚊取り線香で代用する。
  • 自分の持っていない家庭用ゲーム機とそのユーザーをけなす。
  • 白装束を着て練り歩く。
  • どこかの宗教の神様や聖人や天使を無断でロールプレイングゲームの敵キャラにしてみる。
  • クリスマスに堂々と暴食、強欲、色欲の罪を犯す。それができない人は嫉妬、憤怒の罪を犯す。
  • 『とんでもねえ、あたしゃ神様だよ』と発言する。
  • ひいきのスポーツ選手を勝手に現人神に昇格させる。
  • そのくせ、ひいきのスポーツ選手が不調だとここぞとばかりけなす。
  • お客様も勝手に現人神に昇格させる。
  • 金払いが悪いとやっぱりけなす。
  • シスター巫女を空想で検閲により削除する。あるいはそれを映像化したりコンピューターゲーム化したりする。
  • 教育の一環である修学旅行において、神社仏閣の見学をコースに入れる。
  • 殉職した自衛隊員の遺族が「うちはキリスト教なので靖国神社に祀られるのはちょっと……」と言っているのに勝手に祀ってみたりする。
  • 公費であくまで一宗教法人の神社に参拝する。
  • それが気に食わないのでそこに私費で参拝に来た人も妨害する。
  • それに対して応援や抗議や取材と称して野次馬に訪れ周辺の交通を妨害する。
  • その様子がテレビで放送され、結局その神社の人気だけが上がる。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「信教の自由」の項目を執筆しています。