二百十日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

二百十日(にひゃくとおか)とは、1年を通じて最凶の災厄日の事である。

概要[編集]

二百十日(にひゃくとおか 英称Two hundred and ten days after the beginning of spring (直訳:春の始まりから210日後) / The next day after the last day of summer vacation (直訳:夏休み最終日の翌日))は、立春を起算日として210日目の日である。日付としては、9月1日前後であり、多くの地域で夏休みが終わり、始業式となる。統計的に、二百十日(にひゃくとおか)の死者(自殺者を含む)は、特に多い傾向が読み取れる。

雑節のひとつとしての二百十日[編集]

  • 貞享暦説に於いては、一老漁夫が「(立春を起算日として)210日目の今日は大暴風雨になる可能性が高いから舟を出すのはやめた方が良い」と教えた。
これがはたしてその通りになり、その後も注意していると確かに210日頃は天気が荒れる事がわかり、貞享暦に書き入れた。
これが、暦学者渋川春海が貞享暦を編んだ際、「二百十日」を初めて採用した由来である。
  • しかし、暴風雨や台風で、「学校を休める」という2017年の今日(こんにち)に於いては、むしろ、天気が荒れるほど喜ばしくなってきた。
天も、それを見越しての事か、台風襲来の山にはさまれ、二百十日ごろの台風はむしろ少なくなる傾向にある。

防災の日としての二百十日[編集]

  • かつて、関東大震災が9月1日に発生し、甚大な被害が生じた事を由来とする。
9月1日が「防災の日」と制定されたのは、1960年(昭和35年)6月17日閣議了解によるものであり、その根拠として、二百十日と関東大震災が挙げられている。
ちなみに、関東大震災が発生した1923年の二百十日は、9月2日である。
しかし、その後、カレンダーに、(9月1日:防災の日,二百十日)と書かれることが多かった事から、まとめられる事と成った。

三大厄日としての二百十日[編集]

  • 二百十日は、厄日の筆頭であるが、残る2つは、二百二十日と八朔である。
台風襲来などの自然災害は、二百二十日の方がむしろ多い。
八朔は、三大厄日として数えられているものの祭りの日でも有り、必ずしも厄日とは言いがたい。
  • 二百十日が、土曜日、日曜日の場合は、その厄日の効果は、それぞれ、翌々日、翌日へ、繰越となる。
しかし、二百十日が、月曜日の場合は、その厄日の効果は、更なる猛威を振るう。

文学作品と二百十日[編集]

  • 『二百十日』は、夏目漱石の小説である。
全体的に会話に終始する形式で構成されている。
主人公 圭さんは、二百十日に阿蘇山登頂を試みたものの、嵐がひどくて断念した。
作中では9月2日が二百十日であり、その日付から作中年は1906年と考えられる。
  • 『風〔の〕又三郎』は、宮沢賢治の小説である。
9月1日(木曜):変わった姿の転校生高田三郎が現れた。「伝説の風の精、風の又三郎」だと思う。
9月12日(月曜):先生から三郎が前日に転校して学校から去ったことを知らされる。
即ち、二百十日から二百二十日の、わずかな期間のみ在籍した。やはり、「伝説の風の精、風の又三郎」だったに違い無い。
正式な作品名は、賢治自身が書き残した創作メモなどでは「風野又三郎」であり、自ら「風の又三郎」と書いたものは現存しない。
現在の全集の最新版である「【新】校本宮澤賢治全集」(筑摩書房、1996年)では「風〔の〕又三郎」と、タイトルに校訂部分を表す〔〕が入っている。
この記事での紹介は、そのタイトルに倣った。


関連項目[編集]