伊豆箱根鉄道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
鉄分過剰
このページには鉄分が過剰なので栄養のバランスが崩れています。
DHMOの摂取やバランスの良い食事をすることを心がけ、鉄分が偏らないように注意してください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「伊豆箱根鉄道」の項目を執筆しています。

伊豆箱根鉄道(いずはこねてつどう)とは、神奈川県静岡県に路線を持つ鉄道会社である。副業でバスなどいろんな乗り物を乗り回している。愛称は「いずっぱこ」、西武鉄道のお仲間であるので、滋賀のガチャコンとは兄弟である。

概要[編集]

鉄道部門では神奈川県の小田原らへんと静岡県の三島らへんに1本ずつ路線(大雄山線と駿豆線)を持っていて両線ともそれなりの客を運んでいる。このためか運賃は比較的安い(少なくとも有名なアレ名前の近いここほどではない)ので使いやすい。一方で副業のほうは軒並み赤字であるため、全体でみるとちょっとあれかもしれない。伊豆急行や富士急行とともに、関東の鉄道に入れていいのか微妙なところがあり、書籍によっては関東扱いだったり東海扱いだったり、あるいは存在丸ごと抹消されることも多々ある。

歴史[編集]

そもそも両線は大昔(軽く90年前)は別個の鉄道会社であったが戦争中にどういうわけか1つの会社になっていた。この前後でこの近辺のバス会社などを合併しつつ現在の形ができあがってきた。

路線[編集]

概要で軽く触れたが2つの路線はそれぞれが独立しており、かろうじて東海道線を通してつながっているのが今の状況である。このため、大雄山線の車両を全般検査するときにはJR貨物を脅迫してに頼んで甲種輸送列車を走らせている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「伊豆箱根鉄道駿豆線」の項目を執筆しています。
  • 駿豆線 - 新幹線と接続する三島駅からお寺や温泉のある修善寺駅までの路線。お寺や温泉の目の前までは直通しないので注意。JRの特急が殴り込んでくることがある。最近車掌リストラ作戦を繰り出した。近年何かと臨時列車を走らすことが多く、その列車たちにはお酒が絡んでいるのが特徴である。2016年春には地元が舞台であることを理由に某人気アイドルアニメの続編とコラボしたラッピング電車を、あろうことかこれまでラッピングの定番だった通称ヤテライブより先に開始することに成功した。最近全国で展開されているハートの吊革とかいうリア充向け企画の元祖であるが、そんなことはどうでもいい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「伊豆箱根鉄道大雄山線」の項目を執筆しています。
  • 大雄山線 - これまた新幹線と接続する小田原駅から金太郎の故郷といわれてる南足柄市の大雄山駅まで走ってる路線。運転本数はこっちの方が多い。開業当初は乗務員が優しすぎて「定期券は大事なものだから家の金庫に入れてきた」と言えば乗せてもらえたり、駅で電車に乗り遅れたらその電車が止まってくれるどころか駅まで引き返してきてくれたり、果ては村の仲間同士で映画を見に行った後に「送ってくれ」といえば電車で村の最寄駅までタクシーしてくれたりと、中々にやりたい放題だったようである(ちなみに上記3例、冗談抜きで実例である)。ゲリラ豪雨、台風等<<<車両、信号等のトラブル<大地震<(超えられない壁)<沿線火災の順で運転見合わせになりやすい。もっとも運転見合わせをすること自体が非常に珍しいため(災害でテレ東が臨時ニュースを流すのと同レベル、と言えばお分かり頂けるであろうか)ひとたび運転を見合わせば「何かが起こるぞ」と沿線民を恐怖のどん底へと突き落とす。実際問題沿線民のなかでは、台風などの規模の大きさの指標として「大雄山線を止める力があるかどうか」というものがあるんだとか。終点の大雄山駅では、最近えらいスローテンポな発車メロディーを導入した。「地元の偉人であり信仰対象である金太郎様の存在を、もっと多くの人に知らしめたいから導入した」らしい。

車両[編集]

地方私鉄というとケチって財政上の理由から大手私鉄の中古車を買って運転していることが多いが、伊豆箱根鉄道では自社発注の車が多い(一応西武の中古車もいるが)。

現役車両[編集]

駿豆線

3000系
新車入れろだの冷房入れろだの抜かすDQNな客を黙らせるために作られた自社発注車で3両編成が6本いる。初期車は鋼製車体なのだが後期車はダイエットを兼ねてステンレス車体になっている。最終増備車の第6編成は、無駄に高価で高性能な後継の7000系が盛大にズッコケた為急遽製造された車両であり、現在伊豆箱根鉄道で一番新しい車両でもある。

