京都死バス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「京都市営バス」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「街宣車」の項目を執筆しています。
Troppy-R.png
この事業者はトロピカル連合構成事業者じゃゴルァ!!
車内では俺様が神、貴様はただの土砂じゃゴルァ!!
「着かぬなら●してしまえ京都死バス!!」
京都死バス について、織田信長

京都死バスは、ジョウト地方の観光需要喚起と一部市民の人権擁護のため、エンジュシティ自ら運営する絶叫マシーンである。トロピカル連合構成事業者の一つ。

車両[編集]

外観[編集]

通常の市営バスと異なるブラックカラーに、韓日友好、人権擁護法制定、天皇の政治利用反対などの文字が書かれた少し旧型のライドで、屋根の上にはさらなるスリルを追い求めるゲストのためにオープンの客席が設置されている。屋根上には大型のスピーカーも設置されている。

スピーカーからは解放歌や軍歌、昔をしのばせるアニメソングなどが流れ、周囲に死バスの接近を知らせる。

内部構造[編集]

内部は畳み敷きになっており、冬はこたつでみかんを食べながらのどかにスピードとスリルを楽しむことができる。らしい。天井には、「同じんですあなたとわたしの大切な」や、「断ち切ろう身近な差別をわたしから」「なくそう人権まもろう差別」「一部のきちがいを大切に」など有り難いお言葉が掲示されている。また、運転席にはビールが大量に転がっているが、運転手が飲んでいても決して気にしてはならない。かつては注射器が転がっていても同様であると言われていたが、大人の事情によりプリンセスラインにその座を譲っている。

運行地域[編集]

エンジュシティ市内ならどこでも見られるが、烏丸口などから乗り込むのが粋な死バスフリークとされる。

また、観光需要に応えるために、見かけ上は通常のバスと変わりないが、行き先はおろかダイヤさえ不明な幽霊バスが運行されており、これを見つけるためにフリークと一部マスゴミ関係者の間で、「ゴーストハンター」と呼ばれる専門の捜索チームが結成されている。だが、これはシュレーディンガーの猫と同様、こちらが観測しない限り存在せず、こちらが観測して初めて実在となるのである。

エンジュシティには他に京都バスというよそ者にとっては大変紛らわしいバス会社があるがこちらは、運転が少々荒い程度で接客はごく普通に出来るバス会社である。京都バスも死バスに大いに困らさせられてる。(洛北方面の死バスの赤字路線の押し詰攻撃改め強制移管とか)

ゴーストハンターたちの聖地[編集]

  • 京都駅前ターミナル 聖地度★★★★★
平日の立命館への通学輸送も休日の東山への観光輸送も全て拝めるため、ゴーストハンターにとって最大の聖地とされる。
  • 山越操車場 聖地度★★★
京都死バスの操車場の中ではかなり大規模な操車場なので何時間もはりこむゴーストハンターもいるらすぃ…。
  • 北野白梅町 聖地度★★★★
平日朝には203系統の変わり者や立命館輸送のほぼすべてを拝めるため、平日の出勤途中のサラリーマンもどきのハンターや休日参観翌日の為、貴重な平日ダイヤの日の代休日を過ごしている学生にとって楽園的な聖地である。
  • 中書島 聖地度★★★★
一応横大路車庫からの系統は全てここを通るため、81系統を中心に横大路の市バスを楽しむのにはうってつけの場所。
  • 北大路バスターミナル 聖地度★★★★★
北の市バスは殆どここを拠点にしている上に烏丸御殿の本拠地もここなので必然的に聖地となっている。
  • 国際会館駅前 聖地度★★
死バスと同時に心優しい京都バスも多く経由しているため、ある意味聖地。
  • 桂駅西口 聖地度★★★★★
死バスでは貴重なニュータウン輸送を拝める聖地。
  • 五条坂・祇園界隈 聖地度★★★★★
行楽シーズンにはかなりの臨時便が通過するため、見物である。ただし場所が場所、時期が時期なので往復の際の渋滞に注意せずに油断してくるとハンターの行く末は禁則事項です
  • 銀閣寺界隈 聖地度★★★★★
上に同じく。
まぁだいたいこんなもんでしょ。

路線[編集]

運行経路は大変複雑で、乗る際は事前に調べておかないと自分が行きたい所とはまったく別の場所に行ってしまうので注意が必要である(自分が使う系統が止まる停留所の場所を間違えた・循環バスを使う際行きたい方向とは逆方向のバスに乗ってしまった など)。しかし、乗り慣れてしまえばわざわざバス路線図を持たずに行きたい所に行くバスに乗れるようになれるという。

営業所[編集]

西賀茂営業所[編集]

  • 担当系統:直営…1・9・37・46系統、一番の敵委託…4・5・31・65・67・特37系統
  • 特徴…一番の敵に運転を任しているある意味、烏丸御殿より危なっかしい営業所である。また京都市バスにおいては直営の運転手がお察し下さいとされてるが、ここは烏丸御殿よりマシ。

烏丸御殿[編集]

