佐賀市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「佐賀市」の項目を執筆しています。

佐賀市(さがし)は、九州一番小さな県の、九州で一番小さな県庁所在地である。

あまりに小さく地味で目立たないため、地図上から佐賀市の名を探すことは非常に困難である。

概要[編集]

九州各県の県都のなかで、最も人口の少ない都市であり、県都ではない久留米市佐世保市にも負けていることはよく知られた事実である。かつては東九州の大分市宮崎市よりも人口が多かったが、有明海の干拓と水路の整備に勤しんでいる間に追い抜かされてしまった。

平成の大合併によって火傷を負う自治体が多い中、佐賀市は水ぶくれを発症したことにより、福岡県の県庁所在地である福岡市と隣接するようになった。県庁所在地同士が隣接する事例は全国で唯一で、過去には京都市と大津市(現在の京都市大津区)、仙台市と山形市(現在の仙台市山形区)があった。

どちらも大きい方の県庁所在地が小さい方の県庁所在地を傘下におさめた経緯を持つことから、いずれは佐賀市も「福岡市佐賀区」に成り下がるのではないかという懸念もある。なお、小さい方の県庁所在地とは、「各地方の県庁所在地で一番ショボい街」という共通点があった。(三重県東海地方とした場合)

佐賀市の原風景[編集]

広い平野を生かして、毎年にはバルーンフェスタが開催されることから、気球の聖地として知られる。佐賀空港の開港で大会の開催が中止に追い込まれる可能性もあったが、佐賀空港が飛行船専用の空港として開業することになり、問題は解決した。

バルーンの街として名高い佐賀市は、市街上空に色とりどりのバルーンが浮かび、天の柱と呼ばれる巨木があちこちに林立し、水路から蚊柱が立ち上る光景が見られる。かつては、天の柱同士を縄で繋ぎ、縄伝いに気球をたぐり寄せることで物資や人員の輸送を行う光景も見られた。これらは佐賀市の原風景として親しまれている。

佐賀市街地には高い建物が少ないが、市内中心部にそびえるサガ・タワーは県内全土を監視できる程の高さを誇っている。しかし塔の中で、飲んだ者を狂人に変えてしまうネオむぎ茶が製造されていたことが発覚し、黒歴史として語り継がれることになる。

地理[編集]

「佐賀」とは「下がった土地」つまり「低地」である佐賀平野を指す言葉である。佐賀市は筑後川など大小様々な川が入り乱れる低地にあるため洪水に襲われやすく、福岡長崎に挟まれた埋没地であることから「水没都市」と称される。さらに、水路が多く張り巡らされていることから「水網都市」の異名を持つが、トンボが大量発生しやすいため騒音問題に悩まされており、蚊の羽音の騒がしさから「ぶんか都市」の称号を背負わされている。

佐賀市はかつての肥前国に含まれるが、佐賀平野が筑紫平野の一部に過ぎないように、肥前でありながら筑前・筑後の影響を受けやすい地勢にある。佐賀市民が「」と崇める福岡の威を借り、東九州や南九州の諸都市を「」とみなして卑しめる傾向も根強い。

歴史[編集]

日本イザナギイザナミが作ったが、佐賀平野は佐賀人が作った」と言われるように、佐賀市南部の大半は干拓地であり、第零代佐賀藩主・鍋島直茂が藩内の干拓とともに治水事業を押し進めたことで、佐賀平野は九州の処となることができたのである。

なお余談だが、東隣の久留米(苦米)藩は治水を怠ったため、米が得られずに苦しんだことが「苦米」の由来であるとされる。また、佐賀藩は『葉隠』発祥地でもあり、「武士道と云ふは、ぬ事と見付けたり」の一節が、誤解された武士道を一人歩きさせることになる。

関連項目[編集]