伊豆県

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「伊豆県」の項目を執筆しています。

伊豆県(いずけん)とは、伊豆半島一帯を占めている、太平洋側の県である。県庁所在地は三島。もともとは神奈川県西部と共に足柄県に含まれていた。そのため関東地方だと主張される。現在、東京都に区分されている伊豆諸島を吸収しようと考えている。

位置[編集]

首都からの入口である熱海、三島から南の地域下田市までの地域。 伊豆半島の一帯の周りを海や山や崖と言った天然の関に囲まれており、海の幸も保養地も多いために、「地震を除けば、リゾート県」と呼ばれている。 鎌倉東京の連中が保養のために別荘を構えており、バブル経済以後には、鎌倉や東京の地価高騰を避けた住民がここから通勤している。


「裏庭」としての伊豆県[編集]

源頼朝北条政子北条早雲の領土となった歴史で解る通り、政治的には神奈川県との縁が深い地域であるが、箱根の険に遮られている為に方言が別になっている。 戦国時代には、神奈川県と伊豆県を治めた北条早雲、静岡県を治めた今川義元、山梨県を治めた武田信玄が、富士山を媒体にして甲相駿三国同盟を結んでいた。

東海道本線にしても、熱海から小田原に行く時には、幕末と大正の関東大震災でも倒壊した“あの断崖”を通らなきゃ行けない。 神奈川県は関東方言である相模辯の地域だが、地理的に分断されている伊豆県は東海方言である伊豆辯の地域である。 なお、神奈川県民は、東京都を「表庭」と呼び、伊豆県を「裏庭」と呼んでいる。神奈川県民と静岡県民は、伊豆県を「半島民」とさげすんで呼んでいる。

市町村[編集]

伊豆県にある市町村は、伊豆市伊東市伊豆の国市(独立国)、東伊豆町西伊豆町と、伊豆れも伊豆の名前か伊豆の東とか西とかを利用しており、個性がない。 唯一の田方郡である函南(はこなん)町に対する早急の保護政策が望まれるくらい個性がない。

この個性の無さは山梨県甲府市甲斐市甲州市山梨市と引けを取らない。


産業[編集]

工業的産業は三島地域しかなく、観光業・漁業が中心である。農作物は山が深いためあまり発達しなかったがわさびだけはなぜか採れる。 観光が無い時代にはあまり豊かな土地ではないので北条一族や組などはじめ仁義なき戦いをするような方を輩出し、今でも地域にその気質があふれる為、のどかな田舎の住民とは一線を画す。 その気質のせいか他の地域に比べ、同地における観光の費用が高くなっている。


温泉[編集]

伊豆県といえば煮えたぎる温泉である。テレビで放送されている温泉は、1泊3万円なので、貧困層がうじゃうじゃすることなく、非常に快適な温泉パラダイスである。 熱海や修善寺も高級温泉ばかりであり、NEETにとっては貴乃花であるようだ。 伊東にある唯一の大型大衆ホテルの鳩屋は生きた大きな魚を捕まえることができるアトラクションもあり、全国・中国からの観光バスで一杯になっている。

毎晩、日帰りで温泉に行く人たちは、北関東や南東北で汗を流した後に行く。日帰り温泉に行く費用は宿泊するよりも高額になるが、セレブなので気になっていない。


鮎釣り[編集]

あまり知られてないが、伊豆県は鮎の毛針釣りが盛んである。釣り人にとっては聖地である。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)


関連項目[編集]

よくきたの ひゃっひゃっひゃっ、よく来たの。
天帝からの命じゃ。「伊豆県」を秀逸な記事へと導く、執筆者を募集中じゃ。
まずは加筆を始めることじゃな。
滅ぼされし小田原・三浦半島の恨み、忘れるで無いぞ。 (Portal:スタブ)