  • 担当系統:トロピカル…北1・北3・北8・急行101・204・206系統
  • 特徴…下の特徴・職員の項目を見てお察し下さい

烏丸御殿のパシリの錦林出張所[編集]

  • 担当系統:直営…17・203・急行102系統
  • 特徴…影が薄い。…というのが本来のここの立場だったが地下鉄東西線が開通した1997年10月12日から状況が一転した。かわいそうなことに(悪い)噂の烏丸御殿のパシリに交通局の大人の事情によってさせられてしまった。でも大半のウテシの質は烏丸御殿と変わらない。
  • ついにどこかに委託されてしまうようだ。

梅津営業所[編集]

  • 担当系統:直営…3・27・32・80・急行100・201系統、第二の敵委託…特8・10・11・12・59・93・特93・M1系統、定期観光バス
  • 特徴…旧五条営業所の生まれ変わり。そういや醍醐の時は盛大なさよならが行われたのに、五条はひそかに姿を消しちまったんだ!?直営の態度はそこそこ良いが、逆に第二の敵委託(←危なっかしい)は態度が悪く、直営のほうがマシになりかけである。

苦情御殿[編集]

  • 担当系統:直営…202・205・207・208系統、第二の敵委託15・16・26・50・51・55・71・75系統
  • 特徴…京都市バスで最も儲かってる営業所。それほどのエリート営業所故に梅津営業所の路線の100系統がよく不法侵入することで有名。だが、それは梅津営業所の乗務員が休憩するためであって決して京都府警に通報してはいけない。もししちゃったら交通局側からゴラァされるかもしれない。

洛西営業所[編集]

  • ついに全路線が委託されてしまった。
  • 担当系統:阪急バス委託…28・69・91・特南1系統、近鉄バス委託…29・33・特33・70・73・西1・西2・臨西2・特西2・西3・特西3・西4・西5・臨西5・西6・西8系統
  • 特徴…マンションに囲まれてる以外何も無い。だってよその会社に完全に運転を任せっきりだからな。

横大路営業所[編集]

  • ついに全路線が委託されてしまった。
  • 担当系統:阪急バス委託…6・8・13・特13・臨13・18・特18・22・42・43・81・特81・南1・南2・特南2系統、西日本JRバス委託…19・20・78・特81(竹田駅東口~横大路車庫間の南5系統出庫のみ)・南5系統・100円循環バス、MK委託…84・臨南5・南3・南8系統
  • 特徴…京都死バスで最も赤字を叩き出してる営業所だが、その一方恵まれた営業所でもあった。はずだった。まずは81系統。この路線は言うまでも無く京福に似ている路面電車の代行バスであり現在でも中型の運行はあっても伏見区内では基幹路線としての存在である。なので動く記念碑とも言えなくもない。100円循環バス。これは市内中心部を反時計回りに走っており黒字が見込まれるはず。だった。しかし実際走らせてみると思いのほか赤字だったという。かわいそうに。
  • また京都死バスの中では最も冷遇されている最果ての営業所でもあり、ここ数年間のハイブリットノンステップ車導入ラッシュにおいても全く横大路には新車がやってこない。そんな営業所は他にも西賀茂・烏丸・錦林・洛西などいっぱいあるが、基本横大路に配属される新車は死バス全体からみると明らかな異端車ばかりである。まともに205系統などでも見られるのと同じ車種はツーステップ車や2084などの(横大路としては)新型ぐらいであり、辛うじて27系統やM1などで走ってるのと同じ型のエルガミオがいる以外は横大路オリジナルの車種ばかりである。
  • しかし2013年3月にはついにハイブリッド車が貴重な試作ノンステ2台とツーステ1台の犠牲の上で3台配置されるも、整理券車の一台(2687)はよく42などに入り新鮮な空気を届けてくれる


醍醐旧御殿[編集]

  • 1997年10月11日廃止。
  • 担当系統:80・特80・東1・東2・特東2・東3・東4・特東4・東5・東6・東8・東9・特東10・南6・南7系統
  • 特徴…
Troppy-R.png
この事業者はトロピカル連合構成事業者じゃゴルァ!!
車内では俺様が神、貴様はただの土砂じゃゴルァ!!
の宝庫。

京都死バス戦隊デコバスジャー[編集]

