仮面ライダーBLACK

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
海外安全情報
ウィキペディアの「仮面ライダーBLACK」周辺は治安が悪化しているため、渡航の延期をお勧めします。

仮面ライダーBLACK(かめんライダーブラァッ!)とは、ブラックボディブラックな芸風を披露する腹黒いヒーローである(「架空の存在」とされている)。

概要[編集]

悪の秘密結社というか宗教団体ゴルゴムに改造された倉田てつをこと南光太郎が正義の味方「仮面ライダーBLACK」として戦い続ける物語である。 ただし「てつを」が変身する事が原作者の石ノ森章太郎に知らされなかった為、原作者の逆鱗にふれたので平成ライダーにはカウントされていない.....ある意味カワイソッスな作品でもある。

主人公[編集]

倉田てつを[編集]

世紀王御尊顔
てつをの笑顔。

本名、南光太郎。主人公であるヒーロー仮面ライダー)。なんとなく日食の日に生まれたので親友の秋月信彦ともどもゴルゴムに改造されてしまう。しかし自分だけ脳改造前に信彦の父親によりチ検閲により削除丸出しのマッパで脱走に成功。

以降、町で事件が起きるたびに何でもかんでも「ゴルゴムの仕業だ!!」ときめつけ、犯人を蹴り殺す。

一年経ってゴルゴムを全滅させると、今度は裏次元帝国「クライシス」に捕まって処刑されてしまうが不思議な事が起こって復活。以降は全ての事件をクライシスのせいにするようになる。

  • BLACKは世紀王ブラックさんである(創世王の候補)。ということは心臓を抜かれて新しい巨大な心臓候補。復活時はグロいバッタの怪人であった。
  • 腰の変身ベルトから怪しげな光(キングストーンフラッシュ)を放ち、敵を失明させる。
  • あまりのアホな内容に原作者も石森章太郎から石ノ森章太郎に変更されている。
  • バカバカしい映画が2本作られたが、RXは映画化されない刑(短編映画は作られたが)に処された。

二年間ヒーローとして戦い続けた結果、日本で唯一「百体以上の怪人を直接殺害したうえ怪人ではない50億の人々を容赦なく虐殺」した大記録を達成。10人ライダーの立場は無い。

数十年後には何と本人が『仮面ライダーディケイド』の世界に出演することになった。門矢士(もやし)より目立っている。

今はステーキ屋である。快楽亭ブラックが足しげく通っているとか、いないとか。

倉田てつをの歌は「ギルの笛」「ジャイアン・リサイタル」並に不快で、「ミンメイの歌」「んちゃ砲」に並ぶ、伝説の三大音声兵器といわれている。この件に関して、当のてつをも少々は自覚していたようだ。

勿論この歌声は魔化魍にも有効であり、必殺の「音撃声・音痴炸裂」は何も使わなくとも装甲響鬼の鬼神覚声をも遥かに凌駕する威力を誇っている。

仮面ライダーBLACK[編集]

てつをの変身した姿。甲羅の合わせ目の筋肉がキモい。第一話では二段変身し、初段はバッタっぽい姿だったが二段目でアリっぽくなった。以後ずっとアリの姿。主題歌は、特撮主題歌オ○チ大賞という名誉ある賞を受賞した栄光の名曲である。

ゴルゴムからは「ブラックさん」とさんつけで呼ばれ慕われている。が途中から何でもかんでもゴルゴムの仕業にされ頭にきたためシャドームーンを除いた幹部からは「仮面ライダーブラック」と呼び捨てで呼ばれるようになった。

必殺技[編集]

バイタルチャージ→キングストーンフラッシュ
仮面ライダーとしては珍しい光線技。ポケモンショック二連発。テレビを見るときは部屋を明るくして、テレビから3メートルは離れて見やがって下さい。
バイタルチャージ中は界王拳ばりに全身強化され、更に回を増す毎に効果が底上げされていくチート能力。
ライダーキック
基本中の基本技だが、13話で突如威力が3倍になった上バイタルチャージでの強化もプラスされる外道キック。
こんなもんを延髄に叩き込んだ事もあった。
ライダーパンチ
蹴りだけじゃなく拳もイケるんだ、として放つ基本技だが、13話で以下略。
サタンサーベル
シャドームーンが持っているアレ。てつをも世紀王なので使用可能。
シャドームーンから奪って使った後、創世王のバリアを切り裂くため手元に召喚したが最後は投げ捨てた。ポイ捨て禁止ではないのか。

