伊達政宗

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ひよこ陛下
秀逸になりたがっている記事
この記事は秀逸な記事になりたがってるよ。だけど今のままだと秀逸な記事になれないみたい。秀逸にするため誰か助けてあげてくださいね。お願いしましたよ。
不意打ちで敵武将を倒した伊達政宗。

伊達 政宗(いたち まさむね、永禄10年8月3日(1567年9月5日) - 寛永13年5月24日(1636年6月27日))は戦国時代サムライ、俳優、大道芸人、893大名である。

戦国時代中二病患者や気違いが多かったことでも有名だが、彼はその中でも重度の中二病であった。しかし、中二病患者ではあったが、窮地に立たされたりいざと言う時になると空気の読める人に変貌する処世術に長けた男であった。

そのため乱世を無事生き残り、江戸時代には仙台藩の初代藩主となった。隻眼のサムライとしても有名であり「独眼竜」などと言うオサレな異名を持つ。

「だてまさむね」と読むのは誤りであり「いたちまさむね」と読む。長年、テレビなどでは誤って報道されていたが、島田紳助の出演するCMがきっかけで現在は「だて」と読むケースは少なくなっている。

東北楽天ゴールデンイーグルスの真のオーナー。

生涯[編集]

伊達政宗肖像(瑞巌寺蔵)

幼少期~梵天丸もかくありたい[編集]

米沢の893大名伊達組の当主、伊達輝宗の長男としてに生まれる。幼名梵天丸。幼少の時ホトトギスに右目をもぎ取られた。ホトトギスを殺して右目を奪い返した政宗だが、どうはめ直そうとしても右目をはめ戻すことは出来なかった。やがて「この右目を食べればそのうち生えてくるはずだ」と思った政宗は右目を食べてしまった。しかし結局右目は戻らなかった。そのためか幼い頃から中二病であったらしく、野原しんのすけが公共の電波の前でケツを露出したと言う話やミラーマン田代まさしの武勇伝、モノウル・テレ・ベルジャネゾが「もう革命起こすってレベルじゃねぇぞ!」と言ってひよこ陛下に反旗を翻したなどの話を聞いた時、「梵天丸もかくありたい」と言って周囲を感動させた。どうやら梵天丸の周りには彼のイエスマンしかいなかったらしい。

そんな政宗に空気の読み方を教えたのが伊達三傑の一人、守役であり幼馴染でもある片倉小十郎こと片倉景綱である。この二人の主従愛は後世にも美談として語り継がれ同人誌などが出版され、この二人のあれを妄想して精神的に満たされた腐女子は1万を越えたという。しかも政宗の場合、本当に武田信玄に匹敵するやらないかな恋文が残っていて、若い頃からそっちの道に励んでいたと書いてあるので弁解の仕様がない。

彼が中二病になってしまった原因として、母であり地獄の女帝である義姫から毒を盛られたり、しばかれたりしたというものもある。彼の母親は出羽に領土を持つ893最上組の親玉・最上義光の妹であり、兄に萌えられ過ぎて自己防衛のためヤンデレ化していた。彼女は片目の政宗を立派な魔王にするため、小田原に出兵する直前の彼に「おやつは300円まで」と言って飢え死にさせようとしたり、カルピスアミノサプリと言う得体の知れない飲み物を飲ませて毒殺まで試みたという。 あと、ガリガリ君で…

青年期~人取橋[編集]

政宗が17、18歳となり青春真っ盛りを感じていた頃に父輝宗は非業の死を遂げた。事の発端は政宗が近隣の小893「二本松組」を屈服させたことだった。二本松組組長二本松義継は降伏して許しを乞うたが政宗は「許して欲しければkiss my ass!」や「Let's Party!!(レッツ パァ~リィ~!!)」と意味は分からないが覚えたての英語を使ってカッコつけて脅した。イカされるか殺されるか、どちらにしても無事では済まないと思った義継はまず人の良さそうな輝宗に頼み込み、隙を衝いて刃物のようなものを突き付けて輝宗を拉致、人質に取ったまま逃走した。

