伊賀市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この頁では三重県の「上野」について述べています。東京の「上野」については上野を御覧下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「伊賀市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「伊賀市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「伊賀市」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「上野市」の項目を執筆しています。

伊賀市(いがし)は、三重県北部の都市の一つ。伊賀上野とも呼ばれる都市で、かつては上野市を称していた。

概要[編集]

戦国時代から江戸時代初期にかけては藤堂高虎の地盤であった。高虎は、本拠地を津市に遷す前には伊賀市を本拠地にしていた。

甲賀市滋賀県南部)と列ぶ忍者の街として有名であり、市民は忍者となることが義務付けられている(徴忍制)。小学校では大勢の忍玉が熱心に忍術を学んでいる。

忍者以外にも、松尾芭蕉の出身地としても有名であるが、松尾芭蕉も安濃津藩の間諜だったんじゃないかという説もある。

忍者[編集]

誤解について[編集]

現代日本において、忍者はいる。 冗談ではなく、本当に忍者はいる。

「日本」と聞いて、外国人が必ず想像するチョンマゲで帯刀したサムライは、現代日本には存在しない。しかし、忍者はいる。

妄想でも希望的観測でもエロゲーでもない。忍者はいる。

伊賀市内では平日でも祝日でも関係なく、忍装束をまとった忍者が街を闊歩しているのだ。更に、忍装束をまとった電車(デザインは松本零士)も走っており、高速移動などの忍術が使えるとされている。

都会に紛れる忍者[編集]

大阪で暮らしていると、時折伊賀市から通勤・通学している人がいて驚愕することがある。

気を付けろ!そいつらは忍者だ!!

奴らは伊賀の山里から山を越え谷を越え、奈良県を丸丸横断して大阪まで現れ、諜報活動に勤しんでいる。

無論彼らは伊賀から大阪まで走ってやって来ているわけだが、中には忍法近鉄大阪線忍法JR関西線忍法名阪国道でスピード違反なる術を用いる者もいるという。

方言[編集]

三重県北部と滋賀県南部は、「忍者・焼物・緑茶」が三点セットの地域で、伊賀市は盆地だけあってこの傾向が強い。方言もバリバリの畿内辯である。木津川流域なので、木津川伝いに当たる奈良大阪宇治京都に好い顔をしまくっている。

昔ながらの伊賀辯は、「ニニンがニンッ!!」「絶対に働きたくないでござる!!」「拙者のご飯だけおかずが無いでござる。」といった口調である。

関連項目[編集]