井端弘和

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

井端弘和(イバたひろかず)とは、荒木井端のショート担当。落合監督によって時たまポジションチェンジされるという事実は無視される模様。

プレイヤーとして[編集]

荒木井端のイバとして知られる井端弘和は基本的にはショート担当である。その守備の堅実さはトップクラスでありGGの常連だった。また打撃のほうでも性格が見えると評判の粘っこい打撃で敵投手からは嫌われている。

腐った方面の人の設定とは異なり、実は入団当初から名手であり、実際福留がショートに見切りを付けられると即レギュラーに定着している。まあノムさんに目をつけられて堀越学園に入学を勧められるだけのものはあったのである。

野球人として[編集]

プレイヤーとしての圧倒的な実力を背景に、契約更改では福留の名言「誠意は言葉より金額」の精神に則り自身の打撃にも通じる一流の銭闘士っぷりを毎年見せつけた。だが怪我や視力低下で成績が低迷し、ついに2013年オフに落合GMにより88%減俸を突き付けられると即座に宿敵巨人の元へと出奔した。こうして荒木井端は解散することとなったのだが、感傷的な荒木と比べれば井端のほうは割り切っている模様である。

私生活[編集]

  • 実はおっちょこちょいで派手好き
  • ギャグの名手・川相コーチの回収も仕事
  • 妻は河野明子
  • 最近は荒木を放っておいて坂本勇人と浮気している
  • 趣味は競艇
  • 好きな飲み物はホット青汁
  • 名探偵コナンを見るのがが好きでアニメの途中で誰が犯人か分かりつつあるらしい

関連項目[編集]