五日市線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

五日市線(いつかいちせん)とは、JR東日本の運営する最も存在意義の感じられない路線のことである。五日市という名前通り、「市場が開かれる日」にしか運行しないという現代ではとても希少な路線なのだ。

概要[編集]

五日市駅に来る列車。非常に貴重な写真といえる。

五日市線は、元々山奥に住む原住民がに降りるために造られた路線だった。五日ごとの市場開放の日に合わせて、毎朝三本、夕方三本の列車を走らせた。 今でこそ五日市線の結んだ山奥にも住宅地や商業地が形成され、立派な鉄道へと成長したものの、未だに五日ごとの運行を行っている。都会派路線も乗り入れに来るが、 五日に一日なのでのこりの四日間は拝島どまりになってしまう。

沿線[編集]

立川からもう一つの山奥路線を通り、拝島を通る。大抵の列車はここまでしか行けず、5日にいっぺんの時のみ直通を始める。 駅の名前は敷設後に勝手に名づけられたが、それにしても熊川秋川である。これでさえこの路線の田舎っぽさを物語っているのである。 ここからこの地域に大切なだけに名づけられた病院前駅、家が一向に増えないのを心配し名づけられた増戸駅、そして五日市に行くための五日市駅と続くのである。[1]昔は岩井という方面にも鉄道は伸びていたが、ただでさえ利用することがないのにあっても困るとされ、すぐに廃止となってしまった。

歴史[編集]

もともとの敷設を行ったのは五日市鉄道という会社。「田舎に鉄道を」という信条のもと、五日市と呼ばれる地域まで線路を引き、鉄道を開業させた。しかしこれだけでは帳簿が真っ赤になってしまうと、今度は南武鉄道というまた古クサそうな会社に引き取ってもらった。その後、国からの魔の手によって勝手に買われてしまった。しかし運行系統や時刻表にテコ入れをしなかった(手抜き)ため、五日にいっぺんという時刻表はそのまま残ってしまったのである。その際、青梅線に列車を引き込み、青梅線の支線という形で折り合いをつけた。これでますますのこと細々とした経営ばかりとなってしまうのである。

また、五日市鉄道は近代化(笑)の一環として運行距離をキロメートルでなくマイルで示した。ところがこれが見事に引っかかってしまい、国鉄から「こりゃマイル」と懐も心も寒くなるダジャレを頂いてしまったのであった。無駄にはなったが、明治のころの西洋人かぶれの醜さがよくわかってしまう。

利用価値[編集]

それほどない。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「五日市線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)
  1. ^ 旧名称で紹介しているのは気にしないで下さい。