佐治信方

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「佐治信方」の項目を執筆しています。

佐治信方(さじ のぶかた、天文22(1553)年生 - 天正2(1574)年9月28日(10月12日)没)とは、織田信長の妹婿である。

概要[編集]

佐治氏は尾張国知多半島を中心に暴れ回る海賊であり、これを攻めあぐねた尾張国主(自称)織田信秀娘の犬を輿入れすることで懐柔。織田家の一門衆と同格の待遇を約束されたのであった。

人物[編集]

大野城主である佐治為景(さじ ためかげ)の嫡男で、通称は八郎。元服して為興(ためおき)と名乗っていたが、犬姫を娶った時、信秀におねだりして「信」の字を拝領、信方(のぶかた)と改名した。これに気を良くした信方はすっかり調子に乗って天狗となり、譜代への私文書などには「織田信方」と署名するなど、まるで本当に織田一門であるかのように振る舞い、当然の如く周囲の反感を買うこととなった。が、強力な佐治水軍をに回すと織田家の屋台骨が揺らぐ事になるので、誰も何も言えなかったのであった。

戦死[編集]

そんな信方であったが、伊勢長島の戦いにおいては織田信忠の隷下に編入されてしまう。出来れば安全な後方に引っ込んでいたかったものの、流石に本物の織田家嫡男を矢面に立たせる訳にも行かず、渋々先鋒を請け負う事になる。そして、お約束と言えばあまりにお約束通り、流れ矢に当たって戦死してしまうのであった。ちなみに、そのは前を向いていた信方の項(うなじ)に刺さっていた。つまり後方から射られた事になるが、これがどういう事なのか、お察し下さいというものである。

凋落[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「佐治一成」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「佐治秀休」の項目を執筆しています。

かくして信方が戦死、父・為景も既に亡く、残した子ら(一成秀休)はまだ幼い。棟梁を失った佐治水軍は九鬼水軍に吸収されてしまい、佐治氏は永いの時代を迎えるのであった。奢れる者久しからずである。

関連項目[編集]