伝説巨神イデオン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「伝説巨神イデオン」の項目を執筆しています。
「バカは死ななきゃ治らない」
伝説巨神イデオン について、石原慎太郎
伝説のイデオン
「ユーモア欠乏症患者が編集してすまなかった。」
伝説巨神イデオン について、ギンドロ・ジンム
「波・動銃!波・動銃!」
伝説巨神イデオン について、ストリートファイターリュウ
「ジムなどを相手にするつもりはない、 ガンダムを出せ! 欲を言えばイデオンを出せ。」
伝説巨神イデオン について、ケリィ・レズナー
「イデの力はプラズマで証明できます」
伝説巨神イデオン について、大槻教授
「イデの力なんてものを頼るより捨身の努力よ」
伝説巨神イデオン について、葛城ミサト
「イデの力はあります。200回以上遭遇しています」
伝説巨神イデオン について、小保方晴子
「カララが男だったらという悔しみ!ハルルが異性人の男に寝取られた悔しみ!この父親の悔しがわかるか!」
宇宙規模の親子喧嘩 について、ドバ・アジバ

伝説巨神イデオン(でんせつきょじん-、1981-1982)とは、日本アニメの皮を被った親子喧嘩ホームドラマこと。

ランナウェイ形態

概略[編集]

ロボットアニメの大家サンライズが富野喜幸(由悠季)監督に対し、過度のストレスを与え精神を励起状態に活性化させて制作させたサイコパス作品である。元々イデオンは消防車とか救急車が合体して被災地へ直行するレスキューロボの予定だったが、サイコ化した富野の「これは第6文明人の遺跡です」という周囲が理解できない一言で概略が決定してしまう。

現在、第一線で活躍するクリエイター達の中には、明らかにイデオン病に罹患したと思われる作品を世にだすなど、この作品が引き起こした後遺症は平将門の怨念のように現在も続いている。尚、本作は1982年にキイチ賞に選ばれている。本賞の選考委員会もまたイデオン病の罹患者であった。

「すぎやまこういち」が音楽を渋々担当している。 BGM集に収録された「デスファイト」のピアノパートは羽田健太郎。

すぎやまこういちの旋律と羽田健太郎のアドリブ演奏という奇跡の組み合わせ。 至高の一曲。

用語解説[編集]

