仙台市地下鉄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「仙台市地下鉄」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「仙台市地下鉄」の項目を執筆しています。


「東西線が完成すれば青葉城までイッツーじゃ。うれしいのう」
仙台市地下鉄 について、伊達政宗
「東西線の工事で歩道が狭くなっててメロブに行きづらい」
仙台市地下鉄 について、オタク


仙台市地下鉄は、仙台市交通局が運営する地下鉄である。公営地下鉄の伝統をしっかり踏襲している。仙台市民は「日本一高い運賃」だと吹聴しているが、埼玉県営地下鉄より安いのでガセネタである。

2015年、南北線に加え東西線も仲間入りした。これにより仙台市は全国唯一の地下鉄単路線から脱出することとなった。


概要[編集]

戦後の奇跡的な経済発展のおかげで国民皆が幸せのかぎりを享受し、まさに日本があげぽよだった昭和後期に話は遡る。

当時60万人都市でしかなかった仙台市だが、高度成長期から続く人口増加の勢いは衰えをみせることなく、仙台市の郊外という郊外に新興ニュータウンをポコポコ造成し続けていた。目的地へ移動するにも車かバス。仙台駅へ行くにも車かバス。もちろん、通勤するにも車かバスである。仙台市は交通量の増大に答えるべく縦横無尽に道路を拵えていくが、その一方で縦横に結んだ道路でひとたびエクストリーム・交通事故が開催されれば、ピタゴラスイッチの定理により、順調にエクストリーム・交通渋滞が同時開催され、末期には事故らなくても開催されるはめになった。 

その一方で仙台市電は利用者減少を理由に既に廃止されている。以上の通り車が増えて邪魔者扱いされたと見るのが妥当だろう。

この惨状を重く見た仙台市は「ハァ、んだば地下鉄さ造んべや!」と重い腰をあげ、市民を説得し地下鉄の建設を始めた。これが現在の南北線である。どうにか昭和天皇が生きている合間に八乙女駅まで路線は完成し、その2か月後に仙台市は泉市と合併し政令指定都市に移行、1994年には全線開通、2001年には100万人突破など、昭和時代には誰もが想像しなかったことが実現してしまった。

仙台市における地下鉄の存在は大きい。大雪だろうが大雨だろうが天候に左右されずに大量輸送を可能にした公共交通機関は仙台市の交通状態を改善し、現在の発展があるのも、仙台市地下鉄のおかげと言っても過言ではない。

だが、その代償はあまりにも大きすぎた。日本一高い地下鉄駅を生み出してしまったからである。まあ、予算だの利用者数だの失態だのごちゃごちゃ喧嘩せずに席を譲り、和やかな車内にいたしましょう。

