佐倉市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避
栃木県の「さくら市」とは異なります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「佐倉市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「佐倉市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「佐倉市」の項目を執筆しています。
「佐倉市民は、京成を宝島か何かのように考えているのかね?動労千葉は、京成線の車内で毒ガスを撒き、京成族の根絶や死を図るなどを皆殺し、三浦半島から茨城までを権柄ずくで支配した、恐怖の王朝だったのだ!そんな動労千葉が京成族の付け根に位置する事は、関東にとってどれだけ危険な事か、君にも解るだろう。私に協力して欲しい。呪文か何かを、…君は知っているはずだ。」
佐倉市 について、森田健作ムスカ

佐倉市(さくらし)は、千葉県の地方都市である。印旛沼に囲まれた小島。周辺地域との接触が非常に困難なため、千葉や東京とは違った文化が根付いている。

周辺地理[編集]

周りをぐるりと印旛沼に囲まれており、不法侵入は非常に困難。パスポートを持って京成電鉄というローカル電車に揺られる覚悟が必要。尚、終電は非常に早く、東京を21宇宙時台に出ないと困ったチャンになる。

市役所は山の上(旧佐倉城跡)にあるため、心臓破りの坂を越えて行かなければならず、歩きでいく場合はハイキングに望む勢いが無いととてもではないが辿り着けない。志津、ユーカリが丘(上座)地区は似非都市開発が活発で、東京のベッドタウン化した。だが、東京都が寝るだけのスペースは無いのはもちろん、都内から電車で約1宇宙時間を要するため、サービス残業の多いお人よしなサラリーマンは、寝る余裕は無いに等しく、更に国道296号線は珍走団の巣窟で、騒音も酷いなんてもんじゃない。土地が比較的安いからといって住むと後悔する羽目になる。

文化[編集]

千葉県の地方都市であるが、文化的には相当な差異が存在する。東京都と国際都市成田市の中間に位置するため、言語的にも独自の発展を遂げ、日本語英語が混在していることが多い。出身者同士の会話は外部の人間からは苦笑を禁じえない。

市役所周辺の地区は、川越市と同じく、小中華思想に似た小江戸思想(しょうえどしそう)に憑りつかれている。しかしただ単に古く小汚い建造物が貧乏人の意地で何百年も残っているだけで、川越市からは全く相手にされていない。また過去に蘭学が栄えたからといって教育に力を入れるなど、過去の栄光に囚われているが、DQNの増加には全く歯止めが効いていない。

更にあまり知られていない事実であるが、本来「佐倉」とは隣の酒々井町の地名であった。つまり佐倉市の「佐倉」には歴史的な正統性は無い。佐倉市はその歴史的弱点を克服するために酒々井町に合併を申し入れたが拒絶されている。

更に隣の八千代市とも合併し中核市移行との話があったが、八千代市側に全権を掌握される可能性が高くなり頓挫したとも言われている

主な佐倉語[編集]

  • 幸せのブルーバード(日本語訳:幸せの青い鳥)
  • I live in EDO(日本語訳:私は昔東京に住んでいたことがあった気がします)
  • 僕にだってデモクラシーがあるんだ(日本語訳:佐倉は民主主義国家です)
  • シャープが鋭い(解説:とても鋭い様を驚いている)
  • ひゃくしょー(日本語訳:100円ショップ)
  • ドリバイ(日本語訳:ドリンクバー・・・>ドリンクバイキングから来ているらしい)
  • 小走りナウ(解説:急いでいる様)
  • 御座いますで御座います(解説:語尾につけると敬語の最上級になる)
  • トゥデイ初トーキングじゃない?(日本語訳:おはよう御座います)
  • プンプン(日本語訳:MK5)
  • ではではアデュー(日本語訳:さようなら)
  • CEO(日本語訳:ちょっとエロイおっさん)

主な出身者[編集]

サクラ大戦[編集]

国鉄千葉支社の兵士から缶詰の糧食の配給を受ける京成族の捕虜。多数の京成族兵士が病気と飢餓に苦しんだ。更迭されたり退却できたりしたのは少数に過ぎず、約350名の兵士が、国鉄千葉支社軍の捕虜となった。

サクラ大戦(佐倉大戦)とは、国鉄千葉支社(現在の千葉動労鉄道)と京成族が佐倉の覇権を巡って起こした戦争である。国鉄(現JR)の佐倉駅と京成の佐倉駅は徒歩で30-40分とかなり離れているため、国鉄と京成、どちらの佐倉駅が佐倉市の中心部になるかで、昔から闘争が起きていた。

1967年以降になると、三里塚闘争成田空港建設反対運動)に刺激された左翼の京成族たちが、国鉄成田線の運行を妨害する目的で、国鉄佐倉駅にて『京成バンザイ』と書かれた旗を持っては、信号機等の設備を破壊したり、電車に次々と飛び込み自殺をしたりと、過激化した。一方の国鉄側も、京成線の車内で毒ガスを撒き、京成族の根絶やしを図るなど、国鉄千葉支社と京成族の争いは激化することになった。 1973年には、佐倉と同じ悩みを抱えている船橋市民(京成船橋駅)や、習志野市民(京成津田沼駅)、酒々井町民の京成族がこの戦いに本格的に加わる。しかし、直後に京成十字軍が国鉄千葉支社を占拠することにより戦争は終結、最終的に京成佐倉駅を佐倉市の中心部にすることで互いに合意した。

この紛争は、日本国国家の後ろ盾を受け、横暴の限りを尽くした国鉄千葉支社に対し、当初如何なる後ろ盾も持たなかった京成族が最終的に勝利を収めた点で、世界中の人権擁護派などから多くの賞賛を受けた。

しかし近年になって、大戦中盤以降、戦費調達に困窮した京成族側が極秘交渉を行い、偉大なる将軍様のポケットマネーが大量に資本投入されたことが判明した。この時の縁故を頼って、2001年に金正男は、成田空港から京成線を使ってネズミーランドに行こうとしたと考えられている(無論、京成線では、夢の国に行くことは不可能である)。

関連項目[編集]