愛車[編集]

バトルホッパー
てつをのバイク。おしゃべりマシン。てつをいわく自分の仲間だそうだが、キモいデザインなので変身前には恥ずかしくて使えない。最終話でのざらしにされた。シャドームーンも使える。
『RX』でパワーアップしてアクロバッター(さらにてつをの変化に応じてロボイザーマックジャバー)になるが、やはりキモい。
ロードセクター
時速960キロで走る、人工知能搭載型ピザバイク。ゴルゴムの脱走した暇人作。
てつをいわく大事な友達。でも、『RX』の頃には忘れられている(いつもながら薄っぺらいてつをの友情である)。そのせいかシャドームーンにも使われている。
アタックシールドという攻撃するためなのか防御するためなのか、よう分からん物を後ろの荷台から展開することによって、てつをの体勢がスゴイことになる。
時速960キロというすさまじいスピードのため、カーブを曲がりきる事ができない。そのためか、直線しか走れない謎のピザバイクである。あと、ポケモンショックに反応して悶える

ゴルゴム[編集]

ライダーシリーズにお決まりの仮面の戦闘員も雇えない弱小虚弱な悪の組織。ヘルメットの軍服の戦闘員は映画と最後の方でちょっとだけ出ていた。
夕張市を乗っ取ってエコロジー都市建設を目論むなど、何がしたいのかは今一釈然としない。とは言え四国を空母にしようとするクライシス帝国に比べればまだマシかもしれない。
世紀王シャドームーンに頼りきりの役立たずの三神官しかブレインがいないため、怪人共のやることなすこと全て間抜けで町のチンピラレベルである。シャドームーン復活に全てを捧げていたが、三神官は復活を待たずに「てつを」から殴る蹴るの暴行を受け全員死亡している。
怪人が○○怪人(生物限定)というドツボでまんまな名前で初代ライダーより遥かにキモいことで有名。
ちなみに石ノ森章太郎御大が作詞した挿入歌『BLACK ACTION』はタイトルこそてつをのそれっぽいが実際はゴルゴムのテーマソングである。

創世王関係者[編集]

秋月信彦/月影ノブヒコ/世紀王シャドームーン
戦闘中に、路上に落ちていたエロ本を見つけたシャドームーンとRX
実の息子なのにパパに粗末に扱われ完全改造された悲しい子。もう一人の主人公・・・のはずだったが半年以上出番が無かった。そのため、中の人が逃亡。結果としてめったな事では変身解除が出来なくなってしまった。創世王の傀儡でしかない。ゴルゴムの幹部全員がてつをを「ブラック」と呼び捨てで呼び始めたあとでも、彼だけは「ブラックさん」とさんつけで呼んでいる。心臓を抜かれて新しい巨大な心臓候補。「仮面ライダーシャドー」と呼ばれたがっていた。中の人はシャワーシーンなどてつをとの関係はホモゲイである。
ゴルゴムに完全に改造され、機械技術も加えられている。そのためスペック上はてつをを上回っている最強の敵である……のはずなんだが、みょーに弱い。伝説の剣サタンサーベルを使っても弱い。結局ゴルゴムの首領の創世王にてつをを「親友殺す気かオラァ!」と脅してもらって、やっとてつをに勝てた。
その後、蘇生したてつをに逆襲されてピンチになる。最終話では盗んだバイクで走り出して事故り、倒れる。てつをに最後に黒澤映画の「用心棒」の真似をして見せたがネタが古くて通じなかった。そんなわけで「お前は親友を殺した事を一生後悔するがいい」とヤサグレ気味にガレキの下へ消えた。
『RX』で奇跡の復活を果たし、ロボライダー及びバイオライダーを破る圧倒的な強さを発揮。しかし、たった三話で死亡。二刀流シャドーセイバーも完備。今度はちよっとお花畑で綺麗な死に方。『仮面ライダーワールド』でも巨大化した(ウルトラシャドームーンに変身した)かませ。その意識は思念体となって残り2007年にある青年に取り付いた。ただし外見は銀色から金色になり、関西弁になってしまった。泣けるでッ!!仮面ライダーディケイドで執事の男に転職して後からやっと自分で変身できるようになったとさ・・・『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』『スーパーヒーロー大戦』で誰かはしらんが雑魚中間管理職で登場。
月光浴でアナザーRXになったり、更にてつをの大事なものを奪ってアナザーシャドームーンになれるとか大嘘をこいたりもしている。
剣聖ビルゲニア(演:吉田淳)
続編ではダスマダーになっていた甲冑魚ビルケニアの怪人。創世王に怒られて心臓を取られずに済んだが3万年も生きたままに入れられていた。途中からやばいくらい色白になった。世紀王ではないのにてつをより強い。劇場版ではてつをとバトルホッパーのタッグより強かった。設定上は素手でもてつをより強い。とにかく強い。(悪だけど)仮面ライダーになれなかった男。
信彦の変わりに人間にも変身し、悪のライダーのシャドームーンが専用バイクに乗らないのに自分は専用バイクヘルシューター・デスランナーに乗る。
てつをのことが好きで、てつをがピンチになると助けに来る。てつをが悲しむと困るので克美や君枝や杏子まで助けた。しかし、てつをに誤解され殴られ、蹴られ、深手を負わされた状態でシャドームーンと連戦し、自身が奪取したサタンサーベルで斬り殺された。
何気に仮面ライダー史上で一番不幸な人物。
創世王(声:渡部猛
ゴルゴム首領。ジャガイモ。でかい心臓。しかもこれが正体でないとうそぶく。ゴム製の心臓のように脈動する。寿命が尽きかけたので、新たな体の素材としててつをと信彦を選ぶ。5万年(50000年)も眠っている暇な奴。
心臓に似たジャガイモの癖にどこから声を出しているのかは謎である。
侍女マーラ・カーラ
シャドームーンのセクフレ兼メイドのようなもの。向こうは人間に変身できるが機動刑事ジバンにも似たようなのがいる。生き埋めになってしまった。

