体重計

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「体重計」の項目を執筆しています。

体重計(たいじゅうけい)とは、人間の重量を計測する機械の事である。他の機械に見られない特徴として、故障する頻度が極めて高い事があげられる。

概要[編集]

何よ!この体重計!壊れているじゃないの!
誤作動を目の当たりにした人の行動パターンを描いた図。

一般的な方式として、バネ式・デジタル式の2種類が存在する。

他に分銅式が存在し、主にボクシング選手の体重測定に用いられ、故障の頻度は極めて低いが、一般的なものではないので、本項では説明を割愛する。

バネ式
劣化しやすい金属製のバネが伸縮することによって体重を測定する。繰り返しの使用に耐えうるほどの耐久性はなく、測定回数を重ねるにつれて伸びきってきちんと縮まなくなったバネにより測定結果にブレが生じるためその信頼性は著しく低い。
多くの場合表示部分の初期値を手動で調整できるようになっているがその精緻な調整は非常に困難であり測定結果に誤差が生じる要因となる。
デジタル式
構造が単純なバネ式と異なり体重の測定ロジックに不透明な部分が多い。技術のブラックボックス化による弊害である。
近年では体重の計測のみならず体脂肪率やBMIを計れるものも登場しているが、現代の技術レベルと照らしあわせた上で人間という複雑な構造をもつ生物の正確な体脂肪率を割り出すための演算処理やロボット工学に基づくBMIという概念への理解度といった部分に課題を残していると見られる。

傾向と対策[編集]

体重計の故障の99%以上は、実際の体重よりも大きな値が表示されるというものである。従って経験則に基づいて、実際の体重はそれよりも数kg、あるいはそれ以上低いものとして換算すればよい。逆に言えば、このように経験則に基づいてより正確な値が簡単に導き出される事が、現在に至るも体重計の改良が進まず、故障頻度が高いまま放置されている原因となっている。

ただ、経験則による補正では精密な測定はできないため、どうしても必要がある場合は、あえて分銅式体重計を購入すればよい。もちろん、日常において、そこまで精密に測定する必要性は、まずないと言っていいので、そんなものを買う必要はほとんどない。だから安心して従来の体重計を使うべきなのである。分銅式の体重計など必要無い。だから必要無いと、これだけ言ってもわからんのか! やめろお! そんなもんは要らん! 貴様、さては分銅に細工をして、実際より大きな値が出るように細工したな! お前は丹下段平か! 違う! これは何かの陰謀だわ! 私は、多少はぽっちゃりしてるかもしれないけど、こんなデブじゃないわ! いやあああああああああああ!

関連項目[編集]

この項目「体重計」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)