今治市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「今治市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「今治市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「今治市」の項目を執筆しています。

今治市(いまばりし、いまばるし、こんじし)は、愛媛県東北部に位置する都市である。

世界有数のタオル産地であり、今治タオルは、数多の人民の鼻水あれな液体など、あらゆる体汁をぬぐい続けてきた輝かしい歴史を持つ。

概要[編集]

造船タオルの生産が盛んであり、大小の造船所や多数の海運業者が集積する世界屈指の海事都市となっている。

愛媛マンダリンパイレーツは、みかんの一種マンダリンと、中世に今治近海を拠点とし絶大な権力を誇示した村上水軍に由来するものであるが、「『パイレーツ』という語をつかうのはいかがなものか」「せめて『マンダリンマリナーズ』にすべきだ」「『だっちゅーの』を思い出して痛々しくなる」「千葉パイレーツのように万年最下位になったらどうする気だ」といった意見が出るほど、「海賊」という語に敏感に反応する島民が多い。一方鶴姫は公園バス祭りの名前にするほど大好きである。何にでもみかんと組み合わせる気風はいかにも愛媛県らしく、綿にみかんの繊維を織り交ぜた「みかんタオル」が開発されたほどである。

英雄猿飛佐助は、今治出身の山田阿鉄が「立川文庫」のなかで擬人化したことで、一躍有名となり、近年、ゲームや漫画に見受けられる美形種への品種改良が行われるきっかけを与えたとされている。忍者の里でもないのに、今治駅前に猿飛佐助像が設置されているのは、こういった経緯によるものである。

地理[編集]

愛媛県の東部、瀬戸内海に突き出た高縄半島の先端部に位置する東予最大の人口を誇る都市である。しかし、東予のなかでも極端に西に寄りすぎているため、県の出先機関である「今治地方局」が、西条市にある「西条地方局」に統合され、西条地方局が「東予地方局」となり今治地方局はその支局に降格されてしまうなど、東予の中心都市らしくない不甲斐ない一面をのぞかせている。

しかしながら、今治は瀬戸内海の要衝であり、急潮の猛り狂う来島(くるしま)海峡や、船がへし折れるほどの荒潮が渦巻く船折瀬戸など瀬戸内随一の難所が多くの船舶を待ち受けており、その急潮によって難破船が続出していたのである。今治や波止浜(はしはま)は、海峡を回避する風待ちの港として、造船業が盛んとなっていったのである。

歴史[編集]

古代には伊予国の国府が置かれ、大三島に鎮座する大山祇神社は伊予国の一宮となっており、今治一帯は東予のみならず伊予国の中心であったと考えられている。そのため後述するバリィさんはこの地を選んで降臨した。

藤堂高虎によって築かれた今治城は、呑吐樋(どんどび)[1]によって海水を堀に引き入れた海岸平城であり、海運都市・今治の象徴である。「どんどび」は地名にもなっており、その不可解な響きから今治の珍地名として観光客の頭を悩ませている。

明治の廃藩置県の際には、現在の愛媛県東部一帯を領域とした石鐵県の県庁所在地となったが、「伊予一国に県が2つもあるなんてずるい!」「四国なのに5県[2]とは何事だ!」と批判されたのみならず、高天原にかむづまります四国を司る神々の間からもいろいろな文句[3]が天から下され、このてんやわんやに乗じて獅子文六が四国独立を果たそうと挙兵したため、急遽石鐵県は神山県と統合され、県庁は松山に分捕られてしまった。

なお「今治」という地名は藤堂高虎が「じゃいつめるのか、でしょ!」といったことにちなんでいる。

経済[編集]

「伊予の大阪」と呼ばれるほど商業が盛んであり、桜井の漆器商人によって月賦(分割払い)が発案され、この先駆的な商法によって伊予商人の名は世に広まったのである。しかし、月賦払いを勧めてきた百貨店今治大丸では、顧客の月賦倒産によって百貨店自ら倒産の憂き目に遭っている。

海上交通の要地であることから海運業が盛んである。波方を中心に船のオーナーが多く、日本の外航船の3割を支配する。

造船売上高において、国内第一位を誇る「いまぞう」こと今治造船や、「焼き肉焼いても焼くな」「ほんとに宮殿で作ってる~」などの名言を残した日本食研の本社がある。KO宮殿工場はオーストリアベルヴェデーレ宮殿をイメージして造られているが、これは、中世ヨーロッパの宮殿で開かれた晩餐会が後世の食文化の向上につながったという理由からであり、決して単なる成金趣味というわけではない。 成金趣味といえば、市内には今治城以外にもを模した建築物が多く存在し、未だ戦国時代さながらの様相を醸し出している。

交通[編集]

しまなみ海道や瀬戸内航路が通じる今治は四国有数の交通都市と称される。多数の船舶が航行する来島海峡には、海上交通センターが設置され、潮流の方向によって通航経路を変更するという特殊な交通体系をとっており、素人の安易な航行はおすすめできない。もしこの海峡を単身突破しようとする強者がいるのであれば、無理には引き留めないが、万一非常事態に陥った場合は「海での事件事故は局番無しの118番まで」通報されたい。ただし、いたずら電話は御法度である。

