伊東市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「伊東市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「伊東市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「伊東市」の項目を執筆しています。

伊東市とは、伊豆県において代表的な観光地であるにも関わらず、残念なことに知名度の薄い市のことである。すそ熱海(すまんそれ熱海でよくね?)と言われることが多いと一部の人の間で言われていないとかいないとか。

所在[編集]

伊豆県の東側に位置していて、熱海市の下にある。バブル期に別荘地として名を馳せたため、その名残の廃墟が多い。火山地帯の真下にあることから温泉が有名。電車でいうなら宇佐美駅から伊豆高原駅まで。

観光[編集]

温泉。しかし周りにより有名な湯河原であったり熱海であったり修善寺があるため知名度が低い。お手持ちの地図帳を見てもらえれば分かるが、温泉マーク(♨️)が多いことには多いのだ。しかし有名な旅館は少なく、せいぜい「伊東に行くならハットッヤー」でお馴染み?のサンハトヤぐらいだろう。みかん狩りも盛んでなんとあの童謡、みかんの花咲く丘の舞台がある。夏は甘夏、秋は早生温州、冬は温州みかん金柑、春はスイートスプリングと、一年中みかん狩りを楽しめる。が、みかん狩りをする為には丘の上に行かなければならない為、疲れる。それに、別にみかん狩りは熱海や熱川の方でもできる。

名産品[編集]

前述の通りみかん。ただこれは伊豆ならどこでも取れるし和歌山みかんのうたで有名な愛媛でも取れる。干物も美味しいが、これもどこでも作れる。キンメダイもあるが(ry。も(ry。

[編集]

伊東市といえば綺麗な海で海水浴、と思いきや砂浜があるのは宇佐美伊東の海岸のみ。残りは岩場が広がっている為、ほとんどの海岸では泳げない。しかも、この2つの泳げる海岸でも、海の家などは全くない。地元の人が泳ぎに来ることは多いが、地元ではないところから泳ぎに来るのには適さない。というか海水浴なら熱海でよくない?

廃墟[編集]

伊東には廃墟が多い。八幡野の廃ループ橋などが代表的である。建設途中で放棄されたこの橋はその後崩落している。他にも怪獣病院と呼ばれる異様な見た目の廃病院や使用されなくなった道路など、興味深い建築物が多くある。ただ、廃ループ橋はともかく、伊豆には廃墟が多いので、伊東市である必要は薄い。

アンサイクロぺディアにおける伊東市[編集]

アンサイクロぺディアでは、伊豆県のうち、熱海市が2007年の6月、伊豆市伊豆の国市が同年10月、下田市河津町が2009年11月に作成されている。1番遅い御殿場市ですら2012年なので、伊東市はそこから5年も放置されていた。これは、どこにあるの?というような清水町トンネルしか見所ないんじゃないの?と言われる函南町と同レベルである(削除されたとはいえ函南町は一回ページが作成されている)。市部の中では最遅。5年間市部でただ1つの赤リンクだったのに放置。いかに見所と知名度がないかがうかがえる。

結論[編集]

知名度はすごい薄い。そして行く意味も薄い気がする

関連項目[編集]