今日からヒットマン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「今日からヒットマン」の項目を執筆しています。

今日からヒットマン』(きょう -) は伝説的殺し屋二丁によって書かれた殺し屋マニュアルである。

概要[編集]

冒頭でも述べているとおり、伝説的殺し屋二丁によって書かれた殺し屋を目指す人間向けの書籍である。裏社会の実態が二丁が実際に関わった事例を元に書かれていることや、二丁自身がサラリーマンから殺し屋に転身したことなどから、業界内でもマニュアルとしての信頼性は高い。その反面、内容の反社会性がPTAなどの間で問題となっており、現在では有害図書指定を行う都道府県も増えている。

二丁[編集]

本名:稲葉十吉。元々は加工食品会社の平凡な営業マンだったが、初代二丁の銃撃現場に居合わせ、その最期を見届けたことをきっかけにこの裏社会に足を踏み入れる。コードネーム通り二丁拳銃[1]の使い手で、そのたぐいまれなる実力によってコンビニの業務を遂行し続けた生きた伝説。殺しのプロとして裏社会において大きく名の知れた存在であるが、警察などの目をかわすために身分を偽り、表向きはサラリーマンを続けている。最強の殺し屋であるが、初代二丁と違い股間のマグナムが仮性包茎でそまつなものであるという短所を持つ。

コンビニ[編集]

二丁が所属する全国的な犯罪組織。その業務内容から闇のコンビニエンスストアと呼ばれている。構成員は店員と呼ばれる。所属するヒットマンの階級は「影」「A級」「B級」と分けられており、影となった者は店員からも存在を封印される。

主な構成員[編集]

丸メガネ
二丁が所属する習志野支部の支店長。船橋支部合併後は船橋支部の支店長となる。基本的には優秀な人間だが巨乳が絡むと駄目な人になる。
キノコ頭
習志野支部ナンバー2。立場上多くの抗争に巻き込まれるが、そのすべての修羅場を生き延びてきた猛者。
キンパツ
二丁専属の部下。正式な店員ではないが伝説的殺し屋二丁にあこがれてる。コンビニに関わる様になったのは復讐のため。
ちなつ
二丁の愛人。元々は初代二丁の恋人だったが彼の死後は二丁の愛人となり、二丁のサポートをしている。二丁の妻とは友人関係にある。
初代二丁
コンビニ所属の殺し屋。裏社会で名をはせてきた凄腕だったが、裏切りにより瀕死の重傷を負ったため、二代目二丁に後を託し死去。彼のコードネームの由来は二代目とは違い二丁拳銃でなく、巨根をマグナムに見立てとされる逸話から。

スーマー[編集]

コンビニの対抗組織。正式名称はスーパーマーケット。相互不可侵協約のため戦争には至っていないが抗争は絶えない。

主な構成員[編集]

蜂の巣ジョニー
二丁と同じサラリーマンの殺し屋。表の仕事で二丁と争いになり二丁を殺害しようとしたが逆に二丁によって始末された。
不死のガイコツ
どんな怪我を負っても翌日には復讐に現れる不死身の殺し屋。二丁を追い詰めたが最後はコンビニからの増援により倒された。

ヒャッキン[編集]

コンビニの対抗組織。百万円均一で殺しを引き受ける新興組織。

主な構成員[編集]

アゴ
ヒャッキンの創設者。元はコンビニの店員だったが、丸メガネとの争いに敗れコンビニを去った。そのため、丸メガネの腹心の部下である二丁を狙っている。

注釈[編集]

  1. ^ そのうちの一方は初代二丁の形見であるコルト・ガバメント