佐野市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「佐野市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「佐野市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「佐野市」の項目を執筆しています。
佐野

佐野市(さのし)は、日本栃木県南西部に存在する都市である。佐野厄除け大師の門前町。佐野ラーメンアウトレットモールで有名である。

概要[編集]

佐野厄除け大師は「関東の三大師」の一つとして有名であるが、佐野厄除け大師に祀られているのは弘法大師ではなく、元三大師であり、関東の三大師というのも単なるこじつけではないかとされている。実際、川崎大師西新井大師との交流は殆どない模様である。佐野厄除け大師はラーメン教佐野派(行列派の一派)の本山であることから、巡礼月正月)には各地から多くの過激派信者を集めている。

佐野ラーメンいもフライもある程度有名である。しかし、ラーメンあたりはずれが多いので冒険者向きではあっても観光客向きではない。フライは佐野以外でも似たようものは存在するため、美食家にはおすすめできないが、好事家にはおすすめできる。

佐野プレミアム・アウトレットは、佐野厄除け大師・佐野ラーメンと並ぶ重要な観光資源の一つとなっており、東北自動車道に近いため東北地方から観光客を集めている。

また、葛生の山々は佐野のおサイフの役割を大きく担っている。

地理[編集]

栃木県南西にあり、文化的には群馬県に近い。隣接する足利市とあわせて安足と呼ばれ、栃木県からは冷遇されている。さらに、安足は群馬県の桐生市太田市館林市とあわせて両毛と呼ばれることがあり、栃木県への帰属意識は皆無に等しい。

合併した安蘇郡田沼町葛生町を含めると、平地3割、里山2割、山間部6割と、日本全体の比率に近い。もちろん海はない。 尚、合計が10割を超えているが、劣等感を持たないのんきな佐野市民は気にしない。

「佐野」は「狭野」に通じ、狭い野原という意味である。しかし現在の市街地は秋山川の下流の比較的ひらけた場所にある。市街地の北から平野が急激に狭まり、まさに深山幽谷といった景観となる。佐野という地名は古くは田沼町葛生町周辺をさしていたとされる。

歴史[編集]

1,000年以上前、藤原秀郷によって鋳物職人を集めた町が佐野だそうな。 現在は「天明鋳物」として、極めて地味にほっとかれてる。 でも天明鋳物の作品を見てみろ。すっげぇぞ!重いし高価だけど。

文化[編集]

両毛の中心都市である足利市と旧県庁所在地である栃木市に挟まれており、やや霞みがちで地味だが、千年以上の歴史を持つ事を本能的に自覚している佐野市民は劣等感がない。 あっさり系佐野ラーメンのどこが美味いのか分からない、と言われても気にしない。佐野ラーメン大好き!と言われても気にしない。 垢抜けない地方都市だと言われても気にしない。 イモフライカンロが名物グルメなんて安っぽい!貧乏臭い!と言われても気にしない。 合併した葛生町仙波そば耳うどんを佐野名物だと公言しても、葛生町(特に両方の発祥地である仙波地域)の人も気にしない。 どこまで旧安蘇郡と旧佐野市はラブラブなのか…。

葛生町葛生原人を取り込んだのも強い。 葛生原人(実際は原人ではなく、縄文初期以前の新人の人骨)が出ているせいで、1,000年程度の幼い歴史しかない土地の連中からどう言われても気にしない。 全国の「吉沢」「吉澤」さん。ルーツは100%葛生ですぜ。

また、旧田沼町にて生物兵器のクリーチャー開発を手掛け始めたことで最強となりつつある。 同町内の山形小学校にて、LINEという通信アプリだけで呪殺の術式を完成させ、 同校の保護者二人を死に追いやったクリーチャーの活躍は、2015年7月、大いにネットを騒がせた。

通常ならば、人を二人も殺せば死刑確定だが、佐野市教育委員会は「生物兵器作成のための尊い犠牲」と、事件を口外しないよう同校関係者に通達。 劣等感がないのが佐野市民だがそれは旧佐野市民に限定され、実際旧田沼町民は劣等感がヒト科の皮をかぶって歩いているようなものである。 その劣等感が旧佐野市民にも伝染し、「早く宇都宮市を滅ぼして県都の座を手に入れねば…」と、 大津市に続いて生物兵器の開発に着手し始めたものと思われる。他市他郡の栃木県民は注意しよう。

佐野市民は佐野が好き。他人がどう思おうが気にしないから、佐野のアピールもしない。 旧葛生町も含め、佐野の人間は自分のこだわり以外のことは全く気にしない。ただし旧田沼町は自分の町の評判がダンプと砂ぼこりしかないことを何よりも気にしている。ただしそれ以外、佐野の所属が栃木県だろうが群馬県だろうが気にしないのは他の佐野市民と同じである。


交通[編集]

両毛線東武佐野線が通じるが、両毛線は東北本線の、東武佐野線は東武伊勢崎線の支線に過ぎず、あまり優遇されているとはいえない。両毛線は風が吹けば運転見合わせ、雨が降れば運転見合わせという軟な路線である。佐野線は市街地付近の駅が無人駅だったりする。さらに、両毛地区におけるモータリゼーションの進展が追い打ちとなり、公共交通が蔑ろにされ、市民が麦茶を飲めないといった状況となってしまった。

打倒モータリゼーション公共交通の復活を目標に、市内南部に麦茶補給用のやかんを建設した。その効果はてきめんだったようで、新麦茶を中心に、麦茶の消費量があがったようだ。

東北本線の誘致や、東武佐野線の鹿沼・日光方面への延伸には失敗したが、東北自動車道の誘致に成功し、巻き返しを図っている。

関連項目[編集]

この項目「佐野市」は、執筆者がラーメンを食べつつ山形小の殺人ショーにうつつを抜かしていた可能性もありますが、今はまだ鬱の谷のドン底です。愉快に盛り上げて下さる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)