作家

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

作家(さっか)は、編集者の健康を犠牲にすることで収入を得る、闇の職業である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「作家」の項目を執筆しています。

概要[編集]

世の中には小説家の別称として通じている。音楽家芸術家なども作家なのではあるがあまり呼ばれない。よってこの項ではもっぱら小説家について記述している。

作家とは編集者の命を蝕み自らを肥やす者のことである。作家の所得が増えるのに反比例して編集者の健康状態が悪化することから、作家達は反魂の術の使い手であると思われる。しかし所得に比例して税金も増えるため作家自身の苦労も並大抵のものではない。

生活[編集]

読者から叩かれない穏やかな言葉遣いとありがちなストーリーで小説を書く日々である。たまに随筆を連載して漫画家のようにネタ不足に陥ったり対談をして人格を疑われたりもするが、基本的に一人でこなせば何も言われない仕事なので、ニートのような暮らしをしていてもまったく問題はない。

編集者[編集]

編集者は、作家から原稿を受け取り、これを書籍にするために版下を作る。版下を作家がチェックした後、印刷を経て書籍として販売される。普通、1人の編集者は複数の作家を担当する。

しかしながら、作家が原稿を書き上げるのがいつになるかには不確実性が伴い、特に人気作家の場合はこの傾向が強いとされている。これは、「締め切りを定めると品質は定まらない、品質を定めると締め切りは定まらない」という形に一般化され、不確定性原理と呼ばれる。

このような問題により、編集者は以下のような形で健康を損なうことが指摘されている。雑誌のように定期的に発行されるものは印刷のスケジュールが決まっているため、特に編集者の負担が大きい。これらの犠牲によって利益が得られ、作家の懐に入る。

原稿を待ったり、締め切りに間に合わせるための作業で、徹夜が多発する。これにより生活が不規則になる。

原稿が来ない、締め切りに間に合うかわからない、そもそも作家に連絡が取れない(参照:エクストリーム・かくれんぼ)など、ストレスの原因には事欠かない。

喫煙[編集]

作家も編集者もストレスが溜まる職業であり、喫煙者も多く、健康を害する原因となっている。しかし作家自身はそれを「文学的活動に欠かせないもの」と言い張り、高尚な文学者を気取っている。

関連項目[編集]


面白くなさすぎる.jpg 先生、作家の原稿まだですか。
もう、先生だったらこんなのあっという間に仕上がりますよ。全国の読者も先生の秀逸な記事を待ち望んでるんですから、先生もこたえなきゃ。
よろしくお願いしますよ。 (Portal:スタブ)