二岡智宏

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「二岡智宏」の項目を執筆しています。

二岡 智宏(におか ともひろ、1976年4月29日 - )は北海道日本ハムファイターズ所属の元プロ野球選手。ポジションは内野手(主にショート)。所属する日本ハムのファンだけには留まらない人気を見せている希有な選手である。

経歴[編集]

高校時代は野球の名門である広陵高校に所属し、幼馴染である福原忍(現阪神タイガース)との2枚看板で高校野球ファンを熱狂させるが、惜しくも県大会で、後に移籍問題に揺れる中で「カープが大好きなんで・・・」と涙ながらにカープ愛を見せて漢を上げた広島の主砲・新井貴浩(・・・現阪神タイガース)擁する広島県立工業高校に敗れ甲子園出場を逃している。 その後、近畿大学へ進学。後輩には林威助(現阪神タイガース)や水泳の寺川綾などがいる。同じ頃、近くの大阪体育大学には上原浩治がいた。

プロ入りに際しては、争奪戦の末、周囲の予想通り広島東洋カープへ入団、直後に広島から金銭トレードといったプロ野球界ではよくあるオーソドックスな流れで読売ジャイアンツへの入団をキメている。ちなみにこの年、二岡は巨人のドラフト2位扱いになっているが、巨人が1位指名をしたのは前途の大学に上原浩治であった。

入団から長らく生え抜きの選手(?)として巨人でプレーするも、近年相次ぐ怪我に悩まされ、また若手の成長株坂本らの台頭や下記のスキャンダル等もあり、放出された。

放出後、怪我もありしばらくはろくな活躍はしていなかったが知名度もあり人気は上々。 なにより交流戦で会った原監督が「二岡笑顔が増えたねぇ!」と驚くほど明るくなる。若返った、とすら言われることも。

あれ?案外勝ち組なんじゃねえ?

最近一番燃える相手は例のあのチームだとか。

出場機会が減少した2013年,現役を引退。

五反田の9800円[編集]

野球には阪神甲子園球場や神宮球場など聖地と呼ばれる球場がいくつか存在するが、東京品川区の五反田にもそんな聖地の1つがあるとされている。二岡はこの場所で広島の山本(永久欠番じゃない方)と熱戦を繰り広げたとされ、スポーツ新聞各紙は元より週刊誌にまで特集が組まれる程の話題となった。

ただし試合の内容についての詳細は一切不明で、彼がこの日何本放ったのか?或いは空振りに終わったのか?転がしてしまったのか?振り逃げでも決めたのか?など、それを知る者は当事者を除いては存在しない(世間での評価は概ね「エラーだった」で一致している)。

従って「普段東京ドームを使用している二岡がこの日に限っては○○ドームを使用した」だの「背番号の『7』は、二岡の『2』と五反田の『5』に因んでいる」だのと言う話は根拠のない噂で真実ではない。

しかし「9800円」と言った五反田の響きからすればリーズナブルな感覚のする金銭が動いた事は確かな様で、広島出身であるのにも関わらず「五反田」、2億近い給料を貰っているのにも関わらず「9800円」などといった愛称で親しまれているのは、この日の実績を称えたものであるとされている。

東日本大震災の200万円[編集]

年棒が7200万円に下がったにも関わらず、 2011年ファイターズ選手会が被災者への募金を実施する前に、日本赤十字社を通じて200万円を寄付している。

背番号[編集]

交通事故死した父の命日である「7」番を嫌い、移籍時は7番以外を希望する。 球団側の判断により、「23」番となる。二岡が実施していた「二岡ボックス23試合」かどうかは定かではない。


チャリティシート[編集]

例のあのチームが許可して実施された二岡ボックスは、札幌ドームでも静かにチャリティシートという別の形で偉業となったが、知らないファンが多い。 そのため、北海道ではDHまたは代打で使える選手或いは9800円としての認知度が高い。

それでも、「ジンギスカン」が好きな「北の国から」のあたたかい「愛」によって、 移籍前のファームでの罵詈雑言を浴びることもなく、 今でも根強いファンが多いため、北海道に移住してからは「品がある」選手生活を続けている。

例のあのチームには、今も二岡ボックスを継承する選手が居ないため、 移籍前のチームのファンの中にも、二岡ボックスの復活を望む声が聞こえてくるが、 会長の金銭主義によりかき消されている。

毎年札幌ドームでは二岡選手の写真が描かれている柱の前で、例のあのチーム系列のテレビ局が「愛は地球を救う」と連呼しながら、募金を呼びかけている。

プレースタイル[編集]

  • 身体能力に優れ、走攻酒三拍子揃った大型内野手として2008年は選手会長を務めるまでに至っている。
  • 右方向への打球を得意としている。特に東京ドームの右中間最前列に飛びこむホームランは芸術的。
  • 実況パワフルプロ野球における二岡の能力査定であるDBDBDは、tanisigeのFBFBBと並び色遣いが奇麗な能力値とされている。
  • 満塁ホームランは、2011年でも目にすることができる。

関連項目[編集]


ExSport.png この項目「二岡智宏」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)