アフロ
1970年から1980年代に流行したチリチリボンボリーノトリートメントパーマヘアー。反逆精神の象徴、あるいは身長を高く見せる欺瞞措置として、主にアメリカの文化として古くから定着している。毛根の強度が重要で弱いとただのボサいレゲェにしかならない。
亜空間飛行(DSドライブ)
亜空間飛行の図解
別の空間(亜空間)に艦船を移動させ、短時間で長距離移動する航法。「ワープ航法」と呼ばれる。劇中では宇宙空間での航行手段として使われるよりも、イデオンが放つサイクロンクリーナーの射線上から離脱する逃避手段として使われることが多かった。
イデの導き(∞)
フリーエネルギー。バッフ・クラン人は、このエネルギーを遺跡発掘調査に来ていたロゴ・ダウの異星人(コスモたちの地球人)が横取りしようとしていると勘違いして、宣戦布告なしに先制攻撃を仕掛け争いの発端を作る。尚、祈祷師による霊視によると、このイデのエネルギーははるか昔に大量に死んだ第六文明人達の地縛霊の集合体らしい。つまり意志を持ったウラン燃料のような存在である。格好良く英語に置き換えるとソウルエナジー(soul energy)とも言えよう。尚、このエネルギーの供給安定量は極めて悪い。コンデンサーなどによる充電ストックも不可能で、出力の制御はほとんど不確定要因に頼らざるおえなく、ソウルエナジーのご機嫌を損ねるとギャラクシー級のカタストロフィーに繋がるなどと、原子力発電など玩具に思えるほど危険性の高いエネルギーである。こんな厄介なエネルギーに興味を抱くバッフ・クラン人の悪趣味さは、彼らが製造する重機動メカのデザインからも推測できる。
イデのゲージ
ボーリングのスコア表を模したようなイデの注入量を示すゲージ。
イデオナイト
イデオンやソロシップやターンエーやターンエックスの装甲や駆動系に使用されるイデエネルギー伝導特殊素材。復元力がありボロボロになってもイデのエネルギーで再生が可能である。
イデの発現
イデの絶頂(アクメ)状態。無限力が解放されると、周囲の生命体は全て魂レベルにされてしまう。
板野サーカス
イデオンの各所から放出される無数の誘導ミサイルのサーカス的な演出表現。板野氏が発案したので板野サーカスと呼ばれ以後のアニメ作品に度々散見する。
遺跡
砲撃姿勢のイデオン 「イデにかわってお仕置きよ!」
ソロ星に移住活動をしていたロゴ・ダウの地球人達が見つけた第六文明人の古代構築物。
巨人が大砲を構えています(゜д゜;)!
バッフ・クラン将兵が最も恐れるサイクロン掃除機を構えたイデオン砲撃姿勢。砲撃後、将兵達が百千万単位で宇宙の藻屑と化す。
加粒子砲
一般に重機動メカが放つビーム粒子兵器。
重機動メカ
バッフ・クランが作る大型機動兵器。形態は八百万の神のように様々。
第六文明人
太古の昔、イデオンやソロシップを作り後世の人が使えるように長期保存した。「有難迷惑なご先祖様」。
ロゴ・ダウ(地球人)
地球人。コスモ達が所属している。髪色は赤や黄色や青やグレーやミディアムブルーやパープルや茜色など様々な民族が入り混じっている人種の坩堝。バッフ・クランと言語を共有している。言葉の障壁がないのであれば対話による解決方法があるのではと思いつつ、イデの導きで泥沼の争いへと発展する。ちなみに遺伝子はロゴ・ダウとバッフ・クラン双方同じで交配が可能である。
バッフ・クラン(地球人)
バッフ・クランの一般的な女性
もう一つの地球人。カララやアジバなどが所属している。自分達の母星を地球と呼んでコスモ達の地球を「ロゴ・ダウの異星人」と呼んでいる。髪はストレートカットが多い。肌の色はガミラス星人に似ている。バッフ・クラン人の主な特徴としては、衝動的で落ち着きなく思慮が浅く引火点が低く、自分の行った蛮行を棚に上げてやられたことを根に持ちやすく、階位や家柄を重んじるが上官への忠誠心は低く独裁体制への反逆心は強いが革命後は再び独裁体制を作り、サムライサムライと武士道を重んじる割に子供や婦女子を容赦なく殺し、軍人らしからぬ華美で伊達な服装を好み、奇抜すぎて芸術枠からも外れる機動兵器を多数つくり危なっかしい場所にコクピットを設置し運転するのを好み、基本的に泣き上戸である。
私達、何故生きてきたの?
人間は辛いことがあると、何故か自分達が生きてきた理由を見つけたがるんだよね。そうした思いはどんな人間にもあります。生きていることに意味を見いだせず自分が努力してきたこと苦労してきたことが何も報われないこと程、辛いことはないですよね。でもね。人の人生は目的や結果を求め成果を得るのが人生の意味ではなく、その人が様々な過酷な状況の中で、どう悩み、どうもがき、どう生きた、かが重要なのではないのでしょうか?
俺たち出来損ないの怒りや憎しみの心を根絶やしにするために、イデは我等を戦わせたんだ!
コスモが運転していたこのイデオンは、自他ともに殺滅する自殺兵器だと悟った時に発した台詞。
みんな、星になってしまえ!
「みんな、死んじゃえ」をユニバースに表現したカーシャの台詞で予言の句。

登場人物[編集]

