仙台駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「仙台駅」の項目を執筆しています。

仙台駅(せんだいえき)とは、政令指定都市だからか一応新幹線は通っているがそれ以外これといって特徴もない駅の一つである。

概要[編集]

21世紀の希望・仙台駅。

まぁ、別にこれといって特徴はないと思うんだが、とりあえず「牛タン通り」と「すし通り」がある。名前の通り、牛タンの専門店とすしの専門店がたくさんある通りである。なぜかすし通りのほうが人気があるようだ。ベロチューの象徴・牛タンは、仙台発祥(肉自体はオーストラリア産なので、仙台名物とは言えない)の、超ウマいメシである!それでも「牛タン通り」は寂れているようだ。どうやら仙台人の郷土愛は消え失せたみたい。信じてダチ連れて行ったら30分並んだぞチキショーメ。ちなみに、駅に隣接してる「エスパル」という専門店街は「仙台駅ビル」だと思ってたんだが、信夫駅にもあってワロタ。(←信夫駅のエスパルは、仙台による植民地化の象徴と言われている)…アレ?全然鉄道に関係ないことばかり書いてるような気がするのだが。すまん、うろ覚えで書いてたらこうなった。あとはみんなに任せたよ。

詳細[編集]

…って言われて登場したけど、異様に細かすぎるサイトがあったりするからなぁ。それに付け加えるならば、「北斗星」と「カシオペア」の発車時刻近くになると、ホームでカップ酒を煽るおっさんとパンパンに詰まったリュックを背負ってカメラをパシャパシャやっているデブヲタが出没しているけど、毎日よく飽きねえよなぁとか、屋上駐車場に上がる階段の小汚さと殺風景さは何とかならねえかとか、エスパルに地下改札口があるのはいいんだけど、同じ地下にある仙石線のホーム行くのに、地上ホーム、地上2階の連絡橋を通ってまた地下ってアホかとか、中央改札口前コンコースでは2か月に一回は必ず北海道物産展とNTTドコモの新機種展示会やってるけどそれしかやることねえのかとか、始発電車で仙台駅に着くと連絡橋でピクリとも動かず寝ぴーしている人がいるけど、いつからこの状態なんだろうとか、西口にも東口にも地下からパチンコ屋に直接入れる専用口があるギャンブルに優しい駅ですとか、そのくらいか?

モニュメント[編集]

改札正面にある伊達政宗の騎馬像は、待ち合わせの目印として広く利用されていたが、最近財政難から大崎(←大崎家の本拠地が伊達家の銅像かよ!)に売りに出されることが判明。待ち合わせできなくなる仙台駅利用者が多数発生すると危惧されているが、待ち合わせ時刻に家を出るならまだマシな仙台人にとってさして困りはしないかもしれない。

乗り入れ路線[編集]

JR東日本
仙台市地下鉄
  • 南北線 - 南北に走っている。
  • 東西線 - 東西に走っている。

関連項目[編集]