三神官[編集]

大神官ダロム(大怪人ダロム)(声:ボスガン)
てつをと信彦を改造したゴルゴムの三神官のリーダー。その改造方法とは19歳の美青年2人をタオル一枚にして自分は変な手袋をつけてビームを出しながら青年二人の体をニヤニヤしながら切り刻むというもの。ゲイのじじい。こいつがいなければ、てつをもいないのでゴルゴムとクライシスの抗争が勃発したことであろう。
天の石を信彦に与えて三葉虫になる。ダロム自身は人類を嫌ってたのに結果的に人類を救うこととなった。最後は自分が改造したてつをに蹴られて爆殺された。
やはりてつをは恩知らずであった。
三葉虫の怪人の癖に「人間の文明は全部海に流してしまえ」とほざいており、バラオムから海にすむ怪人はどうなるんだと言われたところ「怪人など所詮捨て石よ」と吐き捨てた。
この失言が無ければ鯨怪人も裏切らず、てつをも亡き者に出来たかもしれないと思うと「泣けるでぇ!」なんか割り込んできたな…。
先述の『レッツゴー仮面ライダー』でも脇役で登場。最後は岩石大首領が目覚めた際に発生した地割れに落ちた。飛べよ…。
『スーパーヒーロー大戦GP』でもショッカー幹部として登場し、スーパー1に蹴り殺された。この時は浮いていた。
バラオムをさがせ!
大神官バラオム(大怪人バラオム)(声:ザビタンの中の人及びガデゾーン)
血気盛んな巨体の大神官。海の石を信彦に与えてサーベルタイガーになる。性格は「アレ」で部下のウルトラマンに変身するハヤタシン(早田進)隊員(黒松英臣)を両手から出すショックビームで悶えさせていた(これは後にジャーク将軍が杖で代用)。続編では邪悪将軍になった。
最後はクジラ怪人の粘液まみれになって動けなくなり、てつをに蹴り殺された。何気にクロックアップを取得。
何気に空気で平成で復活したのは『仮面ライダー大戦』だけ。しかもモブ。
大神官ビシュム(大怪人ビシュム)(演:好井ひとみ
大神官の紅一点。左の顔は可愛いが右の顔は・・・。でも可愛い。信彦に地の石を渡して翼竜のようなハーピーになる。得意技は両目からの灼熱光球で敵を焼き尽くすこと。最後はてつを捕獲し信彦のシャドービームを浴びせようとするがてつをだけ生き残り純然たる無駄死にとなった。
同姓同名の別人(綺麗な顔)は仮面ライダーディケイド

その他のゴルゴムの凡人[編集]