南北線[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「仙台市地下鉄南北線」の項目を執筆しています。

最初につくられた路線。「ドアが閉まります、閉まるドアにご注意ください」と冗語法でアナウンスされるのが特徴。

泉中央駅
仙台の北の都。泉区の中心部。多摩センターにそっくりな駅である。でも、地下鉄が出来る前は市役所(現・区役所)のまわりは田んぼばかりであった。駅ビルがあったり大きい歩道橋があったり、仙台駅のパクリが所狭しとうずめいているが、しょせんは二番煎じである。ショボい。ユアテックスタジアム仙台の所在地なので、土日の泉中央駅は黄色に染まる。この駅は実に奇妙な構造で、1Fだと思っていたら実は地下階だった、ということもあり得る。なお、この駅は駅の構造物それ自体が駅ビル(付属品ではない)であるが、2階以上のテナントはお世辞にも洗練されているとは言い難い。
八乙女駅
八乙女エリア出身で最も有名な芸能人は勿論八乙女光である。昔はこの辺が泉市の中心部だったが今やパチンコ銀座である。駅前に愛隣町というどっかで聞いたことがあるような町があったが、深く考えてはいけない。ここら一体の地名が「八乙女」なので、一見すると雅な場所かと思いきや、大昔は刑場であったという場所である。霊が出るという噂も。
バスターミナルがあるが、その大半の便が仙台駅直通である。存在意義があるのだろうか?
黒松駅
南北線のなかでは一番地味な駅である。そもそも場所がどこにあるのかすらわからない。生協以外にはがたくさんある。ちなみに黒松(と北根)は青葉区だが、黒松駅は泉区北根黒松にある。まるで品川駅目黒駅である。あと数メートル南だったら青葉区に入れた。八乙女との間に真美沢という萌える地名があったが、住居表示というクソな制度のせいでお亡くなりになりました。谷底にあるので駅ホームには映画でありがちな「謎の光」が見受けられる。
旭ヶ丘駅
仙台駅にそっくりであるが、屋上に普通の信号と道路がある摩訶不思議な設計になっている。詳しくはストリートビューを見てくれ。住宅地がひしめく仙台市北部に鎮座する大規模公園(というか森)の台原森林公園の最寄り駅である。駅が公園の中央広場につながっており、公園から駅舎を見ると段差に駅が嵌り込んであることが把握できる。オレンジ駅舎。
近くには台原森林公園の他に仙台市科学館があるが、この駅が賑わうのは年に一度、みちのくYOSAKOIの日だけである。
台原駅
地味である。フリーフォールで町おこしをしているとかしていないとか。ブルマを販売していることで有名なMiyagi生協台原店、周辺地域と比較して格段に交通アクセスの悪いことで有名な東北労災病院があるが、お世辞にも歩いて行くには少々遠い。だが、バスで行こうとすると2時間に1本しかないのでやむを得ず歩かなければ行けない。
東日本大震災の衝撃によって台原駅以北が運行不能・当駅止まりとなった際にこの件が大々的に報道され、一夜で全国にこの駅が知れ渡ってしまった。
北仙台駅
北仙台と銘打っているが、泉区の住民に言わせれば中央仙台である(JR線もあるため)。元々このあたりが仙台市の北限だったが、今はどう見ても都心部である。一応、この駅から北側が郊外で南側が都心と言われているが、要するに仙山線が基準になっているだけのことで、北仙台とは何の関係もない。ここの駅前にある仙台北署は、なぜか作並温泉の奥まで管轄しているらしい。昔はJR北仙台駅も東は東照宮駅から西は奥新川駅まで管轄していたらしいが、愛子駅に大部分を持って行かれ、今や見る影もない。
もちろん本当の仙台市民に言わせれば「北仙台」で間違いない。そもそも仙台市内として認められるのは「北九番丁」が限界である。その証拠に青葉神社から北山にかけて寺社仏閣が多数存在するが、あれは伊達政宗公による開府以来、仙台の北側の守りを固める要塞として設置されたのである。北仙台駅の南側には「昭和町」があるが、つまり昭和時代になるまで何も無かった場所という意味である。北仙台=仙台の北限であり、それより北は「荒巻村」であって仙台市ではない。「北仙台」の南には東北大学雨宮キャンパス(農学部)や宮城教育大学付属学校や県立盲学校があるが、「空き地」に学校を作ったのがそのまま残ってしまっただけである。そして古い地図を見ると、仙山線の外側には陸軍射爆場と書かれている。大砲をぶっ放しても問題ないような場所であったことがうかがえる。交通局としては中山方面から来るバスのターミナルをこの駅にして、地下鉄に乗り換えてもらいたかったようだが、この乗り換え誘導策は見事に失敗した。地下鉄に乗り換えるよりもバスに乗ったまま仙台中心部へ行く方が楽で、時間的にも変わりなく、料金面では安く済むからである。
