位階

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「位階」の項目を執筆しています。

位階(いかい)とは、現代において、死んだ人間を序列化するために設けられた身分制度である。

前置き:律令制から戦前までの位階制度[編集]

位階は、元々律令制の中で機能していた官僚の身分制度であり、聖徳太子冠位十二階に始まり、紆余曲折を経て、大宝律令において正一位から少初位下までの30段階が定められた。律令では、それぞれの位階に対して就任できる官職が決められており、これを官位相当制と呼ぶ。官位とは官職と位階のことである。この制度は、律令制が崩壊して権力が武家に移った後も、形式的ではあるが存続した。

明治時代になり、官僚制の改革が行われると、律令制の官職は姿を消した。ここで本来ならば律令制上の制度である位階も当然廃止されるはずであったが、頭の固い一部の人々が存置を要求したので、政府はやむなく残すことにした。この時、上・下の区別が撤廃される等多少の変更を加えて20段階に整理された。

戦前までの主な叙位者[編集]

正一位 藤原仲麻呂 - 学問の神様 - 七生報国 - 三本の矢 - 第六天魔王 - - 徳川114代将軍
従一位 お江与 - 豚一公 - 逃げの小五郎 - 都の西北 - 西園寺世界 - 桂言葉 - トーゴービール
正二位 酔えば勤皇、醒めれば佐幕 - ビクトリー - 殉死
従二位 越後の龍 - 独眼竜 - ゴミ箱あさるカミソリ(生前叙位)
正三位 四国の覇者 - 鬼島津 - 京都守護職 - 折田先生 - 半年や1年は暴れてご覧に入れる
従三位 貧乏公方(生前叙位) - 篤姫(生前叙位) - 六条三位(生前叙位)
正四位 シスコン - 松下村塾 - 竜馬がゆく - おもしろきこともなき世をおもしろく
従四位 超一流スナイパー - 駿河が生んだ天才フットボーラー

現在の位階制度[編集]

日本国憲法は法の下の平等を定めたため、位階の授与は行われなくなった。しかしこれは憲法が効力を有するこの世での話であり、実は、死後の世界、すなわちあの世では、律令制以来の位階に基づく厳然とした身分制度が存続していることは意外と知られていない。

現行の位階制度は、正一位から従八位までの16段階が定められている。重要な点は、先ほど述べたことからも分かるとおり死人にのみ与えられるということである。そして、この位階は時の内閣総理大臣から叙位され、受位者は宗教・思想・信条に関わらず、一方的・強制的にこの身分制度に組み込まれることになる。すなわち日本国では、死んでもなお、身分社会から逃れることはできないのである。そして、どの位階が与えられるかは主に生前の公的地位によって判断される。その具体的な要件を以下に掲げる。

死後世界の身分構成と生前要件[編集]

  • 正一位…現在、該当者なし。
  • 従一位…内閣総理大臣
  • 正二位…内閣総理大臣、最高裁長官
  • 従二位…内閣総理大臣、最高裁長官、議院の議長、閣僚
  • 正三位…閣僚、高級官僚、学者
  • 従三位…都道府県知事、高級官僚、国会議員、学者
  • 正四位…国会議員、学者
  • 従四位…公務員、文化人、学者

<ここより下は位記に御璽が押されない>

  • 正五位…学者、経営者
  • 従五位…都道府県議会議長、学校長、消防署長、警察署長、消防団長、経営者
  • 正六位…警視正、消防監、市町村議会議長、施設や学校の創立者、経営者
  • 従六位…校長、公務員(本省の係長・地方の課長)
  • 正七位…公務員(本省の地方出先機関の課長)、警視
  • 従七位…最近イラクで死亡した殉職者の例あり
  • 正八位…不明
  • 従八位…不明

※大学教授の場合、私立より国立の方がいい位がもらえる。

お分かりいただけただろうか?簡単に言えば、死後の世界は役人天国であり、生前公務員をやっていれば何の功績もなくてもそれなりの位階がもらえる一方、文化人(大学教授を除く)はノーベル賞でももらわない限りロクな位を与えられることはないのである。そして、位のない一般人(=下人)は彼らの足元にさえ及ばない存在として死後の世界でも元公務員たちに頭を下げ続けなくてはならない。これが死後世界の実態である。これを知らないであの世へ行くと、あまりの酷さに耐えられず再びこの世を彷徨うことになるので、死ぬときはあらかじめ覚悟することが必要である。

改革派の出現[編集]

幸福の科学が主張する死後身分制度。公務員の厚遇をやめ、さまざまな職業の人物を大川隆法の手によって個人単位で厳選しているため、非常に公平な制度となっている。

このように極端に公務員に有利な位階制度であるが、なにせ作っているのが公務員なため今まで一度も改正されたことはない。しかし最近、この不条理な死後世界の身分制度の改革を主張する団体が現れた。大川隆法率いる幸福の科学である。彼らは、既存の位階制度を廃止してエル・カンターレたる大川の理論に基づく新しい死後身分制度を構築することを目指しており、これは同団体を支持母体とする幸福実現党の公約となっている。しかしながら、この様な制度の存在自体がこの世の国民に隠蔽されているため、あの世の国民の切実な悲鳴を察知している大川氏の懸命な主張は、カルト宗教の妄言として多くの国民から一笑に付されているのが現実である。

関連項目[編集]