伊藤かな恵

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
かな恵ちゃん 君の二の腕 僕のもの
伊藤かな恵 について、俳句の達人
いつも出してやってるのに名前呼ぶのが苦手とは解せぬ!!!
伊藤かな恵 について、福岡の某局
かな恵ちゃんはこう見えて意外と物を知らなさすぎるよね
伊藤かな恵 について、徳島の女神
全トナカイが泣いた!
伊藤かな恵 について、徳島の女神
地球ナメてるのか、このヤロー!
伊藤かな恵 について、徳島の女神
うにゃー、うにゃーってなでまわしたい。そして嫌がられたい
伊藤かな恵 について、ストパンの人
後ろから抱きしめるとかわいい声出すんですよ!もーかわいいんですよ げへへ
伊藤かな恵 について、(弱)さん
こやつめ、伊藤を罵倒しおって、全くもってけしからん!!!
すべての発言 について、磯野波平
罵倒する奴、帰っていいよ!
すべての発言 について、佐野実

伊藤かな恵(伊藤かな恵、1986年11月26日 - )とは、身長147mm体重37gのミニマム型および擬似ロリ声優長野県出身。血液型はB型。大手声優事務所、青二プロダクションジュニア部門所属だったが、2011年春頃にジュニア部門から昇格。でも、物理的にジュニア所属である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「伊藤かな恵」の項目を執筆しています。

人物[編集]

アニメHUNTER×HUNTER』のラジオHUNTER×HUNTER R』で竹内順子三橋加奈子のトークを聴いたことがきっかけで声優を目指すようになったという。なお、彼女は原作『HUNTER×HUNTER』の度々の中断(しかも長期)よりも、アニメやラジオの放送終了のほうが悲しかったらしい。

本人は背が小さいことを気にしている。しかし、ある種の人たちから見れば歩く萌え要素でもある。某所で披露したランドセル姿は猛烈なアピールとなり、怪談を聞くと生放送中でも恐怖のあまりマジ泣きし始める姿は実に愛くるしい。それでいて昭和生まれ、とっくに二十歳越えてるから犯罪にならないなんとも都合のいいミラクルな存在。でも、本人が某番組で「私はこう見えて結構サバサバして、ハキハキした性格ですよ。」とも言っていたので、実際のところは分からない。ここらへんは神のみぞ知るセカイところであろう。ところで、身長が低い(150cm以下)ことを生かし、「ミニモニに入りたい」と思ったことがあるかないかは不明。もし、仮に入っていたらおそらくつんく♂に犯されて非処女になる運命だったので、入らなかったほうがどのみち、正解であろう。

基本小柄なので、幼児体型っぽい。しかし、チョメチョメな分野は未開拓であるらしく、検閲により削除である可能性を残しており、秘められた胸力はもしかしたら適度なものと分析されている。

2008年にコミケで販売されたラジオCDのジャケットに映る彼女の姿は、中学生、誤差修正しても高校生くらいに見える。

ラジオなどでのトークは割と真面目にこなしているが、天然ボケの節があるため、自然体で井上麻里奈阿澄佳奈らを相手にできる。ちなみに基本はMなのか、概ね弄られキャラである。そのため、ラジオではリスナーやスタッフ、さらには収録された音声にすら弄られている。番組の挑戦コーナーやら特別企画のほとんどは、「かな恵のがんばる姿を見てなごむか、毎度毎度期待を裏切らないリアクションを眺めてニヤニヤすることが目的」と言っても過言ではない。

知識があまり無いと思われがちだが、彼女は役に入り込みすぎるあまりアホの娘になったり、その壮大な視点ゆえに常人では理解できない発想を度々口にするため、その素晴らしさが分からぬ者達が妬んでそういう評価を下すだけなのである。 決してアメリカが国かどうか分からなくなったわけではない。無論11月に売り出されるアレのせいなわけがない。

来歴[編集]

2007年9月までは、「こえっち」「りらちっち」という声優ユニットで活動していた。

2007年
  • 10月 - この年に突如、ブレイクした阿澄佳奈のサポートを受けて、初主役・初主演を果たして、ブレイク。
2008年
2009年
  • 10月 - 京アニの力によりブレイクした豊崎愛生とタッグを組み、学園都市へバット片手に殴り込みをかける。
2010年
  • 4月 - とあるそげぶアニメで狂気のアクセロリータを演じてブレイクした、岡本信彦とタッグを組み、洋菓子店を切り盛りする。
  • 7月 - メンバー七人の某組織に属し、同じ名字の伊藤さんとタッグを組み、世直しする。
  • 10月 - 某ラジオ番組でのハラダチャーンとの丁々発止のやり取りを始め、ラジオでのMCの奮闘ぶりに定評のある下野紘とタッグを組み、色んな女の子を攻略しまくる。このラジオ内で「かなエルシイ マジエルシイ」と自分に声を当てていることをネタにされるが、本人は気づかない。
  • 同10月 - 虎のアニキじゃない方のかねもとさんと共に、各方面を侵略。
2011年
  • 4月 - 京アニの力で声優アワードで主演女優賞を受賞した豊崎愛生とまたもやタッグを組み、とある田舎の旅館で中居としてぼんぼる。
  • 10月 - いつもラジオでパートナーを組んでる井上麻里奈とタッグを組み、友達を作る目的の部活動に励む。
2012年
  • 2月・3月 - アニソンや声優さん関係で顔が広いランティスとタッグを組み、関東と関西で初のコンサートを行う。
  • 7月 - ヴィクトリカ様の下僕を演じてブレイクした江口拓也とタッグを組み共に戦国時代を駆け抜ける。
  • 10月 - 初見の人はノーヒントでは下の名前は正確に読めないであろう松岡禎丞とタッグを組み、オンライン世界の冒険の旅に出る。
2013年
  • 4月 - 再び豊崎愛生と共に学園都市を殴り込み。同時期、同じ事務所の島崎信長とタッグを組み写真のモデルになる。

エピソード[編集]

  • サポートをしてくれるアスミス、マリーナの影響からか、突如、ブレイクしてしまったため、不慣れでよく噛む。特に、生放送の冠番組で自分の名前すら噛んでしまった回に至っては、生放送中にリスナーから「伊藤かみ恵」という渾名を拝命してしまったこともある。
  • 身長は20代でも伸びると知って、「まだ、成長中なんだ」と喜んでいた。
  • ラジオの放送中の企画で酒を飲んだところ、少しの量で酔っ払ってしまい、そのときにパートナーだったミュージックレインのでかい人がその酔った状態の彼女の扱いにてんやわんやだった。

以上の他のエピソードが見たい方は*こっから見えるモノ(初代)・*こっから見えるモノ(2代目)をその名の通り、見たほうが手っ取り早いので省略。

年齢[編集]

以前は非公開となっていたが、「小学生の時に地元開催の長野オリンピックを見た」という発言などから1986年生まれが明白だった。

後に2008年にラジオで誕生日を祝ってくれた三瓶由布子(1986年2月28日 生まれ)と「そういえばいま(三瓶の誕生日まで)同い年」と確認し合ってたり、今では頭の堅いとこのページでもばっちり明記されてる。最近でもおはぎさんがラジオで「うちら(隣にいたかな恵さんを含めて)86年組は~」なんて発言している。

つまり、この項はもはや不要だったりする。

関連項目[編集]


Hayami.jpg この項目「伊藤かな恵」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)