ユウキ・コスモ(CV:燕の甚平)
地球人。本名はアフロ・レイ(アムロ・レイとの関係は不明である。赤毛、テンパと微細な相違点がある)馬鹿熱血と当時のベタな主人公の符号を組み込んだアフロヘアーの主人公。コスモ曰く「ただ単純なだけ」と自分を卑下できる精神的なゆとりがある。イデオンの頭の中の運転手。なお、彼のアフロはイデの無限力に反応してしていく。地球にいた頃はほんにゃら商事に勤めており、いたずらの帝王の名を欲しいままにしていた時期がある。
コスモの名言「やられたからやりかえしてやりかえされたからまたやりかえしてそれでさいごみんなしあわせになるのかよ!」
イムホフ・カーシャ(CV:ミライ・ヤシマ)
地球人。コスモの恋人。序盤は一緒にイデオンに乗って戦っていたが、後半は主にソロシップで戦う。後のクェス・パラヤの原型であり、エヴァのアスカに繋がって行く。ウォーカーギャリアバズーカを手にしてバックフランの兵士相手にドンパチしていたのだが、弾薬の火力との相乗効果で致命的なエネルギー量の爆風を浴びて全身に爆風破片が突き刺さり死んでしまう。イデオンのヒロインはもれなくムゴい死に様にいたる事例の一つ。
カーシャの名言「そうよみんなほしになってしまえよこのばかどもがみんなばかばかばかばっか」
カララ・アジバ(CV:アンパンマン)
バッフクラン人。バックフラン総司令ドバの次女。地球人(ロゴ・ダウの異星人)とバックフラン人(地球人)間の紛争の火種となる全てのトラブルの元凶にて本人にその自覚が全くない悲劇を招く悲劇のヒロイン。生粋の博愛主義者で交戦中の糞忙しい時にお花畑な理想を語り聞かせ、クルーを苛立たせる特技を持つ。戦争中なのに地球人の(ベス)との間の子供を作る。そして強襲してきたバツ一の姉ハルルの前で、子供ができちゃった自慢をし(バカ)射殺される。
ジョーダン・ベス(CV:テリーマン)
地球人。発掘戦艦ソロシップの艦長。カララの。感情むきだしの面倒なクルー達をまとめるリーダー。最も逃げ専のソロシップの艦長。【攻撃しながら逃げまくる】また【やばくなったらイデの力頼み】の連続で、はたしてこの人は名艦長なのかどうかの評価は難しい。最終戦においては、「ワンポイントだぁ! コスモ」とイデオンの機関長コスモに対して、ソロシップのクルー全体の防衛よりも、艦を見捨てても敵の中枢を倒せよ、と捨て鉢命令をしたり、コスモ達がイデオンに乗って必死に戦っている最中にわざわざ回線をつなげ「カーシャが死んだ」とおもいきり動揺させる案件を伝えた直後、イデオンは重機動メカのビーム攻撃を受けたりと、空気を読めないところは伴侶のカララと性格が似ている。
ベスの名言「コスモォ、俺たちはやることが全て遅かったのかもしれぇぇん!」
フォルモッサ・シェリル姉さん(CV:セイラ・マス)
地球人の考古学者。地球人の優秀なサド学者。バッフクラン人でマゾ属性のギジェを彼氏にし、サド心を満たす充実したライフラークを送っていたが彼が非業の死を遂げた為、サド的欲求を満たせなくなった。その結果、精神に変容を起こし乳児(パイパールウ)をさらってソロシップの甲板で仁王立ちし、彗星スパンキングプレイを決行。しかし、そんな外道をイデが許すはずも無く、乳児だけはバリアで守って、シェリル姉さんを放置状態にした。以後、彗星と一緒に宇宙の旅に出る。
ギジェ・ザラル(CV:南部康雄(ヤマトのメガネ君))
バッフクラン人。ロゴ・ダウ(地球人)の遺跡調査の先見隊長。バックフラン軍の優秀なマゾ侍。当初ロゴ・ダウの異星人に何度も闘いを挑むも連敗が続き、上官からは呆れられ放任プレイを受ける。しかし有能なマゾ属性故、全てやる気エネルギーに変換したギジェは、自身を苦しめたイデにM的嗜好で興味を抱き、極めて私的な欲求を理由にロゴ・ダウに寝返る。そこでS嬢(シェリル)と知り合いマスタースレイブの関係を結ぶ。しかし、主従の関係から男女の恋仲に変質化したことで彼のM的欲求を満たせなくなっていく。その後、元々運転素養の高いギジェはイデオンの運転手に任命された際、最も致死率の高い"胴部のBメカ"の運転手を志願し、案の定敵の攻撃を受け死に至る。M属性の彼としては本望であったろう。
キッチ・キッチキッチやぞ!・キッチン(CV:フラウ・ボゥ)
地球人。子供たちに慕われる保母さん。同胞であるものの厄(バックフラン)を連れてきたコスモ達に対して良い印象を抱いていない。歯切れのよい名前のせいか、その「切る」ような名前を暗示するように劇場版の冒頭で爆風により頭をキットカットされ即死する。そのシーンはコスモのヘルメットの風防に映し出されるという生々しい演出であった。初っ端からこのようなシーンを見せつけられた視聴者の精神的デプレッション度は、後のVガンダム(監督は勿論サイコ化富野)でウッソ少年が母親の首入りヘルメットをマーベットに差し出し「母です」と紹介するシーンと肩を並べるほどであった。
デク坊(CV:タママ二等兵※ただしスパロボ版)
地球人の子供・・・ではあるが頭はジェームスディーンのようなツッパリモードである。リスを飼い慣らしている。イデオンは子供の意志と同調しやすい(※後にエヴァンゲリオンのコンセプトにされる。これに限らず、エヴァのモチーフにはイデオンを起源とする物が少なくない)ことからイデオンの運転手の一人となる。注意力散漫のコスモをよく補佐し、身の回りによく気がつく子供女房。出撃時、イデオンガンを忘れたコスモの代わりに足を操作してイデオンガンを拾っている。イデオンの操縦系統って・・・。
TV版と劇場版で中の人が声変わりを演じるというテストが行われ、その演技力が話題となった。
バンダ・ロッタ (CV:赤毛のアン)
