今市市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

今市市(いまいちし)とは、いまいちだった市である。2006年に人口が1/3ながら、知名度は3倍以上だった日光市に編入と合併して、現在は日光市となっている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「今市市」の項目を執筆しています。

いまいちな概要[編集]

日光市といえば、ご存じ日光東照宮がある非常に有名な市ではあるが、今市市はこれといった観光地もなく、また宇都宮市にも隣接していたため、どうしてもいまいちな市であった。

いまいちな歴史[編集]

江戸時代には日光街道の宿場町でもあり、会津方面と日光へ分岐する要衝ではあったが、所詮中心街でもなく、いまいちだった。

  • 1890年 - 日光線が開通、今市駅が開業する。今市駅といえば7つある日光線の駅でも4位の利用客数という、いまいちな駅である。
  • 1929年 - 東武日光線下今市駅が開業する。鬼怒川方面に分岐する要衝の駅ではあるが、だからといって利用者が多いわけでもない、いまいちな駅である。
  • 1949年 - マグニチュード6クラス、震度6の地震(今市地震)が発生する。地震の多い日本にとってマグニチュード6といえばたまによくある程度の地震であり、これまたいまいちである。
  • 1954年 - いまいちな知名度の村を編入して、市制施行をするが、これも昭和の大合併によって誕生したよくある市の誕生である。
  • 2005年12月 - 小1女子殺害事件が発生する。こればかりはいつものことではないのだが、同年に起きた広島県での殺害事件のせいで、これまたいまいちなことになってしまった。
  • 2006年3月20日 - 知名度がいまいちな町村と、日光市で合併し、新たに日光市となる。日光市は、当時人口が一番多かった村である滝沢村(現在の滝沢市)の1/3ほどの1万8000人くらいしかなく、今市市はその3倍の約6万人もいたのだが、今市の知名度は日光市はおろか同じく合併した足尾銅山の足尾町や、鬼怒川温泉を擁する鬼怒川町藤原町にすら劣っており、いまいちな市にすることは許されなかった。このため、市名は日光市となったが、市役所は旧今市市役所に置くということになった。

いまいちな名産品[編集]

いまいちの水といったものがあるが、味は良いらしいもののどうしてもいまいちな気しかしない。

ゆかりのある有名人[編集]

  • 二宮尊徳・・・多くの小学校に置かれていることで有名な二宮金次郎のことで、晩年は今市を初めとした数多くの集落を救ってきた人であるが、大人になってからの尊徳も何気に凄い人ではある。しかし、大人達からの評価といえば、「歩きながら読書をするのはけしからん!」といったいまいちなものであり、尊徳としての実績はあまり知られていない。
  • 八木沢荘六・・・作新学園甲子園春夏連覇に導き、またロッテオリオンズで活躍、そして監督としても強かった名選手であるが、甲子園の決勝では赤痢のため出場できず、またロッテ自体もいまいちな球団であったことから、彼もまたいまいちな人物である。ちなみに彼の父は今市市長だった。

いまいちな関連項目[編集]

この項目「今市市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)