佐久間信盛

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「佐久間信盛」の項目を執筆しています。

佐久間信盛(さくま のぶもり)は、日本を代表する猛将の一人である。織田家では逃げ佐久間と呼ばれる腰抜けにもかかわらず重心筆頭として権力を握り続けた老獪な男である。後年追放されたが、この理由については彼の老獪な政治手腕とは関係なく、織田家随一のスイーツ好きであり、サクマ式ドロップスを好み過ぎたためと言われている。

来歴[編集]

織田家の筆頭家老として主要な合戦に参加。各地で失態を繰り広げるもののその老獪な政治手腕で切り抜ける。代表的なものは桶狭間合戦の際の籠城策であり、よく間抜けな面構えで描かれる老臣はこいつである。美濃攻めでは髭のおじさんにつぶされ、伊勢攻めではクリボーの突進により敗走、六角攻めでは六角義賢より速く逃亡。上洛後は畿内の王者、三好三人衆と激突。戦闘民族である三好三人衆により敗北した。越前攻め中に浅井長政謀反した際は信長を置いて逃亡。信長は検閲により削除な関係だったため、この問題は不問となった。名誉挽回と姉川合戦に出陣するが、浅井軍の突進にビびり、朝倉義景と一緒に逃亡してしまう。信長も仕方なく彼を実戦の少ない本願寺攻囲軍の総司令官とするが、彼は陣中でスイーツばかり食っていた。そして遂に本願寺陥落後、高野山に追放されてしまった。高野山はスイーツが禁止だったたため、信盛は絶望し、失意のうちに死去した。

スイーツ好き[編集]

彼は極度のスイーツ好きであり、上洛した当日に京都のケーキバイキングの店に突入。食い過ぎで動けなくなり、軍勢が立ち往生するという醜態を晒した。また、本願寺攻囲中は著名なパティシエ武将、松永久秀の作った松永饅頭を買いまくり、久秀に謀反のための軍資金作りに協力してしまう。追放された理由もそのスイーツ好きに端を発している。彼はサクマ式ドロップスが好きであったが、特にハッカ味が好きであった。しかし信長はハッカが嫌いであり、寝床をともにする際にその臭いが嫌で嫌で堪らなかった。信長はついにそれに耐えかね、彼を追放してしまった。彼の臨終の時の言葉は、「パンがあってもケーキが食べたい」であった。

信盛が好んだというスイーツ[編集]

高野山蟄居中の奇行[編集]

信盛はスイーツを欲したために高野山で意味不明の行動を繰り返した。境内で百キロマラソンを主催(息子信栄を含め参加者2名)、空海像に向かって「これ、食うかい?」と質問、などなど、奇行は後を絶たず、高野山の坊主たちは密教によって彼を鎮めようとしたが、彼のスイーツでしか満たされない邪心は決して鎮まらなかったという。


関連項目[編集]