便秘

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。

便秘(べんぴ)とは、ぴーが恥ずかしがって外に出たがらなくなり、おうちで引きこもってしまうツンデレ行為のことである。しかし、これを放っておくと、ぴーが肌や神経にまで到達し顔に露出してしまって体に著しい変化を起こすおそれがあるため、これを克服することが一種のエクササイズエクストリームスポーツ便秘として発展している。

尚、この競技の参加資格取得者ならびに高得点者は圧倒的にが多い。なぜかは後述する。

メカニズム[編集]

しつこうようだが、便秘とは黄土色~茶色い固形物、すなわちテンプレート:うんこが出ない一種の生理現象である。色や形状、匂いは似ているが、チョコレートではない(内気な少女は2月14日にどっちも出ないことはないこともないが)。これを出すには屈強な筋肉が必要であり、幼少の頃からトレーニングで鍛錬しておく必要がある。つまり、男なら「オラ、出てこいクソ野郎!!いつまでも閉じこもってんじゃねーぞ!(AA略)」と乱暴的に押し出したり、また気合いを溜めて「フンヌラバッ!」と気張れば、勢いで飛び出すことが多いので、よほど年老いていない限りは問題なく放出できるのである。

ただし、男は勢いが良すぎてエクストリーム下痢というゲリラマラソン競技に強制参加させられることも少なくない

では本題。女性に多い理由はズバリ女の子だからである。つまり「アイドルはぴーしないよ」という前提と「アイドルは女の子である」という前提によって「女の子はぴーしないよ」という結論が帰納法によって導かれる。

しかし、実際の所は「生物は必ず食事と共に排泄を行う」という一般論と「女の子は生物である」という具体例によって「やっぱり女の子でもぴーする」ことが演繹法によって暴露証明されるわけである。

この二律背反の原理によって、ぴーなんてはずかP~」というおにゃのこ心理が浮き彫りにされ、生理的にツンデレ行為が起こり、特に外でのぴーを躊躇する。その結果、このような後悔先に立たずの現象が起こるのである。なぜ、皆がする行為なのに恥ずかしいという心理が起こるのかはお察しください。但し、あくまでぴーをするのは人間に限っているので、ヒューマノイドや人形がするわけがない。無駄な期待妄想はしない方がいい。けど、それ以外の人間だったら人間である限りは君が好きなあの子も憧れのあのお姉さんも、命を捧げた二次元の女神たちも可愛い18歳もみーんなぴー

と、恥ずかしがってるからこれ以上の追及はやめなさい。

対処法[編集]

…さて、こうなってしまうとエクストリームスポーツ便秘に発展する。ぴーの60%は水分であり、腸内の温度は人肌並みである。すなわち、時間の経過と共に蒸発して、本当にチョコレートのように凝固していくのである。これでも男ならば「見ろ、クソがゴミのようだ!」オンドゥルルラギッタンディスカーなどと叫べば、勢いで吹っ飛んでいくが、女性だとなかなかこうはいかない。ケツ圧が低いので「くぁwせdrftgyふじこlp」などと叫んでもなかなか簡単には行かない。

おまけに座っていると、日本式雪隠の場合なら痺れが伴い苦痛度が増す。「和式なんてお下品ざますわ」という潔癖お嬢様であったとしても、西欧風バスルームでもやはり同様に足腰が痺れる。しかも、更に発展してエクストリームに発展するリスクが高いので、5分以上座るのは禁物だ。なぜなら、下垂部に血流がどうどうと流れており、鬱血する可能性が上がるからである。5分待って無理だったら堂々と観念した方がいい。

正しい治し方は、以下のお助けアイテムに頼ったり、自力でトレーニングしたりする方法があるけど、ネタが浮かばなかった迂闊なことは言えないので適当にググっとけ

お助けアイテム類[編集]

ピンクの小粒
イクラではない。美迫汁という汁を抽出した秘薬で、これを使うと腸内が自動操縦を始める。よって、なかなか動かない腸を動かしてぴーを放り出すことができるのである。ただし、腸管は思った以上にドMなので、少しぐらいの刺激じゃまるで応えなくなり、もっと苛めてやらないと感じなくなる。したがって、いっぱい粒を吸収しないといけなくなるが、そんなことしていると今度は肝臓が逝ってしまう。まあ、そうなる前にやめておけ。
青汁
ただの青汁ではない。センナの青汁である。効く人には覿面すぎるほど効くが、そのままエクストリーム下痢に直行することも多い。千のシドという秘薬もあるが、原料は同じである。
牛乳
無論、飲むためである。ココアを入れると更に効果は期待できる。…誰だ、別の方法を連想した奴は?
難消化性デキストリンなど
人間には消化不能な物質である。つまり、食べることで無理にぴーの容積を増やす。早い話、ところてんの要領で、ぴーを押し出すわけである。けど、出さなきゃ意味がなく、余計に詰まらせるだけである。
浣腸
グリセリンによって潤滑の役割を果たす。要は滑らせてぴーを放り出す。応用できゅうりやなすびを放り込む愚者がいるようだが、間違っても食べ物を粗末にしてはいけないよ。
ゴッドフィンガー
厠神は八百万で最も崇高な神であり、その神を片手に宿して用いる。まあ、ぶっちゃけいえばぴーを人力で掘り出す。但し、きちんと消毒して爪はちゃんと切っとけ。マニキュアなど以ての外である。
下剤
多量摂取したり効果が出過ぎると悲惨な事になる。まあ、悪いことは言わない。よしとけ。
酸化マグネシウム
腸に水を注ぎ込んで洪水を起こす。硬いぴーにもそれなりの効果がある。

まあ、こいつらを使うのはどうしようもないときのリーサルウェポンであるものが多いが、所詮異物であるため、余計に悪化させることも少なくない

エクストリーム便秘(競技)[編集]

最後にぴーを出した日から48時間経過した時点で、次に出した時間までのポイントが基本点となる。

  • 我慢した日数(1時間あたり10点)
  • 出したぴーの質量(156gあたり200点)
  • 出したぴーの長さ(15.6㎝以上で500点ボーナス)
  • 便秘薬を飲んだ回数(1錠あたり5点、例外多数。詳しくは参加要項参照)
  • 便器に座った回数(1回あたり100点)
  • 腹筋をした回数(1回あたり50点)
  • 牛乳、ココア、水、アルコールを飲んだ回数(コップ1杯《156cc》につき100点)
  • 露出した吹き出物の数(1個あたり200点)
  • 苛々で八つ当たりした回数(1回あたり100点)
  • トイレでぴーを出そうとして途中で止まって動かなくなった(+500点)
  • 出すことはできたが、水洗トイレが詰まってクラシアンを呼んだ(+1000点)
  • ぴーを出せなくて彼氏に泣き付いて、彼氏に摘出してもらった(+10000点)
  • ぼっとん便所に入った(一回あたり1000点)
  • なぜか下痢になった(-2000点)
  • 失格(肛門科に行った。生命機能が停止した。出た勢いで喜び勇み、そのまま別方向に目覚めた。男が参加した。)

最後に…

下痢に較べりゃマシだろ」
便秘 について、
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「便秘」の項目を執筆しています。
Bad green Potato.png この便秘は、まだ発酵しきっていません。腐ってると言われている程発酵出来るはずです。もっと発酵させてください。 (Portal:スタブ)