車内はセミクロスシート(ボックス)で第一編成だけ中間車が転換クロスシートになっている(理由についてはのちほど)。運転席には秘密のスイッチが設けられており、このスイッチをいじれば本気を出すことができる(その内容はバキューン!!)。モンチッチという愛称がついてるとかついてないとか。トイレは付いていない。

  • 3000系電車

  • 7000系
    3両編成2本在籍。こいつを一言で表すなら「宝の持ち腐れ」。というのもこの車両はJR東海侵略をかけて伊豆箱根鉄道が生み出した、地方私鉄最強との呼び声もある超高性能車両なのである。当時JR東海自慢の311系をも上回る高性能、さらに先輩3000系譲りの秘密のスイッチも装備して作ってみたはいいものの、JR東海侵略作戦は失敗に終わり今は駿豆線をトコトコ走っている。車内もゴー☆ジャスに作られ、オールクロスシートで転換クロスシート装備である。それが裏目に出て通勤時間には煙たがられているというのが悲しい現実である。こいつにもトイレは付いてない。
    1300系
    3両編成2本在籍。西武からもらってきた期待の新星・・・のはずが3000系よりよっぽど古い。車内はロングシートなので、7000系とは真逆にラッシュ時に喜ばれ昼間には敬遠されがち。最近の臨時列車によく使用されているが、前述のとおりアルコール分高めな臨時列車が多いため、いつしか1300系自体もお酒の匂い漂う車両になりつつあるとか。当然だがトイレは付いていないので飲み過ぎには注意である。
    1100系
    2012年引退。20年くらい前に西武からもらってきた車両。西武の車両を自社の工場に持ってきてそこで改造したという伝説を持つ。西武からまたまた追いかけてきた1300系によって廃車となった。トイレは付いていない。
    185系(JRからの乗り入れ)
    特急踊り子として伊豆急下田行から細胞分裂した短編成が乗り込んでくる。ちなみに伊豆箱根線内は特急料金不要なので乗り得列車といえるのだが、学生定期券で乗車した際には検閲により削除
    ED31形
    ED32とED33の2両が在籍。1948年に生まれた凸型おじいちゃん機関車。なんとかの有名な南満州鉄道が発注した車両らしいが戦争中のひともんちゃくによって西武鉄道に入線。それを強奪もらってきた。バラスト散布などの貨物列車や大雄山線の検査入場に伴う甲種輸送の機関車としてときどき走っている。
    ホキ800形
    至って普通の砂利まき用貨車。EDに引っ張られて真夜中に走るのがお仕事。

    大雄山線

    5000系
    3両編成7本在籍。華の80年代になっても某國鉄廣島どころの騒ぎじゃない惨状だった大雄山線を立て直すために導入された車両。それぞれ独自の主張が激しく、ほぼ1編成ごとに何かしら違うところがある(第1編成は鋼製車、第2編成以降はステンレス車、第5・6・7編成はセミクロスシート付きなど細かいところを上げるときりがない)。第1編成から第5編成の特徴として、行先表示幕があらかじめ書かれている行先に光を当てて表示するといったインチキ字幕バイナリーヘッドマークを採用している。やっぱりトイレは付いていない。
    コデ165形
    1両のみ在籍。実質機関車。元をたどれば1928年製という伊豆箱根鉄道の長老。たまーに走っている。コデというのはウジンシャの略である。
    トム1形
    大雄山駅のはずれが居住地の古い無蓋貨車。

    この他ただの機械としてバラスト散布用の貨車とモーターカーがいるが、こいつらは越後のリニアを作った時に使用した後いらない子になっていた車両をよなよなこっそりもらってきた物なんだとか。

    その他[編集]

    昔は座席指定制の快速が運転されていた(3000系の第一編成が転換クロスシートになったのはこの関係)が、いつの間にやら廃止された(理由はお察しください)。 

    大雄山線の車両が検査入場するときにとても面倒な甲種輸送列車を運転することで有名である。その面倒くささ特殊性もさることながら、コデ牽引→JR貨物のEF65牽引による貨客混合列車もどき→ED牽引という豪華布陣によって輸送されるため、当日には多くの鉄道オタクが集まる。

    Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
    後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

    関連項目[編集]


    東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「伊豆箱根鉄道」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)