地球人の民間人。家事と銃殺を得意とするソロシップのお母さん&射殺魔。獄に囚われたカララ・アジバの部下、マヤヤを至近距離で撃ち殺す。一緒にカララも殺そうとするが、カララの「撃ちなさい」という無抵抗戦略にひっかかり「撃てない、撃てないんですよー!」と嘆きながら銃を収めている。カララが命乞いをしていたら、彼女は満面の笑みで「へい!アバズレお嬢さん!地獄へぶっ飛んでいきな!」と叫びながら撃ち殺していただろう。その後、ソロシップ内では「ロッタにお玉と杓文字を持たせても銃を持たせるな」と半ば暗黙のルールとなっていたという。しかし、バックフランの兵士達がソロシップ内に進入した際は、民間人とはいえ防衛に徹せねばならず銃の携帯が許された。禁銃期間の長かったフラストレーション・マックスのロッタは迷わずウォーカーギャリアバズーカを手にし、進入してきたハルル・アジバの部下、トロロフを爆殺している。
ノバク・アーシュラ (CV:松原雅子)
地球人の戦争孤児。没年5歳。初めて銃を手にして初めて撃った弾でバックフランの兵士を一人撃ち殺す荒業をやってのけるバンダ・ロッタを彷彿とさせる天才狙撃士。しかし、その才を開花する前にバックフラン兵士の狙撃により頭を持っていかれる。サイコ化した富野にとって児童殺害のタブーなど眼中にはない。
パイパー・ルウ (CV:セイラ・マス)
乳児の使徒。イデの無限エネルギー直結のATフィールドを駆使し、自己防衛バリアを展開する。この自己防衛バリアの拒絶力は絶対的で重機動メカの加粒子砲の直撃や彗星の衝突を完全に無効化している。結果的にソロシップのクルー達の命を守ってはいるが、赤子の自分の世話をしてくれる方達を失っては困るという打算的理由が根強い。その理由として、シェリル姉さんに拉致られ彗星心中しようとしたときは、自分だけにATフィールドを展開し、姉さんは見捨てている。当然だ。誰だってそうするよ。
メシア
カララとベスの子にして最後のシ者にしてネブカトネザルの鍵。イデの発現の源にしてイデ頼みのソロシップクルーにとっての最後の砦。イデの力とダイレクトに直結した脅威の生命力で、カララが銃殺されてもお腹の中でぴんぴんしていた。親はなくとも子は育つを素で実演している。
ドバ・アジバ(CV:フランクリン・ビダン)
バッフクラン人。名家アジバ家の家長にしてバッフクラン軍総指令閣下であると同時にジュディ・オングかぶれでもある。見方によってはプレスリーにも見えるから不思議だ。カララ及びハルルの父。家系を継ぐ男の子が欲しかったのだが、2発とも女の子であったことと次女がロゴ・ダウの馬の骨との間に子供を作ってしまって血統を汚したという宇宙規模の親子喧嘩的な理由で、ソロシップのクルーに対しバッフクランの全軍をぶつけて八つ当たり戦闘をする常軌を逸脱した狂い咲き総指令である。
「まともに戦って勝てる相手ではないが、あと少しで殲滅できる」など、おおよそ理解不能な長島伝説に匹敵する名セリフを残している。涙もろくオーバーポージングが大好きで、ブリッジでの姿は演歌歌手のようであり、それ故、地球人のルーツはバッフクラン人ではないかとの推測のネタになっている。人望の無さ故、最期は部下に射殺され、とどめにイデオンメガトンパンチを喰らい宇宙の塵と化す。
ドバの名言「そうだった(;゜〇゜)!」
ハルル・アジバ(CV:森雪)
バッフクラン人。ドバの長女。カララの姉でバッフクランの副総指令。ダラム・ズバという許婚をイデオン陣営に殺されたので何度も復讐戦を挑んでくる。軍事司令官という立場でありながら、私的な怨恨でバックフランの兵士の命を湯水のように浪費しながら戦い続けるあたりは父親の性格によく似ている。イデには疎まれていたようで、レーダーでは探知できない亜空間飛行中の艦の位置をイデの導きでコスモ達にリークされたがために、イデオンガンで司令ブロックごと「ダラムの仇をぉぉぉ」と叫んでいる内に消し飛ばされている。トミノフスキー曰く「ボキちゃん様の理想の女性だひれふせこのおろかもにょめ!」
ギンドロ・ジンム(CV:ラーメンマン)
バッフクランの大手スポンサー企業オーメ代表取締役社長。バッフクランの莫大な軍事費を拠出してるのは彼であり、彼無しにはバック・フランはなりたたないんだよ。それをなんだ! ドバめ! お前の力でこの軍を統べているとでも思っているのか! え! 地球が無くなった? イデの力で真っ二つ? そんな馬鹿な! 船を貸せ!何?貸さぬと申すか! ドバ! 「ズダーン」。 ドバ「わかるか俗物」 
大帝ズオウ(CV:星一徹)
バッフクランの頂点に立つ皇帝でドバの政敵。大帝というくらいだから相当な地位がある重要人物であることには間違いはないが、登場した途端、わずか数秒でモブ死した。死後ドバと和解した模様。
イデ(CV:ヘンゲル将軍)
イデオンとソロシップが発掘された星で信じられてる神。信仰の対象のような偶像的存在の神ではなく、無限の力と自由意志を持つエネルギー的存在。このイデというものが何なのかは定義することは人間にはできない。だがあえて神に歯向かうつもりで解釈するのなら、イデとは馬鹿な民族同士を戦わせて根絶やしにさせる導き手といえよう。神といえども森羅万象を平等に扱うのではなく、極めて日和見的で人の好き嫌いが激しく、いたずらに人を迷わせ争わせ恨みを増幅させ困惑させる厄介な神ともいえる。このイデの力はイデオンとソロシップに直結しておりイデオンを「操り人形」としながら、敵が強ければ強く、相手が弱くなればボリュームを絞って弱くするように、両者の拮抗バランスを巧みに保ちながら、共倒れを狙うところは中々の演出家とも言える。しいて言えば「富野みたい」。

