仙台貨物

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
株式会社仙台貨物
Sendai Express Co., Ltd.
仙台貨物の配送車
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 仙貨
本社所在地 日本
980-0862
宮城県仙台市青葉区川内天守台
設立 2001年9月1日
業種 陸運業
事業内容 貨物運送事業
資本金 2000万円
売上高 1723万円(2009年3月時)
従業員数 46人
決算期 3月20日

仙台貨物(せんだいかもつ)は宮城県仙台市に本社を置いていた運送業者。主に音楽ヴィジュアル系)関連の運送に携わる企業であった。通称は「仙貨」。2009年11月5日をもって倒産した。

概要[編集]

特別積合せ輸送を中心とする事業が主体であり、宅配便業者ではない。運輸省が公開している宅配便事業者の中に仙台貨物の名前が出ていないのはそのためである。

他社と異なり、創業当時からの方針として、音楽に関する運送にしか携わらないというスタンスを貫いていたため、請け負う仕事が極端に少なく、営業利益は著しく低かった。そのため、人件費をなるべく低く抑えることを目的として中国やペルーから出稼ぎに来ている外国人労働者を多く雇用していた。

音楽関連の運送しか請け負わないという頑固な企業方針だが、その仕事は迅速丁寧であると業界人からは評判が高く、全国規模でツアーを行うアーティストの機材運搬作業のほとんどは仙台貨物に委託されていた。また、2006年には創業5周年を記念してGLAYやPENICILLINといった著名なロックバンドから仙台貨物へ花が贈られており、会社入り口に飾られていたというエピソードもある。創業当時は主に営業活動によって開拓した企業からのみ仕事を請け負うことが多かったが、口コミで評判を聞いた企業からの仕事も増えていたようである。

車両[編集]

  • 仙台貨物で使用されているトラックのほとんどは三菱ふそうトラックである。そのほとんどが廃車寸前のものを競合他社から安価で買い取ったものである。
  • 荷台の扉にはドライバーの名前と顔写真が掲示されている。
    • 近年では、個人情報保護の観点から、廃止が検討されている。
  • かつてはJR貨物でも貨物列車の運行をしていたが、需要の低下によって早いうちに廃止された。

トラックの塗装[編集]

と黄色をベースカラーにした比較的目立つ配色である。荷台部分には会社名ロゴが配置されている。

作業服[編集]

仙台貨物の従業員は社長以下全社員が会社名ロゴ入りの真っ赤なつなぎを着用している。地元である仙台市では「赤いつなぎ=仙台貨物」というイメージが定着しつつあり、この作業服は企業のトレードマークとなっている。この奇抜なデザインの作業服を採用したのは、他の運送会社が着用している白や青のつなぎとは違うインパクトのある作業服で企業アピールを図るためである。また、この作業服は宮城県のローカルテレビ番組で、少ないコストで最大のパフォーマンス(=知名度アップ)を生み出した成功例として紹介された。

社内スローガン[編集]

  • エンターテインメント運送屋になれ
  • 癒しの宅配便

主な事件[編集]

全裸パフォーマンス事件[編集]

2008年8月、泥酔した仙台貨物の男性社員が公道で通行人に全裸を披露し、公然わいせつ罪で書類送検されるという事件があった。この時、たまたま週刊誌「FRIDAY」の記者が通りがかっており、事件のあった次の週に発刊された「FRIDAY」では「運送会社社員、夜中の全裸パフォーマンス」というタイトルの記事が写真つきで大きく掲載された。この事件を受けて日本武道館と日比谷野外大音楽堂は仙台貨物の出入りを禁止するという厳しい措置を講じた。その後日本武道館とは和解し、倒産前の最後の仕事を日本武道館で行った。

ゲイ発言事件[編集]

代表取締役社長が終礼にて「社員の合言葉は『ワン・モア・ゲイ』です」という旨の冗談を言ったところ、その発言がネット上に公開され、仙台貨物の社員は全員ゲイであると言われるようになってしまった。これを受けて一部の社員が会社を相手取り名誉毀損等を理由に訴訟を起こすまでの事態に発展した。この件は最終的に示談が成立し、訴訟は取り下げられた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「仙台貨物」の項目を執筆しています。
この項目「仙台貨物」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)