人材派遣

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

人材派遣(じんざいはけん)とは、1492年アメリカ大陸発見に端を発する民族大移動の総称である。この項目では、主としてアメリカにおける人材派遣の実情について記述する。

概要[編集]

人材派遣とは、主に労働市場における需要と供給の間に位置する仲介者の総称である。それまでは国同士で細々と派遣するのが通例だったが、大航海時代を境にその様相は一変してゆく。その内実は悪逆非道で正視に耐えがたく、実態に関しては吐き気を催すこともしばしばである。主として、1700年代から1800年代にかけてアメリカに派遣された労働者の事例は最悪で、何百万人におよぶ労働者が強制的に派遣された後、誰一人として故郷の土を踏むことはなかった。

アメリカにおける人材派遣[編集]

イギリスから独立した頃のアメリカにおいて、派遣労働者という言葉は人を表す言葉ではなく、まさに言葉の通じない動物のような意味合いを持っていた。それは、時代を経た後も変わることなく、派遣労働者=知的弱者、経済弱者と同意義であり、残念なことにそれは現在においても受け継がれている。特にひどかった1920年代は、交通機関やレストラン、トイレまで差別され、特にアメリカ南部各州においてそれは顕著だった。

また、人材派遣を行う組織は派遣元にも派遣先にも、トップには肌が白い人間しかいなかった。これには、派遣される労働者が本来持つべき選挙権や最低限の生活環境、経済面や衛生面での差別、そして、何よりも派遣労働者にとって、教育環境が著しく制限されていたことが大きかった。これらの派遣労働の実態が改善されるには、1960年代に入るまで待たなくてはいけない。

人材派遣の種類[編集]

人材派遣には以下の2種類ある。見た目には何も変わらないが、人道的扱いに大きな違いがあるので注意が必要である。

人材派遣の歴史[編集]

通常、アメリカの歴史において「人材派遣」、「派遣労働者」というときは、上述した時期に派遣された労働者を意味する。アフリカ出身者がほとんどを占めていたが、しかし、1900年代に入ると中国人や日本人なども出てくるようになる。彼らの場合、派遣元はそれぞれの国家が統括しており、派遣先であるカンパニーとの契約期間に応じて雇用期間を設定するなど、それほど過酷な扱いは受けていない。

しかし、制度が固まっていなかった初期においてその労働形態は悲惨の一言に尽き、雇用期間が死ぬまでという話が一般的であった。その内実はキリスト教にあるまじきろくでもないもので、家族丸ごと雇用した後、各地にバラバラに派遣して、その後二度と再開させなかったり、劣悪な環境で過労死しても、墓すら作らないなどのとんでもない状況だった。さすがに、その実態が徐々に明らかになるにつれ、これではいけないという声が大きくなっていき、最終的にアメリカという国を二分するほどの議論に発展していく。そのため、労働環境によっては逃亡する人材も多く、派遣される側の中には、見せしめのためにひどい拷問を脱走後に捕まった派遣労働者に行う者もいた。また、逃亡した人材を捕まえるためのハンターも存在し、まるで逃げ出した犬猫を捕まえるかのごとくに取り扱われていた。そんな南部の実態を明らかにしたのが、1851年に須藤の奥さんによって書かれた「アンクル・トムの小屋」である。

その結果、南北戦争が勃発、60万人が死亡。

その後、エイブラハム・リンカーンが派遣労働者を南部のくそったれどもから開放することに成功するも、見事に暗殺。そして、労働者派遣法は素晴らしいほど骨抜きにされる。一応、国によって保障されることになった派遣労働者だが、法律により生存権を認められていても、基本的には不況になったら首をきり、好況になっても低賃金でこき使うなど、ようは勝手に生きていけということを意味するだけの存在であり、まったく生活権を認められない存在になっただけだった。

・・・アメリカの話ですよ、一応

近代における人材派遣[編集]