兵器[編集]

イデオン
イデオンの必殺技
イデオンパンチ 蝦蛄(シャコ)の捕脚打6千800万匹分に匹敵する破壊力を持つ
イデオンキック 営林署勤務及川勝司さんが所有するスチール手斧の威力5000万倍に匹敵する威力
イデオンソード 刃渡り測量不能な伸縮自在のバリュアブルソード。威力はアラレちゃんの地球割りに匹敵する
イデオンミサイル 隅田川花火大会で使用する火薬量の2万倍に匹敵するミサイルを放出する
イデオンブラックホール ミニブラックホールを発生させて、寂しい気持ちをオフにする
イデオンガン サイクロンを発生させ大掃除する。ルンバ200億台に匹敵する
イデオンバリーア 防護壁。ゴッグのフリージーヤード200機に匹敵する
この物語の主人公機。バックフラン陣営からは"巨神"と呼ばれ恐れられている。コスモが所属する地球人達によるソロ星で、遺跡発掘中に、分離した状態でソロシップと一緒に偶然発見される。Aメカ、Bメカ、Cメカの三機の攻撃機で構成され、合体して全長692hydeの巨大ロボットになる。
その正体は機動戦士ガンダムに登場するやられメカであるジムの系譜の最終到達点である。換言するならジムの王様、すなわちキングジムである。劇中では、腕部から出るメガロングビームサーベルでによる、二足歩行型メカではアラレちゃんでしか不可能と言わしめた惑星唐竹割りを実践したり、ビームスプレーガンの最終到達点である波動銃の砲撃で、数万のビックリドッキリメカや大艦隊を数万単位で葬り去るなど、その戦闘能力は凡庸なジムとはかけ離れている。
しかしながら、そうしたチートな戦闘力を誇りながら、搭乗者の死亡率が特定部分(特に胴部のBメカ左席)だけかなり高いあたりが、実にジム神様らしいといえる。
後にアムロやジュドーとシャアとミネバが協力してこれと戦う漫画が連載されている。
発見当初、これが戦闘兵器であると知ったべス達地球人達は、機体の各所にある空間スペ−スにミサイルポッドのとりつけ工事をしている。このミサイルの一斉発射のシーンは中々格好が良いので某制作会社の作品において度々パクられている。が、パクった本人たちはこれをオマージュとして事実を受け入れようとしない。
とにかくイデオン本体は攻撃力に関しては絶対的であり、防御においても敵からの攻撃を防ぐバリアを展開できるものの、このバリアは基本的に不安定(イデのきまぐれ)なので、ぶん殴られたり抱きつかれたり、パイパールウがグズると、緊急事態下においても作動しなくなってしまうポンコツでもある。(この性能は後の聖戦士ダンバインにも流用される)
しかし高威力の飛び道具にはめっぽう強くビームにミサイル、はては流れ星の衝突まで無効化した。ある意味では最強の兵装でありイデオンがバッフクラン軍と互角以上に戦えた理由は、この理不尽極まる人知を超えた性能に他ならない。この究極の理不尽力で火器の殆どが無効だと悟っているにも関わらず、バッフクラン陣営はこの強力無比な機動兵器とたった一隻の宇宙船を相手に銀河を埋め尽くすほどの大軍勢を動員しての玉砕覚悟の特攻にこだわり続けた。まさにバックフランのシンクタンクは国家国民を疲弊させる無能の参謀達である。
尚、バックフランは一度だけ、この巨神を手に入れようとコスモが所属する地球人と交渉したのだが、コスモの悪知恵による欺瞞交渉にまんまと引っかかって、手に入れる機会を逸している。子供に騙されるバックフランも実に頼りがいがない。
なお、スーパーロボット大戦シリーズ初参戦となる、F完結編のデモムービーではこのバリアが再現されているものの、なぜか発売された際にはオミットされている。(ビームコーティングやIフィールドをつけてビームを無効化するとなぜかムービーの台詞を喋る。イデはなにもしてませんよコスモさん!)