高松宇和島を結ぶ予讃線は、今治に立ち寄るために西条 - 松山間において大きく北に迂回しており、西条・松山両市民に不評であった。そのため、西条 - 松山間に短絡線を建設する計画が浮上しており、今治市民を震え上がらせている。さらに、松山自動車道は今治に目もくれず、西条から桧皮峠を通って松山へいってしまい、焦りの色を隠せなかった今治市民はタオルでひたすら汗をぬぐうしか為す術がなかったが、西瀬戸自動車道(しまなみ海道)という切り札を手にした今治市民はタオルを振りかざして強気の姿勢を見せている。

名物[編集]

ヤキトリ[編集]

タオルの他にも、今治には様々な名物が存在しており、なかでもヤキトリが有名である。今治のヤキトリは鉄板焼きであり、「『』に始まり『せんざんき』(唐揚げ)に終わる」という独自の形式を備えている。

今治は全国やきとり連絡協議会(全や連)に加盟しているが、全や連に加盟する他地域が悪態をさらしており問題となっている。たとえば、室蘭では、鶏との区別がつかない頭の足りない住民が蔓延し、さいたま国の松山(愛媛の松山ではない)では、頭の固い人々が「豚を使っているのに焼き鳥と言うな!」と物議を醸しており、久留米にいたっては、鶏に飽きたらずなどの野鳥を乱獲して苦情が出るという散々な有様である。これに対して今治では一貫して鶏にこだわっており、独自性では他地域の追随を許していない。

は! か! た! の! 塩![編集]

市内のは! か! た! 島の工場で作られているは! か! た! の! 塩!!は広く世間に知られており、「は! か! た! の塩あめ!」や「は! か! た! の塩ラーメン」など派生商品も数多く出ている。

ただ、そのものは日本国外から運ばれた後、は! か! た! 島の工場で精製されるにすぎない[4]。内情を知ってしまうと悲しいばかりであるが、自然塩であることには変わりないので良しとする風潮がある。

バリィさん[編集]

バリィさん(通常時)。今治は今日も彼に護られている
2009年8月3日生まれ(と言われているが、単に現世で受肉した日であり、太古の昔より存在している神格説が最有力。だからこそ公式でも年齢は不明である)。生まれも育ちも焼き鳥の街、愛媛県今治市。トリの姿。
お前、真っ先に焼かれて食われるのではと思われがちだが、実は鳥(朱鷺)の神・トート神の眷属であるため、朱鷺が珍重される現代日本では焼き鳥にされる心配はない。頭に来島海峡大橋をイメージした(村上水軍由来の、瀬戸内海における主権を表す)クラウンをかぶり、タオル生地のハラマキをし手には船の形の財布(特注品)を持っている。趣味は、(今治に仇なす妖怪どもの)食べ歩きとハラマキコレクション。のんびりしており、怒ったことは一度しかない(その怒りのエネルギーで当時の太陽系第五惑星は粉々に砕け散り、同軌道上にアステロイドベルトが発生した)。そして、異様なハラマキ好きである[5]。これはトート神が自らの腰巻きをアレンジ、タオル生地にした際、その余った生地で作られたハラマキから自力で生まれたためと考えられる。
なお、公式ページでは「バリィさんは今治の産業、食、観光をモチーフに、どなたにも親しんでいただけるゆる〜いキャラクターです。バリィさんを知ってもらうだけで、地場産業が造船やタオルだということがわかり来島海峡大橋が有名だということが一目でわかるというのが最大の魅力です」と紹介されているが、これは敵の目を欺くための偽装工作である。実はバリィさんはこの地を古くから治める大山祇神へ遣わされた、多神教の神々による使者であり、来るべき一神教VS多神教のハルマゲドンに備えて今治近辺の古き神々の力を総結集する任を負っている。そのため、彼による自らのPRを決断したという時点で、今治市の最終戦争における旗幟は明らかにされている。一神教徒お得意のテロがこの地に及ばないか、懸念されている。あと、「辛いものが少し苦手」と引いてみせたところに、カレーで名を成した四国中央市・新居浜市の両雄、白石稔水樹奈々への意識が窺える。

脚注[編集]

  1. ^ 一見すると妖怪のような名前であるが、読んで字の如く「水を呑んだり吐いたりする樋」という意味である。
  2. ^ 明治6年までの四国は、名東・香川・石鐵・神山・高知の5県体制であった。しかし、石鐵・神山両県の統合と同時に、香川県が名東県に統合され、四国は3県体制になってしまった。その後、愛媛・高知2県体制を経て、現在の4県体制に落ち着くまでには、一悶着も二悶着もあった模様である。
  3. ^ 「愛比売だけ何故県二つ担当なんだ」(建依別さん談)「いや、あんたはまだいいでしょ、これからも残れるから。こっちは愛比売の県と統合されそう」(大宜都比売さん談)「……(既に大宜都比売に領域を乗っ取られました)」(飯依比古さん瀕死)などなど
  4. ^ 国外から運ばれた塩とは、海岸を閉ざして、天日によって干した結晶塩であり、製造塩ではなくあくまでも原料塩である。この原料塩を、伯方島、大三島、明浜の各工場で工場近くの海水で溶解し、ごみなどを取り除いた後、釜焚きして「伯方の塩」を製造している。
  5. ^ アメーバでのプロフィールより引用「宝くじがあたったら?→高級ハラマキゲット 自分へのご褒美は?→ハラマキとお酒 今一番欲しいものは?→良い素材のハラマキ あなたにとっての必需品はなに?→ハラマキと財布 ○○依存症です→ハラマキ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

この項目「今治市」は、執筆者が海賊の可能性もありますが、明らかに獲物不足です。アルミインゴット満載の貨物船に導いて下さる水先案内人を求めています。 (Portal:スタブ)