伊吹文明 ニッポンの息吹を聴こう!

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

伊吹文明 ニッポンの息吹を聴こう!(いぶきぶんめい にっぽんのいぶきをきこう)はニッポン放送で毎週水曜日19:40から10分間放送されている番組である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「伊吹文明 ニッポンの息吹を聴こう!」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

自民党のエライ人伊吹文明が国民の声に可能な限り耳を傾ける。しかし、国民と言うものは大体自分にとって不都合なことしか言わないため、番組途中でブチ切れてしまうのが常である。 まず、番組には伊吹文明というエライ人が出演しているのでとてもとてもとてもとてもカタイ内容になってしまう点は否めない。「遺憾の意」とか「真摯に受け止め」といった発言をしているのを耳にするはずだ。そうしたら、そういう難しい発言は全て「ごめんなさい」と言っているのだと考えればよい。 「ごめんなさい」というたった6文字の簡単な、それこそ、しゃべる犬やオウムチンパンジーにもそれはそれは簡単に言わせることができる単語である。なのにどうして言わないのか?簡単である。伊吹はこの単語を言うことに関して恥ずかしいという感情を抱いていると言っていいだろう。さては伊吹はツンデレなのかと思った君、違う。伊吹は自民党のエライ人である。人間は偉くなるとどうしてもプライドと呼ばれる面倒なものが憑依して素直な対応がとれなくなる。プライドに憑依されると「他人に対して謝るとそいつは私のことを下に見てしまうのではないか」などと考えるようになるのだ。 ちなみに伊吹にメッセージを送る手段は明らかにされていない。伊吹本人は「ハガキ」を主な交流の主体に挙げているものの、何せ住所を伊吹が告げることは一切無い。ニッポン放送は東京都有楽町にあるのだが、そこを調べてハガキを出しても伊吹の元に届くとは限らない。いや、届かない。伊吹はニッポン放送とは別のどこか違う場所から放送しているらしく、ニッポン放送の電波を「使わせてもらっている」だけであるようだ。では、伊吹に寄せられるメッセージは誰が作っているのだろうか?それは自民党の下っ端たちが徹夜で仕上げている。頭のカタイ自民党員が可愛らしいラジオネームを偽装して時にはメール文字顔文字を使い苦労して作ったメッセージを伊吹が読んでいることになる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「伊吹文明」の項目を執筆しています。
ちなみに「伊吹文明 ニッポンの息吹を聴こう!」で検索すると、この項目よりも、ウィキペディアの伊吹文明の項目のほうが上位になるのは、我々の屈辱です。