エディオン
いろんな電器屋を吸収しつつ巨大化した電器屋。大損のサイクロンクリーナーは扱っているが、波動銃(イデオンガン)やミサイル一斉発射は扱っていない。
波動銃(イデオンガン)
試し撃ちをしたら竜巻を発生してしまった時の写真
大口径のサイクロン掃除機。ゴミの除去率99.99999%の信頼性を保証しつつ、同時にモザイクを施す必要性のある高性能機。そのあまりのギャラクシー級ゴミ除去率である為、本銃はソロシップ内の立ち入り禁止区域において、男根信仰のように半ば御神体として奉られていた。クルー達は「最強兵器在中、これより入るべからず」の看板を慎重に取り外して中に進入し、これを手に入れた。イデオンガンの保持部はハンドグリップなので、ハサミの手を持つガンガルブやジグ・マック、鞭手のドグ・マック、手のないアディゴなどでは取り扱えず、実質人間の手仕様のイデオン専用となっている。射撃時は本掃除機とイデオンをつなぐコードを介してイデの力を本体から供給して使用してるようだが、終盤ではコードのない描写もみられる。イデの力は電気なのでし(以下、閲覧削除)。劇中ではソロシップに群がるバックフラン軍を掃除するだけではなく、木星の大赤班を破壊して、文字通りに赤い破片をばら撒き散らすギャラクシーパワーを発揮する。尚、ハルル・アジバをして「あんなもので、突かれて昇天したいぃぃぃ」と言わしめた程であり、最期に夢は見事実現した。
ソロシップ
イデオンと抱き合わせで掘り起こした逃走用の発掘戦艦。植物園を有するクルー達のリゾート船でもある。イデオンと連動してイデの力が介在すると艦を取り囲むバリアが展開されるものの、イデは気まぐれ力なので、敵が本艦に制圧戦を仕掛けた時は、バリアが働かなくなる。ドボジデ。。。イデ。。。
ガムシロップ
甘いショ糖溶液である。
ドグ・マック
バッフ・クランの生活圏において、野良重機動メカの増加が深刻な社会問題となっている
バッフクランが植民星対策に作った触手付きビックリドッキリ重機動メカ。劇中では大方の予想通りに鞭で幼女を緊迫、視聴者のニーズに見事答えた。製作者は変態か変質者であろう。
ジグ・マック
バッフクランが対イデオン用に開発したビックリドッキリ重機動メカ。カラーリングや足の数からも判る様に、劇中ポジションはドグ・マックが旧ザクで、ジグ・マックがザクJタイプと言った所か。初出はギジェの持ち帰った謎粉の力もあり「こいつ出来るな」と思わせたが、所詮ザクはザク。終盤では雑魚メカに。名前が悪いか、形状故、ビッグ・マックと間違えられて味方に食べられてしまう事件が多発したことはないというのは言うまでもない。
ソルマック
液体状の胃薬である。二日酔いにも効果的。
ギラン・ドウ
決して西條秀樹の腹毛ではない。口元がアヒル口のシャレた白い奴。感情移入しがたいデザインの重機動メカの中では愛嬌がある。タバコの煙で輪っかを作って吹きかけるのが趣味。亜空間専用らしいが物語後半ではみんなデスファイト出来るので影が薄くなってしまった。
ガラン・ドウ
空洞のハリボテである。
ギド・マック
バッフクランが対イデオン用に開発したビックリドッキリメカ。双頭ティルドー状に繋がることでギド・マック・ドゥという摩訶不思議な代物になる。コクピットは最も被弾しやすいと推察される先端にニョキっと出ている。バックフラン人はこういうとても危険な位置にコクピットを配置したがる点において、勇敢なのか莫迦なのか理解が及ばない。尚、模型化されているがクロー以外は無可動と、とても「・・マック」シリーズとは思えない玩具屋泣かせのデザイン。奇天烈な土偶のような成りだが、合体フェチのアオシマからキット化されている。スケールの大きさの割りにパーツが大味で苦笑する。
ロッグ・マッグ
バッフクランが対イデオン用に開発した殻の鉄球を被ったビックリドッキリメカ。バッフクラン陣営として巨人に鉄球で体当たりして倒してしまえという土建屋的壊し屋の発想を忠実に具現化したといえるものの戦術効果は薄かった。アオシマ模型でキット化されており、カプセル状の鉄球を二つに割って、「桃から産まれた桃太郎」ならぬ「鉄球から産まれたログマック」という遊びが当時の子供たちの間で流行ったという可能性は否定できない。
ビッグ・マック
マク◎ナルドから販売されている高脂質ハンバーガーである。カロリーが尋常ではない。CMではデカくボリューミーな演出が成されているが、実際の商品を手にするとカオスなミートタワーである。
アディゴ
バッフクランが開発した2足のビックリドッキリメカ。初登場時にカララが「あれは新型のアディゴ!」と、月光並みの解説をぶちかましてくれた。他のビックリドッキリメカと比べて小柄だけどそれでも50m位ある(もっとも展開が進むにつれて雑魚メカの側面が強くなり、その縮尺はどんどん小さくなっていったが)。コクピットが機体の先端にニョキっとカタツムリの目玉のように飛び出てているが、加粒子砲を撃つ度に内側にスライドするというギミックが付いているらしい。パイロットの緊張感は相当なものだったと思える、
実は後に登場する様々なビックリドッキリメカを抑えてイデオンに与えた損害は実質上№1であり、事実Bメカコクピットの乗員二人の命を奪ったのはこの機体である。
