使い魔

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

使い魔(つかいま)とは、魔女っ子に忠誠を誓った従者である。

原則として御主人様ひとりに対し使い魔は一人までと相場が決まっており(ただし脳内使い魔はこの限りではない)、また使い魔になると特殊能力を授かる場合が多い点で、単なる召使いとは立場が異なる。

使い魔の類型[編集]

人間以外の動物やそれを象った偶像である場合が多いが、人間が動物や偶像に化ける場合や、ごく稀に人間がそのまま使い魔になる場合もある。 ただし、人間が使い魔になると後述するような症状が顕れることが知られる。

人間以外が使い魔になった場合、御主人様にいたく可愛がられる場合が多いとされる。いっぽう人間が使い魔になった場合は、御主人様に苛められる場合が多いとされる。しかし双方ともに逆の場合もあり、その相関は今なお明らかになっていない。

形態としては専従の労働者であるが、かつては下僕としてこき使われる存在と考えられており、奴隷のような境遇とも認識されてきたが、日本を中心とする萌え文化の発展とともに近年さまざまな類型についての研究が進み、現在では使い魔を単なる下僕と解する向きは少数派になりつつある[テストに出るよ!]

待遇の改善[編集]

とりあえず最低限の食住くらいは提供される場合が多いが、基本的に無給かつ無休、しかも雇用主に絶対服従の労働者で、労働三権など論外。中世には奴隷と一括されていたような労働形態である。現代のフリーターや派遣労働者よろしく労組の組織率が大変低かったため、劣悪な待遇から脱却できずにいたようである。 ところが、とある使い魔御主人様に待遇改善を申し入れ、使用者側に競争原理が働いた(需要が供給を上回った)こともあって、少しずつ待遇の改善が見られる事象があった。そこでは、使い魔が浮気をすればするほど最終的には御主人様への忠誠心が強くなるという現象が確認されたのである。

また、トリステイン国のアンリエッタ女王陛下により「忠誠には報いるところがなければならない」とする説が唱えられ、当初はあまり支持されなかったものの、数少ない忠臣のひとり、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールがこれを支持、次第に支持を拡げていった。

こうした傾向を隣国からつぶさに観察していたアダム・スミスは、当時西欧列強を支配していた重商主義に基づく搾取経済は国の富を歪めるものであると気づき、『国富論』を執筆して当時の経済政策を痛烈に批判する[テストに出るよ!]。さらに奴隷的な労働形態を非効率だとも指摘し、雇用者に縛られない労働者の自由を担保することが生産性向上につながるという主張に発展、「労働需要が供給を上回ることが、労働者の生産性を上げることにつながる」、つまり旧態依然とした雇用者による労働者支配の考え方から脱却し自由にするべきだと説いたが、これは平民の使い魔貴族の御主人様以外にも自由に幅広く交際を持つという、当時としては極めて画期的な史実をもとに想起されたものなのである。

こうした状況を踏まえ、次第にこちらが主流派となり、使い魔の待遇が急速に改善してゆくこととなった。めでたしめでたし。

脳内使い魔[編集]

上記のような境遇の改善を受け、近年、御主人様のお側で仕えたい一心で、自ら使い魔を志願する気違いが現れはじめている。しかし原則として御主人様一人に付き使い魔は一人までと定められているため、その他の者は脳内使い魔になる事例が目立ってきた。

脳内使い魔は、御主人様に忠誠を誓うことと引き替えに妄想力が強化され、脳内において御主人様に仕えることができるという特殊能力を有する。また職業選択の自由が保障されているのも脳内使い魔の特徴である。ただし釘宮病を罹患していない者への認知は皆無に近く、職業を問われたときに「使い魔」と回答すると鉄格子付きの病室に収監されてしまう虞があるので要注意である。

特殊能力[編集]

通常、使い魔になると特殊能力が身につくことが多い。

人間以外の動物であれば、そのほとんどが人間と会話できるようになり(少なくとも御主人様との意思疎通が可能になる)、中には読み書きまでこなす者が確認されている。つまり知能が大幅に向上するというお約束の特殊能力がある。

