伊勢崎市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「伊勢崎市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「伊勢崎市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「伊勢崎市」の項目を執筆しています。

伊勢崎市(いせきし)は、群馬県南部にある町である。間違ってもいせざきしと読んではいけない。 また、なぜかいっさきしと聞こえてしまう魔の地名。別名時定市

概要[編集]

古くからの生産が盛んで、「伊勢崎めいせん」が有名であるが、桐生二番煎じという感は否めない。

前橋市高崎市桐生市太田市といった群馬県の主要都市群の中心に位置する。個性的な4市に挟まれ、やや影の薄い存在であったが、隣接する太田市と同様に「風俗外人の街」というイメージが定着しつつある。

終点・伊勢崎[編集]

私鉄最長路線である「東武伊勢崎線」の終点であるが、伊勢崎駅前は、とても市の中心駅とはいえないほどの寂れようである。

てか伊勢崎線を名乗ってる割に、起点駅である浅草駅から直通する列車が日1往復しか無いってどういうことなの……

中心市街地は空洞化スラム街化・風俗街化が進行し、商店街には風俗店、サラ金等が軒を連ね、DQNが跳梁跋扈する無法地帯となっており、手のほどこしようもない状況である。

国際都市としての伊勢崎[編集]

外国人労働者の数が年々増加し、現在群馬県内で外国人登録している外国人の4人に1人は伊勢崎市に居住している。日系ブラジル人、ペルー人を筆頭に、アルゼンチン人、フィリピン人、中国人、パキスタン人、バングラデシュ人、イラン人、ベトナム人、韓国人、ロシア人、ルーマニア人等が多数居住しており、それぞれのコミュニティーに宗教施設、私立の非公認学習施設、商店等が建ち並んでいる。場所によっては日本人世帯より外国人世帯のほうがはるかに多い町もある(市に登録されている世帯数だけでなので不法滞在者などを合わせると実質はもっと差がつく可能性がある)。モスクまである始末で(従って一日五回のお祈りの時間にこの地区に入ることは厳禁。「命の保証はできない、AK-47で撃たれても当局は一切関知しない」と広報に注意書きされている)、必然的に日本人が近寄りがたいような雰囲気を醸し出す地区が形成され、市中心部の空洞化に拍車をかけている。日本人にとってのメリットは色々な国の本場の料理が食べられることぐらいである。まかり間違っても、スイーツ(笑)が好むような英語圏の白人イケメンなどは存在せず、むしろインド人やアラブ人、南米人などの赤道直下の蒸し暑いイケメンが大多数を占める。中央町にある某スーパーは土日になると外国人労働者であふれ、さながら外国人専用スーパーの様を呈している。

しかし2011年3月11日の東日本大震災および福島原発事故以降日本がヒャッハーになると慌てふためき夜逃げ国外逃亡する外国人が急増しており問題化している。

都市計画の失敗[編集]

太平洋戦争時、アメリカ軍空襲を受けた中心市街地は、その後何の復興策もとられず放置された。 その一方で、郊外は無秩序・無際限に開発され、都市規模に見合わない巨大な道路が建設された。さらに沿道型店舗の進出が著しく、DQNの溜まり場となっており近寄り難い。ちなみに、若い女性がダルダルのスウェット上下にキティちゃん健康サンダルとヴィトンのバッグというファッションで郊外型ショッピングモールに買い物に行くのが伊勢崎市ではステイタスである。

低密な市街地がだらだらと見苦しく広がり、下水道などのインフラ整備は遅々として進んでいない。もっとも、現市長というあだ名の土建屋観覧車マニアであり、観覧車のことで頭が一杯でインフラどころではなかったらしい。市街地が広がり、人口は増えたが、増えた人口の5分の4はDQNと外国人であり、街の「質」は相変わらずである。

特に西部モール周辺は元々オートレース場だった関係もあり、ファミリー向けショッピングセンターの隣に風俗店とサラ金の無人契約コーナーがひしめく状態でまさにカオスである。最近になってプロ市民対策として、ようやく屋外広告物の規制等のために景観条例を定めた模様だが、現市長としてはおそらく、非合法活動で生計を立てている方々には検閲により削除等で日ごろからお世話になっているため強く言えないので、いかがわしいぴー等なんとなくそのまんまにしておけたらいいなと夢見ている。

主な産業[編集]

かつては伊勢崎銘仙の製造が盛んだったものの、現在は主に自動車関連とパチンコ機器をを中心とする製造業が盛んである。ちなみにパチンコ店の数も多く、市民はパチンコ機器を作る一方でパチンコ店の売り上げにも貢献しており、北の将軍様への忠誠度はかなり高い。パチンコは中毒性があり、社会問題化しているがそのようなことは大したことではない(小泉談)。

公営ギャンブルとしてオートレース場がある。競馬競輪に比べて影が薄いオートレースは、まさに伊勢崎市の立場を象徴するかのごとくである。

創業地が伊勢崎市の企業

  • ベイシア - DQNにたまり場を提供しているスーパー。伊勢崎市があまりにも寂れてきた為本社を前橋市に移した。
  • カインズホーム - ベイシアグループ傘下のホームセンター。役割はほぼ同上。本部は高崎市だったが、最終的に群馬県から逃げ出すことに成功。埼玉県本庄市へ移転した。
  • まるか食品 - 伊勢崎発祥なんだよ知ってた?ペヤングソースやきそばと2人羽織でおなじみ。いい加減ペヤングソースやきそばに代るヒット商品を生みだしてほしい。ちなみにぺヤングとは「ペアでヤング」を略した言葉であり、従ってぺヤングソースやきそばの正式名称は「ペアでヤングなソースやきそば」となる。

名物料理[編集]

基本的に粉もんが多いだけで際立って特徴のある料理がないので、最近B級ゲリラグルメである、いちごシロップもんじゃなる料理を群馬県を代表するご当地不思議料理として、日本全土に無理やり売り込もうとしている。しかし「んなゲテモノ料理食うのは貴様らだけだ!」と他の町に住む群馬県民達に抗議されたため、一応見合わせている。

市の標語[編集]

いちごシロップもんじゃ食べないか

名所とか[編集]

  • スマーク - 不況の最中に建てられた自称北関東一の大きさを誇るショッピングモール。店員と客の態度が悪い。
  • 国定忠治の墓 - 賭博大好きな人のお墓。しかし小学生の社会科見学でしか行くことがないという。

関連項目[編集]

出身著名人[編集]

  • ミツル A ダーチ - 紛れもなく群馬県伊勢崎市出身。頭の固い辞典では、長い間千葉県松戸市在住と書かれていたが、本人が「何だそれ! 松戸市、一回しか行ったことねえよ! 何の情報だよ!」と笑って否定。その結果、なかったことになった。
  • ミスター・ポーゴ - プロレスラー。伊勢崎市を基盤とする県会議員の息子だったが、父の失脚後は周辺の人物に手のひらを返され不憫な少年時代を送った。プロレスラーとして隆盛を誇った頃「伊勢崎暗黒街計画」を実行し計画は成功。その後、市議会議員に立候補するが、計画の成功を恨む市民たちによって落選の憂き目に。ミツル A ダーチの自称友達。
Hiyoko.jpg この項目「伊勢崎市」は書きかけだよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。お願いしましたよ。 (Portal:スタブ)