ディアゴ
初回のみ特別価格でお馴染みの分冊百科。多くの場合、最後まで続かない。最近ネタ切れの観もある。
アブゾ・ノール
バッフクランが対イデオン用に開発したMAブラウ・ブロに比較的よく似たシルエットのビックリドッキリメカ。コンセプトはイデの無限エネルギーを吸い取って行動不能にしてやろうというなんともスーパーロボット作品的な豪快なものだったが、イデオンを動かしているイデのエネルギーは無限であると知っていながら、それを吸い尽くそうという発想は、バッフ・クラン陣営のシンクタンクの知的脆弱さを露呈するものであり、吸収したエネルギーが本体の許容量を越えて(バカ)自壊してしまう。
ボラギ・ノール
外には塗って中には注入して使うことができる痔の薬である。
ガルボ・ジック
バッフクランが対イデオン用に開発した頭痛を起こさせるビックリドッキリメカ。3機に分離し、それぞれ格闘(という名の衝突)も出来るという「相手に合わせた攻撃」というプロレス精神に溢れたメカ。搭載された「ゲル結界」は相手に頭痛を起こさせる特殊兵器だったが、対策として頭痛薬を常備していたイデオンの運転手達に効果は見られなかった。
ガンガ・ルブ
バッフクランが対イデオン用に開発したビックリドッキリメカ。足が3本あるところからするとおそらく性別はオス。体躯はイデオンより大きい。登場時はイデオンとよく善戦していたが、物語の後半ではイデオンによって何機破壊できるかといったスコアの対象になり下がる。よく古い模型屋で埃を被ったまま置いてあるのを見かけることもある。光るらしい。パーツ構成はかなり大味のようで、昔友達の家で飾ってあったのをみたことがあるが、つなぎ目をセロテープで止めていた。バッフクランのビックリドッキリメカを格好よいと思う人間は多くないと思うが、奇抜さが一人歩きしてるようで半ば同情的見地でメカデザインを賞賛する人は多い。
ザンザ・ルブ
イデオンと最後を共にした最終ビックリドッキリメカ。ガンガルブよりも体躯が大きいもののデザインは白骨を組み合わせた感じのやっつけ感溢れるデザインである。量産はガンガルブ程ではないが確認されている。ある程度ベテランで階位の高い運転手が乗る重機動メカである。ハルル専用機は味方の重起動メカを踏み潰して発進する特注品である。ガンガルブでは一方の手がミサイル、もう一方がアームだが、ザンザルブは両手がアームである。これは恐らく、ガンガルブの反省からイデオンを両手で羽交い締めにして、近距離から加粒子砲を浴びせてしまうという戦略なのであろうが、あくまで想像の域である。戦い下手のバッフクランにしては無い知恵を振り絞ったメカといえよう。いや、ヤケックソだったのかも。しかし、ザンザ運転手曰く「死なば諸共だぁぁぁ」という台詞に見られる焼け糞力が、最終的にイデオン崩壊のトリガーというか着火剤となる。
チェーン・ルブ
主にバイクや自転車のチェーンに塗る潤滑剤である。
バイラル・ジン
亜空間攻撃を受ける前のバイラル・ジン
全長5kmにも及ぶ"H鋼"の断面のような超巨大戦艦にしてバックフランの旗艦。ドバ・アジバ総司令閣下、ハルルお姉さん、ギンドロ・ジンムの噛み合わない三者の元で船頭多くて船進まず状態と化している。イデオン銃の亜空間射撃をモロに喰らい、"H"から"T"のデザインに変化してしまう。それでも指揮系統は残ったまま、イデオンのゲンコツを喰らうまで最期まで旗艦としての役割をはたした。
ハイラル人
ゼルダ姫の国の民である。
ガンドロワ
超巨大戦艦バイラル・ジンですらコバエ程度に見えてしまう程のオーメ財団出資超巨大最終兵器。彗星ぶつけても倒せない・・・大軍をぶつけても倒せないエアーマン・・・じゃなかったソロシップとイデオンに対して、バッフクランが最期の切り札として建造した巨大なウニ型加粒子砲。さすがに高い寿司ネタだけあって一発撃って地球の10倍の星を破壊できるなど、スターウォーズのデス・スターと同じような誇大妄想的威力を誇る。イデオンがドバ総指令を倒した直後、イデオンと共鳴して発動したので、オーメ財団によって建設されたこのガンドロアは、イデの導きによって作られた可能性が高い。一方でこの道一筋三十年の寿司職人の入魂の作という説もあったりなかったり。
ガンドロウ
拳銃の早撃ち競技で、ホルスターから銃を抜き構える動作のこと。
マック赤坂
日本スマイル党のスマイル党首。日本スマイルセラピー協会会長でもある。奇異なスタイルと不敵なスマイルで参院選にスマイル立候補しており、「イデの発現による人類の覚醒と浄化」をマニフェストとしてスマイリーに掲げている。大島渚の葬式に参列した際、奇矯な振る舞いをし顰蹙を買っている。
メガゼータ
巨神を退けたモビルスーツ。本来二人乗りなのに一人でも問題なく動かせる。継いだり張ったりを繰り返して50年以上現役だった。
スザク(ザクⅢ改・改)
巨神を退けたモビルスーツその2、以上。・・・じゃ不親切なのでもう少し説明。中の人のサイコフレームを白い奴に供与した以上の最大の失策の為に投入された、白い奴の中の人と共同戦線張った後銃口を向けるが撃たずに退いたカッコつけ。