それは死バスを運営する母体、京都市交通局のHPに2012年6月、突如こんな知らせがやってきた。どうやら地球上のそれも京都市のどこかのバス会社のバスに戦隊ヒーローの力が宿ったという知らせである。そのため、DQNなどのマナーの悪い人民の敵が現れたら状況関係なく、それらのバスは戦隊ヒーローになるから注意して乗ってくれどすえ~~。という知らせであった。その後、京都バスや京阪バスでも徹底的に調査が行われたが、この民間2事業者では戦隊ヒーローバスは見つからなかった。という訳で市民から「あのかっこいい告知は全て市民を騙す為のトラップだったのか!?」というクレームが京都市役所や交通局本部に殺到。そんな中、6月9日、その時がやってくる。その日、京都市役所に謎のアジト的な空間が見つかり、市役所職員と居合わせた交通局職員が中を覗くと…ナント赤、黄、青、黄緑、ピンクのラインをまいた死バス5台がいるではないか!! これには無論、交通局職員も市役所職員も驚きすぎて気を失い、2人とも次に目を覚ました時は病院のベッドで寝てた時だったと証言している。見つかってしまったからには公に姿を現わさざるを得ないという訳で市役所前広場に堂々と登場。あまりに驚きすぎて過呼吸を起こしかけた門川市長も急いで記念式典を開催させた程である。あまりに急すぎたとはいえ、これを見た交通局は翌日の梅小路公園での交通局100周年フェスタの為の水族館シャトル臨時便にこの5台をフル稼働させるというイベント作戦を発動。翌日には交通局HPにさらにこんな告知が出た。それは今年の12月まで先日お知らせした戦隊ヒーローバスは西賀茂、烏丸、梅津、錦林、九条の各営業所の直営路線においてニシガモレッド、カラスマブルー、キンリンイエロー、クジョウグリーン、ウメヅピンクとしてお客様の命を第一に守る正義感の強いバスが走ります。どうぞ、これらの戦隊ヒーローバスに乗って京都市内の快適で安全が保障された移動をお楽しみください。という内容であった。という訳でニシガモレッド、カラスマブルー、キンリンイエロー、クジョウグリーン、ウメヅピンクの5台の戦隊達は12月31日までそれぞれの任務を果たすべく都大路を走り続ける。

  • 現在一部で新たにラクサイシルバーとヨコオオジゴールドとかいうのがいるとかどうとかで噂になっているらしい。特にヨコオオジゴールドに至っては京都市交通局の起源であり日本最初の電車の代行バスの81系統にしか投入されない模様である。やっぱ81系統サイコーby81系統の沿線民。また醍醐旧御殿での京阪バスの陰謀により駆り出された最強兵器「地下鉄東西線」により醍醐旧御殿が消滅し故郷から遠く離れた西賀茂に生き逃れてきて京阪バスや京都急行バスなどの敵陣への仕返しをする為に西賀茂にニシガモハッピー統領が居座っている。こちらはごく普通に9系統や37系統で走っている上に路線バス型戦隊ヒーローとして京都観光系のバラエティ番組で出演したことがあるため知名度は高い。しかしついに退位してしまったようだ。

特徴[編集]

禁則事項です保護条例に基づき公道で運行されるため、回転やひねりなどの派手な動きは構造上不可能であるが、交差点のど真ん中での停止、蛇行運転、急加速、急停止、ドリフト、ATM突入、スピンなどを見ることが出来る。また、ごく稀に電柱に禁則事項です

車庫での放置プレイや、ゲストをドアに挟んでの激走なども、みものである。四条通とかの渋滞の原因はたいてい車やタクシーではなくバス。

特に1997年まで存在した醍醐御殿は凄かったという(例えば東6系統のはずなのに特東10系統の放送テープだった、など。)。しかし醍醐御殿は交通局内の大人の事情によってあぼ〜んし、隠蔽工作として事故車ごと地下に埋められてしまった。今は御殿のごとき巨大なヤマダ電機とアルプラザが建っており、跡形もない。

1997年以降は、烏丸営業所が烏丸御殿に格上げされて早々に錦林を営業所から出張所に格下げさせた。特に死バスの中で荒々しいマネをする営業所といえば烏丸御殿である。

ファンクラブ[編集]

ファンクラブも存在し「九条の会」と呼ばれる。8月15日前後になると、戦後処理解決済みのはずの政府に毎年のように苦情を申し入れるため「苦情の会」とも呼ばれる。

なお名称が似ており間違えやすいが、「八条の会」はMKタクシーとツアーバスのファン、「十条の会」は任天堂信者、「七条の会」はカメラマニア、「四条の会」は阪急ファン、「三条の会」は京阪ファンである。JR東海マニアは「塩小路の会」であり、どうやら2011年ごろからの塩小路ブームの火付け役らしい。

職員[編集]

サングラス、パンチパーマなどの見た目からこわい人たちと誤解されることが良くあるが、実は、日々市民を「検閲により削除検閲により削除」することによって育まれた、差別と闘う優れた人権意識のある人たちである。そのため、ちょっとでも交通マナーの欠けている人に「ひっ●すぞワレェェェ!」といった温かい注意の言葉を投げかけてくれたり、五千円札以上の高額紙幣しか持ち合わせていない不届き者を、最寄りの営業所まで検閲により削除ることは日常茶飯事である。

また、幽霊バスを運行することは、職員の人権擁護活動の一環である。これは検閲により削除。また、年収はどのような職種であろうと検閲により削除万超が保障されている。これは、日本国憲法第25条に規定された生存権を確保するための措置である。これもまた職員の人権意識の向上に寄与しているものと思われる[要出典]。しかし、悪辣な権力の委託策動によって、職員の間で格差が生じ始めている[要出典]

関連項目[編集]


この項目「京都市営バス」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)