輝宗は叫んだ「政宗!今お前らが鉄砲を撃ったら、俺も確実に死ぬ。父親を死なせるとかあり得ないだろ!!」

二本松勢はそのまま人取橋の辺りまで三歩進んで二歩下がりながら逃走したため案の定政宗の軍勢に追いつかれた。二本松義継の誤算である。父親を人質に取れば、政宗も妥協するだろうと考えていた。
だが政宗は、人質輝宗を抱えた義継を前に、鉄砲隊に命令。

「撃て」

輝宗が「政宗ワシを撃て!田代神やミラーマンのような英雄になるのではなかったのか!三沢さんだけはガチだからワシを撃て!」と叫んだ為政宗は心を鬼にして一斉射撃を命じたので、政宗は泣く泣く鉄砲を撃ったのです、チャンチャンと「あの時はたしか・・・・」すりガラスの向こうで変声器を使い関係者Aさんとして片倉小十郎は後に説明している。

当然、輝宗が撃てと命じたのは政宗の妄想ではなかったか、そして三沢さんも実は八百長をしていたのではなかったかという反論もあった。しかしその時の政宗は輝宗が自分を撃てと命令したと思い込んでおり、まさに自分が悲劇のヒーローであるかのような妄想にふけっていた。一歩間違えれば猟奇殺人者にでもなってたんじゃないだろうか。

感傷に浸る間もなく南方から蘆名組を乗っ取って大勢力になった坂東太郎こと佐竹義重ら南陸奥、北関東の893連合が攻め込んできた。人取橋の合戦である。伊達軍は数に圧倒され終始苦戦しもはやこれまでかと思われたが、伊達三傑の一人鬼庭綱元が「水戸城タイムパトロールが検閲の為突入した」と言う虚言を2ちゃんねるを通してばら撒いた。この知略は見事成功し、水戸の総大将佐竹義重らは「タイムパトロールって言葉の意味は分からんが危険なにおいがプンプンするぜーっ!」と撤退せざるを得なくなった。政宗は九死に一生を得た。

さらには伯父・最上義光未亡人となった妹に萌えすぎたあまり、「オレこそが妹にスパンキング風林火豚してもらう権利がある」と出兵してきた。政宗も負けじと出兵した。これを「大崎合戦」という。義姫は仕方なしに兄と息子という資本主義の豚どもをしばき倒したため、両者は兵を退くこととなった。

空気が読めずに太閤の逆鱗に触れそうになる[編集]

その後政宗はまとまりの取れない蘆名組を擦上原で討ち破り伊達組は奥羽一の893となった。政宗は天下取りの為に小田原北条氏政と手を組んだ。しかしこれが豊臣秀吉のまいた警報ブザー「惣無事令」に引っかかってしまい政宗は氏政もろとも秀吉の駆除対象となってしまった。

しかし当の政宗は、「秀吉なんて所詮サルだろうが、独眼竜の俺に勝てるわけがねえ」と浮かれていた。中二病患者の悪いクセである。政宗は連戦連勝に奢ってすっかり空気の読めない人になっていた。浮かれている間にも秀吉は小田原城攻めを決行、小田原城は完全包囲された。

北条氏の居城たる小田原城があっと言う間に包囲されると、政宗は一転して顔面蒼白になった。義姫は政宗を励まそうと、手料理をふるまったが、その劇的な作用で政宗は「ゴシカァン」「クシカツ」と擬音語を出し始めさらに発狂、弟を斬殺した。なんとか家臣が団結し、政宗の暴走を止めることに成功したが、劇薬を作った義姫は山形城の兄・義光のもとへ追放処分となった。

やっとこさ小田原に辿り着いた政宗だが、秀吉は「ハァ? 今更何のこのこ来てんの? 温泉で溺死すればいいのに」と冷たい態度をとった。しかしこのように追い詰められた状況になると、政宗は空気の読めない中二病患者から一転して空気の読める芸人になる。彼は死装束を来て小田原攻めをしている秀吉の前に現れるという身体を張った電撃ネットワークもビックリの芝居をかました。

この己の命をかけた芸が秀吉のツボにハマったのか政宗は命を助けられたばかりか本領まで安堵された(ただし火事場泥棒行為で奪い取った蘆名組の領土とエロ画像数枚は没収された)。 没収された会津領は蒲生氏郷と木村吉清に与えられ、残りの土地には日光の猿達が温泉を掘って観光地にした。