北口バスプールは西勝山線と女子商線青陵校線しか乗り入れていない悲惨な状況だったが、現在は川内駅方面への始発バスプールとして持ち直しているようだ。だが、宮城交通の本社はいつの間にか移転、赤いバスのターミナルとしての機能はもう皆無に等しくなってしまったし、挙げ句の果てには宮城県赤十字センターも取り壊され、一体北仙台はこの先どうなっていくのだろうか?
とはいえ、近年の高層マンション群の乱立により、人口自体は増えている。よって、駅の利用者も増えている・・・はずなのだが、増えているのは仙山線とバスだけで、肝心の地下鉄はお察し下さい
北四番丁駅
WUGの聖地であり、住宅街とオフィスビルが交錯する都心の駅。ランドマークは味の素。かつてはジブラルタ生命もあった。車内放送では「次は、北四番丁です。ザネクスタチュー・・・」とかなり省略されている。仙台市役所は、交通局最寄駅である北四番丁の存在が嫌いなのだろう。交通局行きは見事に当駅をスルーしているし。なお、定禅寺通りがイベントで通行止めとなる日は当駅経由となるが、交通局始発便は全便通過となる。
宮城交通の川内方面も当駅をスルーし、県庁市役所からわざわざ木町通一丁目に入ってから大学病院に抜ける。わけがわからないよ。
オンボロ映画館「仙台フォーラム」はここで降りるのが便利である。時々面白い映画もやってる。
勾当台公園駅
宮城県庁、仙台市役所、青葉区役所と、仙台お役所ビッグスリーの最寄り駅である。この駅の周辺には定禅寺通という大通りがあるが、実際は周辺に定禅寺という寺院は見あたらない。なぜだろう。
この駅の上にあるバス停は「県庁市役所(青葉区役所前)」という長ったらしい名前を付けられている。なお、仙台駅から勾当台公園周辺のお役所までアクセスする場合、地下鉄だと200円、バスは100円かかる。つまり、バスの方お察し下さい
広瀬通駅
広瀬通の東の端っこにある駅。河合塾仙台校だけのために設けられた駅。「一番町・中央通りはこちらです」と案内しているが、一番町に行くのにこの駅を使う人はあまりいないと思われる。青葉通一番町駅の方が近いし。仙台駅から広瀬通駅界隈は近いので、行くならば歩いたほうが得である。この駅が出来たせいで、仙台西道路は晩翠通から東に行けなくなってしまった。
仙台駅
東北地方最大で仙台市を代表するターミナル駅であり、北東北へ向かうなら必ず通過せねばならない駅である。JR東日本においては、乗車数は首都圏以外の駅では最多である。[テストに出るよ!]
地下鉄の仙台駅までは、JR仙台駅からバスプールまたはLoftを越えて行かなければいけない。JR仙石線のあおば通駅とも繋がっており、東西線ともここで繋がっている。
五橋駅
アイリスオーヤマの最寄駅。東北大と東北学院大のキャンパスが近く、運が良ければJDの集団に逢える。かつては市立病院が近くにあったので、昼間はジジババであふれていた。なお私立病院跡地には東北学院大の新しいキャンパスが出来る予定だが、それって夜遅くに幽霊が出るパターン?
愛宕橋駅
南北線の中で黒松駅の次に地味な駅。広瀬川が近い。五橋駅からの距離を考えると、駅を作る意味はあったのか?
河原町駅
東北新幹線からよく見えるツインタワーマンションの最寄り駅。迷宮・魔界として悪名高い若林区ダンションの入口である。そのせいか、仙台駅から3駅下車で、手ごろな家賃のボロアパートにありつける隠れスポットである。
長町一丁目駅
市立病院はここの近くに移転した。市内に流れる川では一番広い広瀬川に一番近い駅である。本当は広瀬橋駅になるはずだった。いや、八本松としてくれた方がありがたかった。三女・南高・二女が近いので、女子高生が非常に多くパラダイスな街である。特に、顔の二女が移転してきてくれたのは非常にうれしい。と思われたが、二女は二華に姿を変えて元の場所に戻ってしまった。ああ無情。地上への出入り口が、東北最大のエロゲメーカーに直結していたのは有名。
長町駅
JRの長町駅とはビミョーに離れており、周辺は一応副都心らしく高層ビルが多く立ち並ぶ。JR長町駅の東側はまっさらで広大なこの再開発地区であり、マンションやらスポーツ施設やらマクドナルドやらが進出してきているとはいえ、まだまだすべてを埋めるにいたっていない。バス乗換駅だが地下鉄からの乗り換えは結構不便(ちなみに北仙台駅、仙台駅も便利とは言い難い。便利なのはあおば通と地下鉄仙台の乗り換えだけである)。
長町南駅
おばちゃま御用達の巨大ショッピングセンター&太白区役所の最寄駅である。バスの乗り換えもここが便利。ここから先は、平日の日中は誰も乗っていないという、映画の心象風景でありがちな「誰も乗っていない電車」を実体験できる貴重なスポットである。
富沢駅
ハイキューの聖地。仙台市体育館でイベントがあるときだけ利用される駅。駅を降りると分譲地と遥か遠くの生協、そしてダルマ薬局が迎えてくれる。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

