京成族

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
危険な名前の項目に注意:この項目によりご自身の何かを狂わせてしまった方は、専門の医療機関に相談してください。
佐倉市の覇権を巡って、京成族が国鉄と起こした戦争"サクラ大戦"の1シーン。国鉄千葉、現千葉動労鉄道の兵士から、缶詰の糧食の配給を受ける京成族の捕虜。多数の京成族兵士が病気と飢餓に苦しんだ。更迭されたり、退却できたりしたのは少数に過ぎず、約350名の兵士が、国鉄軍の捕虜となった。
「ずっと前から狙われていたんだ。危ないなと気付く度に、何度国鉄軍に援軍を求めた事か…。どこまで逃げてもかぎつけてやって来るんだよ。多分、国鉄軍も襲われただろうな…。」
京成族 について、ククル
「直ちに捕虜となった京成族を放せ。
さもないと森田の御霊をけしかけてバーベキューにするぞよ。」
京成族 について、ドラゾンビJR東日本千葉支社

京成族(けいせいぞく)とは、京成本線という鉄道路線沿いに生息する日本の人種である。

概要[編集]

主に彼らは、東京京成上野から、千葉県成田までを結ぶ、京成本線の沿線に住み着いている。しかし、性格・思想・容姿・発言・行動・感覚のすべてが、一般の人々とかけ離れていることが、彼らの大きな特徴である。そのため、京成上野駅のように、周辺から隔離されるといったケースも存在し、一種の社会問題にもなりつつある。

生態[編集]

彼らには、いくたびかの歴史の荒波を耐え忍んだユダヤ人に似た、力強さと強烈なアイデンティティがある。それは、京成上野駅に住み着く京成族による「♪重くよどんだ川の水に 四両の短い影映しながら 今日も走るよ京成線 低い鉄橋のその下には 埋もれたままの悲しみ眠る」という歌からも窺える。

また、首都圏の他の私鉄族に対し、一方的に敵意を持っている。例として以下のことがあげられる。

  • 小田急線が「周辺住民を配慮して」高架にしたことを蔑む
  • 西武線の「さらなる輸送力の強化の為」の複々線化に対して、目に涙を浮かべながら、指をくわえて眺める

しかしながら、東武東上線や伊勢崎線など、さいたま圏に向かう私鉄の民に対しては、最大限の哀れみを持って接する。

この微妙な関係から、横須賀市民所沢市民に対しては、逆に仲間意識が芽生えることもある。また、ヒルズ族・シロガネーゼを勝手にライバル視しているそうだが、見向きもされない。その割に、北総鉄道東葉高速鉄道千葉都市モノレール沿線住民には無意識に優越感を持っている。

こういった複雑な性格は、一般人の思考を逸脱しており、多くの人々が、彼らの行動に対して理解を示す可能性は、ほとんどない。

容姿に関しても、一般の人々とは大きくかけ離れている。万が一、彼らに遭遇した場合、その人はモンジャを吐く可能性が高いであろう。心臓の悪い人は、生息地帯に近づかない方がよい。あえて形容するならば、超サイヤ人のような格好をした人種である。

サクラ大戦[編集]

詳細は佐倉市#サクラ大戦を参照。

1960年代後半には、国鉄千葉支社(後の千葉動労鉄道)と佐倉市の覇権を巡る戦争"サクラ大戦"(佐倉大戦)が勃発した。国家の後ろ盾を受けた国鉄千葉支社に対し、当初いかなる後ろ盾も持たなかった京成族だったが、最終的には勝利をおさめた。

しかし近年になって、大戦中盤以降に、戦費調達に困窮した京成族側が極秘交渉を行い、偉大なる将軍様のポケットマネーが大量に資本投入されたことが判明した。

生息地帯[編集]