イデオンとエヴァの違い[編集]

新世紀エヴァンゲリオンは、伝説巨神イデオンを真似たと噂されているが、以下、明瞭な違いがある。
  1. イデオンの敵は人類と意志疎通できる似たもの同士の異星人。エヴァの敵は人類と遺伝子がほとんど一緒の化け物。
  2. イデオンの主人公はアフロ。エヴァの主人公は髪に猫耳アクセを装着。
  3. イデオンは古代文明人の遺産であるロボットだが、エヴァは使徒の一種もしくは汎用ヒト型決戦兵器。
  4. イデオンは時々機能停止をするが、エヴァは時々暴走する。
  5. イデオンのエネルギーは無尽蔵だが、エヴァのエネルギーは基本的にコードかバッテリー経由の電気である。
  6. イデオンの突出した肩の中にはミサイルが入っているが、エヴァの突出した肩の中にはナイフや鉄心などが入っている。
  7. イデオンはソロシップへの制圧戦をしかけられ、最期昇天するが、エヴァはネルフ本部への制圧戦をしかけられ、最期液化する。
  8. イデオンは宇宙を駆け巡るが、エヴァは地上を駆け巡る。ところが、ヱヴァでは宇宙にいって初号機を回収しにいった。
  9. イデオンのヒロイン達はろくな死に方しないが、エヴァのヒロイン達はろくな人生を送っていない。
  10. イデオンの敵である重機動メカは格好悪いモノばかりだが、エヴァの敵である使徒達は訳が分からないモノばかりである。
  11. イデオンのプラモデルアオシマから出ていたが、エヴァのプラモデルはバンダイから出ている。
  12. イデオンは最終的に皆星になってしまうが、エヴァは最終的に二人を残して皆水になってしまう。
  13. イデオンの趣旨は「みんな死んで仲良くしよう」だが、エヴァの趣旨は「みんなうざいから死んでしまおう」である。
  14. イデオンではヒロインが主人公にキスしようとするも、ヘルメットにさえぎられてできなかったが、エヴァはキスした後に吐く。
  15. イデオンはテレビ版終了後に総集編、完結編と映画が作られたが、エヴァは、テレビ終了後に総集編、完結編と映画が作られた10年後にリメイク版が作られた。
  16. イデオンはリメイクされていないもののオマージュ作品の無限のリヴアイアスと言う作品が有るが、エヴァはリメイク・朝鮮玉入れ化と際限ない。
  17. イデオンは犯罪者予備軍たる作者の妄想だが、エヴァは精神病者たる作者のカルテ(これは両方とも富野由悠季談)。

関連項目[編集]