東西線[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「仙台市地下鉄東西線」の項目を執筆しています。

2015年12月6日に開業した日本最後の地下鉄と言われる路線。リニアモーターカーを採用したため、車両の規格の違いにより中央リニア以外のほかの路線との直通運転が不可能になってしまった。南無三

また、開業後も乗客数が検閲により削除お察し下さいである。

八木山動物公園駅
「日本一標高が高い地下鉄駅」という謎の称号を有する。仙台市が総力を上げて開発している東西線の終着駅なのだから、駅前はさぞ再開発で盛り上がっているのだろうという予想を仙台市民は持っているが、実際はまっ検閲により削除
再開発の結果、5階建ての駅ビルが完成したが、その1階はバスプールで、2階以上はすべて駐車場という税金の無駄遣いっぷりを披露したのは情けない。屋上の眺めは絶景なだけに、非常にもったいない。
青葉山駅
東北大学理系学部生・宮城教育大学生のためだけの駅。東北大学青葉山キャンパス内に設置された。
仙台駅から青葉山キャンパスまでとても遠い。仙台駅からここまでバスで通う学生は、片道9時間とありえないほど通学時間が掛かり[要出典]、また青葉山キャンパスは一般的な大学キャンパス像をはるかに上回る面積があり、その広大さは工学部から薬学部まで徒歩で21時間もかかるほどである[要出典]。(工学部生の中には自前の技術力を生かして原子力搭載の近未来型二輪車を作って、十数分で通っていたとか。ただし冬はお察し下さい)この青葉山キャンパスの南側にさらに農学部用の新キャンパスが作られているのだから、もはや途方に暮れるレベルである。熊に気をつけるように。こんなところへバスで通学していたのだから、地下鉄の駅が出来れば多少マシになるはず。
川内駅
東北大学文系学部生のためだけの駅。近くに公務員宿舎がある。九州新幹線肥薩おれんじ鉄道鹿児島本線への乗り換え連絡通路はなく、南方へ1200km以上歩くしかない。
国際センター駅
武道のメッカ、宮城県スポーツセンターを潰して作られる駅。仙台第二高校、尚絅高校にも近いが、高校生なんだから足腰を鍛えなさい。前述の青葉山キャンパスのバカでかさと比べ青葉山公園というしょぼい公園があるが、再開発によりこちらもバカでかくなる予定。美術館や博物館が近くにある。仙台城跡入口という副駅名があるが、ここから伊達政宗公の騎馬像まで登山するのはさすがに鬼畜じゃないか?!
大町西公園駅
いわゆる桜の名所である。「西公園の正式名称は桜ケ岡公園だぜ!」とドヤ顔する厨二病患者が多い(なお現在の正式名称は西公園である)。この駅を作るために市民プールがぶっ壊された。
青葉通一番町駅
「青葉山駅との混同防止のために、青葉通駅ではなくあおば通駅として開業させよう」という最大限の配慮をしたにも関わらず、こんな駅名になってしまったのはアホとしかいいようがない。青葉通りのシンボルたるケヤキを抜いて工事が進められた。駅完成後はケヤキを復元させるというが、はたして。仙台がお膝元の百貨店である藤崎前に直結した。
仙台駅
東北地方最大で仙台市を代表するターミナル駅であり、北東北へ向かうなら必ず通過せねばならない駅である。JR東日本においては、乗車数は首都圏以外の駅では最多である。[テストに出るよ!]
宮城野通駅
仙台駅東口にあり、機能的には新宿西口駅や立川南駅と同じポジションである。にも関わらず、駅から至近距離の仙石線仙台駅につながる地下通路とは直結しないあたり仙台市の地下空間政策の無能っぷりを垣間見ることができよう。宮城野原駅と紛らわしすぎる。アンパンマンが駅近くを徘徊するという。
RENBO -連坊- 駅
蓮舫参院議員が、連坊小路とかという、全然小路じゃない大通りの地下を視察。事業仕分けによって同駅はおろか東西線計画すら廃止に追い込まれると思われたが、忍空ファンの蓮舫は同駅を上記のように改称するよう見直すことで同計画の存続を認めた。設置には桐山一高には通いやすくなるのかな?
薬師堂駅
陸奥国分寺薬師堂という由緒ある名前から取った地名の駅である。とはいえ、何もない。太子堂とちょっと紛らわしい。
卸町駅
卸町の名所といえば、サンフェスタである。以上。
六丁の目駅
六丁目とも言う。周辺のバイパスは日本屈指の車線数を誇るらしい。近くにラノベ男たちの宴コーナーがガラス張りで道路や歩道から丸見えな本を売るならがある。あと産業道路にモスバーガーマクドナルドが向かい合ってる。
荒井駅
荒井萌の為の駅。仙台市はこの駅を水族館最寄駅と喧伝しているが、実際には仙石線中野栄駅のほうが近いのではないだろうか?肝心の駅前開発は大幅縮小により検閲により削除
Domokunyellownbackground.jpg この節はうろ覚えで書かれたものです
誰か、の代わりに僕の記憶の穴を埋めてください。(Portal:スタブ

関連[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「仙台市地下鉄」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)