その後、二つの世界大戦を契機に、アメリカが世界一の強国になった1960年代、派遣労働者にもある程度の保障がつくようになる。その流れをさらに強くしたのが、黒人に参政権を与えるよう訴えた公民権運動である。この頃になると、派遣労働者が動物だの知的弱者だの言う人間はあまりいなくなり(南部にはいた)、派遣労働者の中にも大学を卒業するような人材が大量に生まれていく。また、カンパニーの労働組合や外部団体、何よりも若者が積極的に発言し、社会の不正に対して抗議を繰り返していったことが大きい。日本はどうかは知らない。そして、派遣労働者が国会議員になることが当たり前になり、1980年代以降、国務大臣などに抜擢されるような知的エリートの人材が続々と出てくるようになる。彼らの存在は、昔、派遣元であった国との雇用関係を劇的に変化させた結果、2009年現在、アメリカの大統領は元派遣労働者である

日本については聞くな。

世界における派遣労働者の歴史[編集]

人材派遣は、人類の歴史において常に発生しており、多くの場合、抗争の結果として、派遣元と派遣先が決定される。中にはある民族のように、一都市丸ごとバビロンへ人材派遣という事例も存在する。これに対抗するのが、モンゴル人が開発した、派遣労働者にするのがめんどくさいから、一都市丸ごと首きりという荒療治である。前者と大きく違うのは、この場合、誰も文句を言わないということであり、前者のように数千年にわたって恨みの言葉を投げつけられるのに比べると実にさっぱりしている。

えげつないともいうが。

人材派遣の歴史は、常に人道との摩擦の歴史であり、中には非人道的な扱いから奮起し、独立。最後には皇帝になった例もいくつかある。日本にはない。また、地域によって様々な派遣労働者法が存在し、イスラム圏においては、派遣労働者は派遣先において家族のように厚遇され、決まった年数を勤め上げれば晴れて派遣労働者を卒業することが義務付けられていた。

ぶち壊したのはアメリカだが

また、大航海時代のアメリカ・アフリカのように、需要と供給の間に仲介組織が出てくる場合も存在し、人材派遣業である、ポルトガル・スペイン商人は、供給元と需給元の双方から莫大な利益を受けている。しかし、産業革命を契機にこの三角関係は徐々に崩壊していく。

派遣労働者の供給源[編集]

多くの者は誤解しているが、一般的に派遣労働者の供給源も同じ派遣労働者であり、イスラム教徒であった。もっとも、まさかアメリカでうちの人材がこんなひどい扱いを受けているとは思っていなかったことも確かだが。しかし、業者が莫大な金を供給元に落していく以上、供給元も派遣労働者の確保に躍起になるのは当然であり、そのため、何百万人もの人材を供給したアフリカは、最終的に人間のほうが不足する事態に陥る。その結果、アフリカはほとんどまるごとヨーロッパ列強の植民地となってしまう。なお、植民地時代は欧州では派遣労働者の解放が行われているため、もっぱら、労働者の搾取は現地で行われている。

つまり、調子こいて派遣ばかりしてたら自力が足りなくなって、大手に吸収合併されたってことだ

このように人材派遣は、世界経済が生み出した悲劇の温床と認識すべきである。

アメリカにおける人材派遣いろいろ[編集]

安い労働力[編集]

好・不景気に関わらず、企業において人件費はもっともお金がかかるものとして常に経費削減の対象となっている。それは、どんな時代であってもそうだった。18世紀前半のアメリカ南部では、広大な綿畑を管理する一部の管理人と何千人もの人材がアメとムチならぬ、無知とムチの関係でつながっており、人材は基本的に無給で働かされていた。

アメリカ経済の急速な発展には、こんな非人道的な理由がある。

なお、当時のアメリカにおいて、実際にカンパニーと契約している正社員のほうはというと、何にもない南部ではなく、それなりに産業の発達した北部の支社、もしくは海を越えたイギリスの本社にいる場合がほとんどであり、現場には派遣労働者しかいないこともあった。そんな場所では、派遣労働者が派遣労働者を酷使していたわけだが。なお、そんなろくでもない労働環境に人材をつなぎとめていたのが宗教、そしてである。

現在でも、当時をしのばせる歌が大量に残っており、ブルースやゴスペルなど、南部の人材を歌い上げた名曲は数多く存在する。仕事が楽しいなんて歌はまったくないけれど

モータリゼーションとの摩擦[編集]

1900年代に入ると、モータリゼーション(機械化)の発達により、派遣先が求める「高度に専門的なスキルを持った人材を短期間で効率よく調達しリーズナブルな費用でこちらの都合よく勤務してもらいたい」という要望をかなえる存在、すなわち「機械」が登場する。

