体罰

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Stop hand.png どくいり きけん よんだら しぬで
この記事にはが含まれており、読むことで不快感に襲われる場合があります。

体罰(たいばつ)とはイケないことをした生徒に己の肉体によって教育を行う道徳的行為である。ネットウヨに人気がある。(ただし極左思考を持つヤマザキ会も体罰を行っているため、政治的思想はそこまで体罰と関係なく、単に極端なものの考え方しかできない連中が好きなだけなのかも知れない。)マスメディアによって数年に一度ブームとなり、2013年初旬現在でも全国の学校運動部で広く行われ、さらにはオリンピックのナショナルチームでも行われていたことが発覚した。

虐待の様子。

概要[編集]

体罰は人類の誕生と同時に生まれた。旧日本軍の新兵いじめが始まりとされているが真偽は定かではない。太平洋戦争アヘン戦争も体罰が元で始まったことであり常に時代の最先端を行く道徳的行為である。また体罰の内容や技術は年々向上しており本が出るありさまだ。行き過ぎて更生させるどころか殺してしまうときもある。しかし生徒はすべてマゾヒストだとする国のすばらしい判断により、する側はストレス発散が出来るし相手も喜ぶと終始笑顔である。

する側の気持ち[編集]

する側の気持ちは多くの場合嬉しくて楽しくて仕方がないといった感じだ。「こんなことをしている俺は偉い」とか「こんなにいいことをしてもらっているんだから体罰は嬉しいだろ?」とワケのわからない納得をする。そのために中毒になりオナニーのように止められなくなってしまう人が多いことが文部省の調査で分かっている。

される側の気持ち[編集]

される側の気持ちはよっぽっどのマゾヒストちゃんじゃない限り「いや」だろう。だがそれは最初だけでされているうちに「こんなに楽しいのならもっと悪いコトしちゃおっかな」っとなることもしばしば。最終的にはやる側に感謝するときもある。「ありがとう」と・・・。

やり方[編集]

たんこぶはお約束である。

体罰の仕方は憲法により決まっており殴る蹴る、飛ばすの三つが認められている。一般的に殴る蹴るを使う人が多いらしいがディープな人は飛ばすこともある。どのあたりまでとばすかというとインドを超えサウジアラビアを超えイギリスのあたりまで飛ばすのが普通らしい。高度な技術を持っている人は飛んでいる間に服が脱げるようにセッティングしたりオナニーがしたくなるキモチにさせることがあるらしい。

気をつけること[編集]

気をつけることはずばり「やりすぎ」だ。世の中には大変変わった奥様がいるためその人たちの目を常に意識しなければ、体罰を行う者として失格であるといえよう。さらにサツの前でやるといった大胆で男らしい、かつワイルドな行為は電波の届かないコンクリートの外壁に囲まれた夢のある空間へぶち込まれてしまうのでその辺の欲求はてきとうに紛らわしていただきたいと思う今日この頃である。

また、例えばパイプ椅子を目の前で振り上げるだけでは暴力とも体罰とも見なされない。体罰として完遂するためには、相手の精神だけでなく肉体にもダメージを与えておかねばならない。

関連項目[編集]

  • 折檻 - 似て異なるもの。
  • いじめ - 似て異なるもの。体罰はネットウヨに大人気だが、こちらはネットウヨの敵らしい。
  • 体育会 - される側はどう思おうと「愛のムチだ」と言えば命を落としても無罪放免とされるらしい治外法権。体罰を愛好しているのに何故かこちらもネットウヨには目の敵にされている。
  • 大阪市 - 禁則事項です
  • 戸塚宏高嶋ちさ子田野岡貴之吉野一基他数名 - 体罰愛好家。但し体罰を行う方が好きなのであって、自分が体罰を受けると烈火の如く激昂するらしい。