ところが、もともと人間が使い魔になった場合には、やはり特殊能力が身につく場合が多いものの、知能はあまり向上せず、むしろ妄想が向上してしまうおそれがあると指摘されている。特に脳内使い魔についてはこの傾向が顕著に見られる。症状として近年よく見られるものが「釘宮病」で、これは萌えとともに日本を中心に感染を拡げ、今では日本三大疾病のひとつに数えられている。

ガンダールヴの症状[編集]

特にこの症状が顕著に見られるのは虚無の使い魔である。 主に次のような自覚症状を覚えるか、重篤になると他人が見てもそれと判るほどに発症してしまう場合もあると言われる。

アンサイクロペディアでは下記のうち 3つ以上が該当する利用者にはルーンを貼るよう推奨されている。

  • ルイズかわいいよルイズ
  • ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールたんの可愛さは異常です。
  • 飼い主の本名はやたら長いですが、もちろん暗記しており、記事を書くときにもコピペせずに直接打ち込めます。
  • おまえが好きなんだよ!顔を見てるとドキドキするんだよ!それって好きってことだろ!?
  • 目の前に異世界への扉が現れたらくぐってしまう。
  • 召喚されたらもう帰ってこないと思う。
  • きょぬー平原のどっちが好き?」と聞かれたときに迷いながらも後者だと答えてしまう。
  • でもたまには大きいのに目移りしても仕方ないよね…
  • 実はよく「サカりのついた犬」って言われちゃうんです。
  • こんなバカ犬めは是非ルイズ様に調教していただきたい。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

なお、こうした危険人物がウィキペディアンアンサイクロペディアンの中に多く紛れ込んでいる可能性があることが、IPCC によるシミュレーション結果から明らかになりつつある[要出典]。妄想の暴走による脳内発熱が地球温暖化の一因になっている虞があり[要出典]、左記の(八)百科辞典がそれを助長している[要出典]というのである。ウィキペディア財団は「証明されていない」としてこれを否定している[要出典]が、聡明な[要出典]アンサイクロペディアにおいてはこの結果を真摯に受け止め、ルーンと専用カテゴリを用意してこうした危険分子に予め印をつけておくことにより、いざという時に一斉検挙が可能な仕組みが用意されることとなった。

ガンダールヴのルーン[編集]

虚無の使い魔」(ガンダールヴは、利用者ページに刻まれた下の烙印」(ルーンを見ることで容易に判別できるようになっている。さらに、このルーンが刻まれた利用者は専用のカテゴリに収監されるようになっているので直ぐに探し出すことができ大変便利である[要出典]

Zero2ED Louise has collar i3.jpgこの使い魔ハルケギニアに監禁されています……が、助けに行っても歓迎されないかもしれません。
{{使い魔}}

なお、人件費高騰に対応するための人員削減により監理局職員が不足しているため、現在ガンダールヴ申請は自己申告制になっている。上の症例について自覚症状がある利用者は自ら率先してこのルーンを貼ることが推奨されている。しかし近頃は申告逃れが横行しているため、もし自己申告を怠った場合はチョメチョメという罰則規定が設けられる予定である[要出典]

その他の使い魔[編集]

Nemurineko.jpg この節を作成した奴は中身を書く気が無いなんてことだ!
どなたかユーモアとお時間のある方精一杯頑張ってください。
m(_ _)m ごめんなさい(Portal:スタブ)

使い魔の淫獣化[編集]

近年の著しい待遇の改善に伴い、変化する周囲の環境に対応できずに淫獣化する使い魔が後を絶たない。 特に獣型の使い魔が、人型に変身する能力を獲得した種についてこの傾向が強い。

これらの増長傾向が悪化した場合、使い魔が主人に対してあれやこれやの言葉に言い表せないような行為に及ぶケースも報告されている。 しかしその一方で、人型に変身できることが発覚したとたんに待遇が従来以下になるという主人の対処が、使い魔が行為に及ぶ引き金になるのではないかとの指摘もある。

増加傾向にある淫獣化した使い魔について、抜本的な研究と対策が望まれるところである。

有名な使い魔とその御主人様[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「使い魔」の項目を執筆しています。


Louis2.gif 誰も認めてくれなくったって、わたしが使い魔認めてあげるわ。 (Portal:スタブ)