秀吉政権下での綱渡り人生[編集]

1590年、秀吉の奥州仕置によって領土を没収された893、葛西組、大崎組の組員らが葛西大崎地方の新領主木村吉清、清久親子を監禁していっきを起こした。政宗は蒲生氏郷や麻生太郎らと協力してこれを鎮圧した。この時麻生太郎が「政宗君ってちょっとアニオタの気があるよね」と政宗が毎週ローゼンメイデンを見ていた事を暴露してしまった。

しかしこのいっきの最中氏郷の元に政宗といっきの皆さんはグルですよ、と言う密書が流れ込み、実は政宗が陽動していたのではないか、と言う疑惑になり政宗は秀吉に法廷へと呼び出された。政宗は己の無実を証明する為成歩堂龍一を雇い、氏郷は御剣怜侍を雇った。ここに第一次戦国逆転裁判が始まった。

裁判は半年程も続き盛り上がりを見せていたが流石に秀吉が飽きてきてしまったのでもう政宗を無実にするから帰っていいよ、と命令した為政宗は罪を免れた。しかし、いっきの愉快な仲間達と結託していたと言う疑いを完全に晴らすことは出来ず、政宗は代々伊達組の領土であった米沢を召し上げられ、旧大崎組、葛西組の領土を新たに与えられた。この件に関して成歩堂龍一氏は「政宗氏は全くの無実、領土変えは理不尽だ」と控訴したが御剣怜侍氏に丸め込まれて敗訴した。政宗は「この役立たずめ」と成歩堂氏をケツ叩き百回の刑に処した。

その後政宗は豊臣政権との接近を計るため秀吉の甥にして次期関白である豊臣秀次と交流を深めていった。政宗は「世間で俺ほど時世が読めてる奴はいない」と調子に乗っていた。しかし1595年、秀次はひよこ陛下のび太国と結託して豊臣政権を転覆しようとしていたという謀反の疑いをかけられてしまう。秀次は「ひよこなんたらとかのび太なぞわしは知らん!」と反論したが結局切腹させられてしまった。さらに罪は秀次の親族などにも及び、側室や子供は全員斬首された。そして秀次と親しかった政宗にも疑いが掛かる。

ビビった政宗は己の誠意を証明するべく金色の十字架を被って24時間マラソンで大阪から仙台まで突っ走り、さらに部下の小十郎達は政宗の無実の罪を晴らすべく再び成歩堂龍一を雇ったが秀吉は政宗を罰するつもりなどなかった。名誉挽回の為はりきっていた成歩堂氏だが今度は出番すらなかった。

一方、この秀次事件で秀次の側室となっていた伊達のライバル最上義光の娘駒姫も連座で処刑された。義光は愛娘の助命のため江戸川コナンと言う名探偵を雇ったが、コナンは実際に殺人事件が起こってからでないとその才能を発揮することが出来ず、人の命を事前に救うことや無実を訴えたりする事に関しては全くと言っていい程無能であった。そのため結局駒姫は処刑されてしまった。コナン氏はこれに関して「バーロー、俺を雇うなら殺人が起こってからにしろってんだ」と血も涙もないコメントをしている。

関ヶ原[編集]

関ヶ原の戦いでは家康側東軍にすり寄ることにした。東軍の方が有利そうだった上、西軍の変態陰陽師直江兼続と肩を並べるなどと想像しただけで鳥肌が立ってしまったからである。

徳川家康は「この戦いに勝ったらお前の領地を100万石にしてやる、ついでにお前のアナルも100万石にしてやる」と約束状を政宗に送っていた。無論性的な意味で

そんなこんなしている間に西軍の上杉が最上の山形城へ突撃してきた。片倉小十郎こと片倉景綱は「上杉と最上が戦って共倒れになった後で攻撃すれば?」、伊達成実は「ただポテトチップス食いながら高みの見物してると太る、それにあの変態陰陽師の首を撥ねる絶好のチャンス」とそれぞれ政宗にアドバイスをした。政宗としては山形城にいる実の母親義姫の身が心配だが、反面あのキツネ顔の伯父の手助けなんかしたくないという思いもあり、複雑な気分であった。

