佐竹義重

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

佐竹義重(さたけ よししげ、1547年3月7日 - 1612年5月19日)は、戦国時代戦国武将守護守護大名

生涯[編集]

佐竹義昭の長男として茨城県で生まれる。

自分は源氏の名門であると周囲に自慢しながら育つが、近所に古河公方足利晴氏がいたのであまり名門とは認識されていなかった。

永禄年間のある日、秋葉原へと出陣したが人混みと猛暑で発狂し、一度に七人の兄友店員を斬ってしまった。 そのため鬼義重とよばれ、万世橋警察本富士警察から目を付けられている。

最上義光らと伊達政宗を挟撃しようとたくらむが、南の北条氏政が布教活動を始めたので慌てて後退、伊達政宗を倒すことはできなかったウボアー('A`)。

織田信忠に惚れてしまったため織田家と文通するが、外交の使者が織田裕二だったため怒ってこれを斬った。二度目の使者山本高広も磔にしてしまったので更に関係は悪化した。

その後、豊臣秀吉の靴の裏を舐めて手下となり、その威光を振りかざして周囲の諸勢力を討伐する。伊達政宗はその醜態に唖然とするが、そこまで義重を追いつめてしまったのは政宗のせいである。

関ヶ原の戦いでは息子の佐竹義宣石田三成とウホッだったため西軍と愉快な仲間達に味方したが、徳川家康にケツを掘られに行って取り潰しは免れる。しかし待っていたのは秋田県へのリストラだった。家老達はカンカンだったが、本人は「秋田なら涼しいだろう」と喜び、すぐに移住を完了した。一方家老は凍死した。

リストラされた後の佐竹家は秋田県で年二十万の収入だった。でも物価が低いから大丈夫だった。ちなみに秋田県の自殺率が高いのは、茨城県を懐かしむ者が多いからであるらしい[要出典]

伝説[編集]

秋田へリストラされた後は悠々自適の生活だったが、ある日突然「天井の四隅から赤ちゃんがおちてくるばーーーーい」と叫びだし、名馬「小清水」に乗って樺太へ旅立った。便宜的にその日を命日にしている。

後にベルジャネーゾ氏らと共にロシア革命に参加したという伝説もあるが、ベルジャネーゾ氏は「関係ねぇよ、佐竹なんて!」とこれを否定している。

後に(あえぎ声に定評のある稲姫禁則事項ですしたいため)戦国無双に出ようと決心し、KOEIと交渉中であるという噂もたったが、KOEIは「マイナーであるから無理。樺太へ帰れ。」と一蹴された。

しかしその後、戦国BASARAにはなぜか高倉健枠で参戦できた。

…などといった荒唐無稽な説がアンサイクロペディアに書かれているが、この箇所を加筆したのは、義重を暗殺した佐竹義宣であるというのが、学会の定説になっている[要出典]

人物[編集]

  • 関東の諸大名の中で一番というほど武勇に優れており、氏康以降にボンクラしかいなかった北条氏を討伐するも、伊達政宗というさらに優れた大名が誕生したために背後を脅かされ、秀吉の靴の裏を舐める事で何とか生き残った。三国志周瑜は「天はこの世に周瑜を生みながら、なぜ諸葛亮をも生んだのだ!」と言って死んだというフィクションがあるが、この台詞はむしろ佐竹義重にこそ相応しい。
  • 蘆名盛隆とはアッー!な関係にあったとされる。しかし、のちに盛隆は阿部高和によって暗殺されている。
  • 日本におけるツインテールの生みの親であり、所有の兜はどうみてもツインテールです。本当にry
  • 冬至に生まれたため、極度の暑がりになってしまった。

関連人物[編集]


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「佐竹義重」の項目を執筆しています。