交通事故

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ友情が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
仮面ライダーもしばしば参加している。

交通事故(こうつうじこ)とは、自動車および道路を用いて行われるエクストリームスポーツである。

競技内容[編集]

このエクストリームスポーツは、自動車事故を起こし、どれだけの被害を出せるかを競うものである。気軽に参加出来るため、競技人口がとても多く、小規模なものなら全国各地でうんざりするほど行われている。また、大規模なものだとマスゴミがニュースとして報じる。

得点[編集]

主な得点は以下の通りである。

  • 死亡    死亡した人数×500(点)
  • 重体    重体になった人数×400(点)
  • 重傷    重傷を負った人数×250(点)
  • 軽傷    軽傷を負った人数×100(点)
  • 被害総額  10万円につき1点
  • 損害賠償  10万円につき1点

また、以下の場合はボーナスポイントが支給される。

  • 通行止め    普段の交通量×0.005(点)
  • リコール隠し  1件につき500点
  • 報道時間    1分につき10点

車の壊れ具合、遺体の損傷の度合い、近隣トラブルなど詳細な得点は交通事故審議会によって決められる。

記憶に残る名勝負[編集]

日本坂トンネル事故[編集]

1970年代に起きた事故で、170台近くの夢と希望が詰まった輸送機器を灰にし、多数の人が人生を終わらせた。通行止めのボーナスポイントで、他を圧倒する。ちなみにこの事故でプロ野球の試合が中止になったらしい。

東海北陸道正面衝突事故[編集]

倒壊北陸道で起きた正面衝突事故で、7人の人生が空の彼方に消え去った。糞トラックのせいである。

関越自動車道高速バス防音壁衝突事故[編集]

居眠り運転のツアーバスが防音壁に衝突し左側座席の10列目付近まで突き刺さった。 7人が一足先に夢がかなう場所へ旅立ち、旅客運賃と安全は比例すると知らしめた。

関越自動車道追突炎上事故[編集]

パンクのため追い越し車線に停車していたトラックを避けきれずミニバンが激突。 ミニバンに乗っていた6人が亡くなり、5人はその場で荼毘に付された。

競技の例[編集]

  • センターラインをはみだして、対向車に突っ込む。
  • 前の車に容赦無く突っ込む。
  • ガードレールに突っ込む。
  • 建物に突っ込む。
  • ボケた相方に突っ込む。

関連性の高い競技[編集]

飲酒運転と密接な関係がある。現在では統合すべきとの声が高まっているが、現在統合の目処は立っていない。これは飲酒運転が急速に衰退しているからだと思われる。

関連項目[編集]