政宗が援軍を出す、出さないを花びら千切りながら決めかねている間に関ヶ原の戦いは予想外に早く終了、上杉軍は帰ってしまった。蚊帳の外に放り出された政宗はブチ切れて独眼竜ビームを乱射。しかし陰陽師兼続を仕留める事は失敗した上にビームが当たりそうになってキレた本庄繁長にフルボッコにされて死にかける。このままでは気が治まらないので友の南部利直の領土に八つ当たりのため独眼竜ビームを乱射したが、南部家の真の支配者である北信愛ちゃんに尽く跳ね返され、これもまさかの大失敗に終わる。さらに懲りずに「変態陰陽師を取り逃がしたのは最上のキツネオヤジが弱いからだ!」と責任転嫁。政宗はまたしても中二病に感染していた。

関ヶ原戦後、政宗は「100万石ゲットだぜ」と期待ワクワクで家康と会ったが、家康は「100万石?あれはジョーク」とごまかした。政宗は「いくら徳川殿と言えど約束を破るとは許さん!」と再度成歩堂龍一を雇って第二次戦国逆転裁判を起こした。しかしこの裁判で政宗は徳川側の検事狩魔豪狩魔冥の親子から南部の領土に八つ当たり独眼竜ビームを食らわせた罪を糾弾された。そしてヘタレの成歩堂君は狩魔親子にしごかれてトンズラしてしまい、結局おあいこと言う事で100万石のお墨付きは無しになってしまった。

政宗はこの事を非常に恨んでおり、「100万石プレゼント」の約束状は怨念と共に保管される。400年を過ぎても保管されており、仙台市博物館に展示されている。宮城県民はこれを見ながら「本当は福島も岩手も俺たちの領地のはず」と恨んでいる。

なお、政宗は役立つどころか汚名挽回してしまったヘタレの成歩堂にケツ叩き1000回の刑罰を食らわせたが、ケツ叩きをしている現場を妻の愛姫に目撃されてしまい、その大人げない行為をとがめられて逆に政宗が愛姫にケツ叩き1000回されてしまった。政宗の大人気なさと愛姫の怖さに全米が泣いたと言う。

大阪の陣~晩年[編集]

関ヶ原の後、政宗は徳川家康の六男松平忠輝に娘の五郎八姫を嫁がせた。「タヌキ親父の血統に独眼竜の血が混ざれば最高のサラブレッドができる」と調子に乗っていた政宗だが後に忠輝は兄の秀忠に嫌われ追放された。また天下取りの野望を捨て切れない政宗は、「無敵艦隊(自称)」を擁するスペインの支援により、自らが頂点に立つことをもくろみ、「日本国王伊達政宗」(「奥州王伊達政宗」との説もある)と署名した手紙をスペイン国王フェリペ3世に送りつけるべく、支倉常長をヨーロッパに派遣した。後に支倉常長はスペインで闘牛とフラメンコを学び、フラメンコを踊りながら闘牛を行うフラメンコ闘牛士となって帰ってきた。

大阪の陣では徳川軍として参戦したがその際に味方の神保相茂に鉄砲を撃ちかけて全滅させると言うとんでもないことをやらかした。その理由は「前にいたから単純に邪魔だった」と言う柳沢敦もビックリのものであった。政宗は島津忠恒らから非難を浴びたが「味方を撃ち殺すことより独眼竜の目の前に立ち塞がる方が罪が重いと一蹴している。しかしこんなふてぶてしい態度を取れたのは単に撃ち殺した神保が単なる無名の旗本だったからである。


Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

人物・逸話[編集]

終戦直後において、伊達政宗にあやかって発売された清酒・独眼竜
メチルアルコール含有で、呑んだらたちまち片目が潰れ、これであなたも独眼竜!
  • 自称留学経験済みのメリケン帰りでありEngrishが堪能だった。しかし当時のアメリカはまだ開拓されていないためおそらくイギリスに留学していたと思われる。
  • 伊達家では馬に派手な装飾を施すのが義務化されていた。伊達家の軍馬は改造軍馬と呼ばれた。
  • 常に天下取りの野望を捨ててはおらず「俺は数や力に流されて頭下げるような飼い犬どもとは違う」と公言していた。しかし晩年の彼はどう見ても徳川の飼い犬です、本当にありがとうございました。
  • 秘蔵の恥ずかしいポエムを日本中にバラされたことがある。
  • 料理の腕も一流であり料理の鉄人に出演した事がある。
  • 多田野姉弟(勝、作十郎)と姉弟丼していた。