黒松英臣
暗黒面に堕ちた光の巨人。頭頂眼鏡巨人よりマイナー。念願の怪人にすら変身できないかませ。色々活躍するが用済みで処刑された。
秋月総一郎
信彦の駄目親父。てつをと信彦をゴルゴムに捧げた。クモ怪人にやられたとか。
クジラ怪人
BLACKでのモグラ獣人。人間であることを忘れ、海ばかり見ていた。信彦にやられたてつをやバイクを蘇らせたりする便利な役。最後はトゲウオ怪人にムッコロされた。
クモ怪人
1話の怪人としては珍しく、複数個体が同時に出現した。コウモリとの差がひどい。
コウモリ怪人
後のゴオマさんである。
高山教授/シーラカンス怪人
女子大生大好きの変態。極度のシーラカンスマニアで無理矢理自分もそうなった。蹴飛ばされた。
改心して後に教師になり2000の技を持つ男の恩師になった。
孫はトッキュウ1号になった。
サイ怪人
自動車やバイクばかり襲う突撃屋。地味な雑魚だったが、イベント映画やゲームでの戦闘員化、更には仮面ライダーディケイドと、アポロガイストのパシリとはいえ、やたら出番が多い優遇ぶり。バトルホッパーは壊せず、蹴り飛ばされた。平成ではBLACK&RXの有り得ないダブルキックを喰らい爆死。
マンモス怪人
やっぱりマグロなんか食ってる奴はダメだな。
花輪園子/アネモネ怪人
幼女誘拐に性を上げた珍しい人間体の植物怪人。ダロムに嫌われムッコロされた。
高山裕子/ムカデ怪人
ビデオの中だけ美少女になれるが本性は萌えの欠片も無くグロい。蹴り飛ばされた。
ベニザケ怪人
仮面ライダーアマゾンのカニ獣人と双璧をなすうまそうな外見の怪人。こう見えて努力家で3万年もトレーニングをつんでいた。しかし改造人間になって数ヵ月のてつをにあっさり敗北し、努力で天才に勝てないことを証明してしまった。ダロムからは存在すら忘れられていた。
トゲウオ怪人
最早原型が全く無いただの半魚人。ゴルゴムを抜けようとしたヘタレ怪人を粛清する仕置き人。弱い奴にはとことん強く、強い奴にはかなわない典型的な下っ端体質。
テストロイド
バイク・デスランナーの失敗作と共に吹っ飛んだロボット。
U-BAROT
映画2作目に出てきた宣伝用の巨大ロボット。
ゴルゴム少年戦士
怪しげな人体実験で大人(20歳)なのに永久子供にされてしまった悲劇の少年仮面ライダー隊。当時の子供に恐怖とトラウマを植え付けた。

その他の凡人[編集]

紀田克美
シャドームーンの元セックスフレンド。彼が逃げたと思われ別の男とセックスしている。ゴルゴムのせいにしてアメリカに逃亡し以後戻らなかった。
秋月杏子
てつをのセックスフレンドでシャドームーンの実。テニヌ少女。てつをの激しいテクニックに昇天している。克美同様ゴルゴムのせいにしてアメリカに逃亡し以後戻らなかった。
滝竜介(演:京本政樹
滝和也の物真似の格好つけ。変身オタク。後にウルトラマンティガ仮面ライダーアギトでも主役より目立ちたがる病気。中の人のゴリ押しで元FBIとなり、サッカーで鍛えた中二病技リュウシュートを見せる。

原作コミック[編集]

『仮面ライダーBlack』(本名:バッタ人間)のタイトルで、週刊少年サンデーにて1987年第41号~1988年50号の間に連載された。信彦が自ら世界征服を企む、魔王が登場するなど実写版よりも更に腹黒さが増しており、ファンからは「『人造人間キカイダー』や『がんばれ!!ロボコン』以上だ!」と絶賛された。ストーリーも実写版とは異なる点が多く、実写版以上にやるせないラストは黒い波紋を呼んだ。メメタァ

評価[編集]

「とりあえずお察し下さい。」
仮面ライダーBLACK について、プロデューサー
「もうあいつ一人でいいんじゃないかな」
仮面ライダーBLACK について、仮面ライダースーパー1
「RXができたせいで、BLACKが弱く見える。だから、別の世界に変えてやったぜ!ヒャホー!」
仮面ライダーBLACK について、白倉伸一郎

関連項目[編集]


崩壊753.jpg 待て!貴様が今見ているこの項目『仮面ライダーBLACK』は仮面ライダーに関連した書きかけ項目だ。それが分かったら、その命、神に返せ! ハハハ…ボタン… 俺のボタンだ!! くっ!? 離せ! 俺はバウンティハンターの名護啓介だぞ!! (Portal:スタブ)