そのため、多くの派遣労働者が職を離れることになる。また、1929年世界恐慌の際は、経済的不況によりさらに差別が悪化し、労働者へのリンチが多発することになる。それは、フランクリン・ルーズベルト大統領によるニューディール政策により、公共事業に大量の人材が向けられるまで続く。リンチの中でも特にKKKの悪名は高く、その差別は行き着くところまで行き着く。

派遣労働者による凶悪事件[編集]

1900年代初頭、人材を派遣される側は、人材にはまともな知恵はなく、神の名において劣等たる種族であるという言葉が大流行していた。また、マスコミもマスコミで、当たり前のように派遣労働者を不況や社会不安のスケープゴートにしていた。実際には、正社員による凶悪事件も多かったが、それ以上に派遣社員であった人間への記事を大きく取り扱っていた。社会的弱者としての地位が確立していた。

・・・日本じゃなく、アメリカの話です。

他国への広がり[編集]

人種差別撤廃という人材派遣ルールブックは、世界中に大きなムーブメントを生み出したが、中にはそれに大きく反抗する勢力も存在した。

その中で最も有名なのは、南アフリカ共和国であり、彼らの行っていたアパルトヘイト(人種隔離政策)である。

「派遣社員といえども顔もみたことも話したこともない人物を組織の内部に受け入れるヤツがどこにいるんだ」という話の結果、1990年代まで人材と正社員を徹底的に分けて考え、さらに、それに対抗する派遣を徹底的に弾圧した。そのため、長期間にわたって国際的にハブられ、ひどい目にあっていたが、中にはその豊富な鉱物資源に引かれ、こっそり交易をしていた国もいくつかある。

まぁ、それが日本なんだが

そのため、日本人は現地で、名誉白人と呼ばれていた。

その後、南アフリカでもかつての中間搾取によって過酷な労働を強いられてきた労働者の叫びとともに、正社員の側にも矛盾に対する疑問が膨らんだ結果、1991年にアパルトヘイトは撤廃され、1994年、ついに派遣社員の手によって社会のトップが決まるまでになる。

この件は、いかにして正社員が会社を対外的にも、内部においてもだめにしたかを詳細に説明している。つまり、外部からの忠告を聞き入れずに、特権階級のみ厚遇し、なおかつ、カリスマ的魅力を持つ有能な人物を30年近く閉所へ押し込めるというのは、まさに自壊して当然である。

なお、国連はこれらの事例を教訓に、差別が横行する実態について、長い間素知らぬ顔を示しつつもちまちまと指摘し、調子に乗っているとレッドカードの提示も辞さない方針である。

その他関連情報[編集]

派遣会社の性質[編集]

とにかく人を派遣することに全力投球し、国外に住む住民を越境してまで確保。船に積み込んでそのままアメリカに送るのが基本であり、何かトラブルが生じてもまるでなかったかように次の船を送る。今月は何人派遣したか?を組織内で競い合う軍隊的性質をもつ。

宗教[編集]

派遣会社には独自の宗教が存在する。何よりも、キリストの肌が黒い。これは「信仰さえしてれば天国へ行ける」などの理由で、土着宗教に固執する派遣社員を強制的に加入すべく、組織化された団体及びそのしくみのことである。

通称は「植民地化の先兵」と呼ばれる(すべての派遣会社が加盟しているわけではない)。

通常は、イエズス会などから来る命知らずの布教野郎どもが、無理やりにパンとワインを食わせた段階で強制加入となる。一部の派遣会社では、ずるがしこく最初の契約で大名をとりこにし、住民に布教した後、その住民を派遣社員として国外に連れ出すといったこともあった。豊臣秀吉にばれて、即国外退去となったが。

法律変更後の話[編集]

長年にわたって続けられた慣行であるため、生まれたときから契約社員という存在も珍しくなかった。そのため、南北戦争後に人材派遣の法律が変更になった後も、マトモな会社に派遣されていた連中は、このまま派遣社員でいたい、と懇願したという逸話もある。しかし、現実においてそんな会社は一握りであり、多くの派遣社員はその後、法律の抜け穴によるさらなる差別に苦しむこととなる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「人材派遣」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「奴隷貿易」の項目を執筆しています。