体感治安

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「さいきんぶっそうなー」
体感治安 について、小岩井よつば

体感治安(たいかんちあん)とは、人が感じる治安のレベルのことである。

概要[編集]

最近の日本は狂っている。あなたはそう感じていないだろうか。

ニュースを見れば今日も猟奇殺人事件が報じられ、外に出れば深夜だと言うのにコンビニにたむろする若者達。女子高生はスカートを短くしておきながら駅の上り階段ではスカートの後ろを押さえる。二日連続で100円落とした。さっきから耳元で小さな悪魔が「仲間になれ仲間になれ仲間になれ」とうるさい。あの猫、俺を見て笑いやがった。まったく俺の愛した日本はどうなっちまったたたたたたたたたたたたたたたたたたた

Nemurineko.jpg
この節を書こうとした人は途中で狂ってしまいました。
あとは適当に頑張ってくださいくすくす。


体感治安を向上させる方法[編集]

体感治安が良くないことを嘆いている。

体感治安が地域住民の感覚によるものである以上、地域住民の協力なしに体感治安の向上はあり得ない。

夜間の外出禁止
に外出すればただでさえ不安な心理になるし、犯罪に逢いやすいのも当然である。体感治安向上の為に、仕事や遊びを放棄してでも夜間は家にこもり一歩も外に出ないことが求められる。いいから早く寝ろ。
住人同士の監視、プライバシーの破壊
「隣の人が何をしているか分からない……」これでは不安を生じて体感治安が悪化するのは当然である。近隣住民同士、隠し事など無用である。いまこそおばちゃんによる噂話ネットワークを復活させる時である。新参者が引っ越してこようものなら徹底的に聞き取り、監視して情報収集し、少しでも怪しい所があれば常に目を離すべきでない。
もっと大らかになる
近年の体感治安の悪化は、住民が以前は問題にしなかったような事件をも犯罪として認識することから来ている。そもそも住民が犯罪の発生を認識することが無ければ体感治安は低下しないのである。
例えばあなたの財産が盗まれたとしても、貞操が奪われたとしても、命が奪われなかっただけでもありがたいと思うべきである。あなたが黙っていれば全て丸く収まるのだ。
民族浄化
わかってるのよ……。差別とか、偏見とか……そういうのが良くないってことは。けど、やっぱり「違う人」がそこに居ると不安になるから……みんなそういうものでしょう? だから……奇麗にしちゃいましょうよ

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「体感治安」の項目を執筆しています。
この項目「体感治安」について57. 2%がスタブにしなくても良いと回答しているが、この記事を読まなかったサイレント・マジョリティを考慮に入れて追加したほうが良いと結論付けられる。 (Portal:スタブ)