実は独眼竜ではなかった?[編集]

独眼竜として名高い政宗だが、実は独眼竜ではなかったのではないか、との説もある。最初にこの説を述べたのは株式会社カプコンである。 同社が製作したゲーム戦国BASARA2において伊達政宗は主役格の一人だが、彼の主な台詞に「独眼竜は伊達じゃねえ」と言うものがある。 日本語が理解できる人なら分かって当たり前だと思うが、「独眼竜は伊達じゃない」=「伊達政宗は独眼竜ではない」と言うことなのだ。 カプコンは更に「1=2の法則にのっとれば、伊達政宗の両目は見えていたと言う事になる。政宗は中二病患者ゆえ眼帯を付けて隻眼のふりをしていたのであろう」と主張した。これに対して政宗は「俺の目が2つとも見えているなら、小十郎には4つ目がなければいけなくなり、これは因果律に反していてありえない」と反論している。

別の説もある。伊達政宗は眼帯をせざるをえなかったと言う説である。これによると、伊達政宗の右目は開いている状態だと常にそこからビームのようなものが永続的に発射され、これを制御する為に眼帯が必要なのだと言われている。事実、後世に発見された資料の中に政宗が眼帯からビームのようなものを発射している絵がある。また、アメリカには実際に目から常にビームが発射されており、それを制御する為に特殊なゴーグルを付けているスコット・サマーズというミュータントと呼ばれる超人がいる。ミュータントはその特異な能力ゆえしばし迫害や差別の対象になりやすく、もしこの説が正しければ政宗が母親に忌み嫌われた理由もおのずと明らかになる。

主な子孫[編集]

  • 伊達兄樹 - テディ・ボーイ・ギャング団のリーダー格。
  • 伊達英二 - 元WBA世界フェザー級1位で、元日本・OPBF東洋太平洋フェザー級チャンピオン。
  • 伊達臣人 - 元男塾一号生筆頭。元関東豪学連総長。後に伊達組組長。
  • 伊達貫太 - 新聞屋の配送員
  • 伊達杏子 - 年齢詐称疑惑の有るSecond Life内に生息する元アイドル。
  • 伊達健太 - 電磁戦隊メガレンジャーの一人でメガレッド。
  • 伊達邦彦 - 伝説の殺人犯スパイ
  • 伊達翔太 - ジャスティライザーの一人でライザーグレン。
  • 伊達征士 - サムライトルーパーで光輪のセイジ。
  • 伊達千蔵 - 世界一のさお師(出張ホスト)
  • 伊達仙八郎 - 桜中学校の1981年度2年B組の担任教師だがその後、桜中学校で見かけた者は居ない。
  • 伊達総司 - コスモ正統戦士の一人で紅蓮剣の所有者。中二病患者の政宗は「オレが伊達家の正統当主なんだから当然紅蓮剣の正統伝承者もこのオレだ」と思い込んで紅蓮剣を献上させようとしたが、逆に伊達総司から紅蓮剣の一撃を喰らって全身に大ヤケドを負ったことがある
  • 伊達崇人 - 伊達組二代目。予備校講師和田優介と恋仲である。
  • 伊達直人 - 初代タイガーマスク。
  • 伊達直人 - 指定暴力団菱和会会長。
  • 伊達正義 - 全くもてない男。
  • 伊達雪之丞 - ゴーストスイーパー
  • 伊達明 - 戦うドクター
  • 伊達公子 - テニスおばさん。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「伊達政宗」の項目を執筆しています。


この項目「伊達政宗」は、執筆者が無い知恵を振り絞って必死かつ適当にやっつけ仕事で書きましたが、大滝秀治から「つまらん!この項目はつまらん!」と駄目押しされてしまいました。もっとキンチョールで蚊を退治してくれる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)