事業仕分け

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイが必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

事業仕分け(じぎょうしわ-)とは、国と政府という公的な機関によって認められた公開SMショーである。なお、構成員に関しては仕分け人を参照のこと。

概要[編集]

「事業仕分け」では、公的によって認められた仕分け人(サディスティック集団)と、税金の無駄遣いを名目に呼び出された関係者(マゾヒスト集団)を一堂に集め、徹底的に辱め、いたぶることによって相手を組み伏せる新手の税金回収方法である。

種類[編集]

  • 言葉攻め
  • 辱め
  • 虐げられている様子をメディアで公開
  • 予算を奪い取る
  • 悶絶

方法[編集]

仕分け人、メディア関係者、一般市民の集合した会場に関係者を集め、徹底的に詰問することから始まる。質問に正しく答えなかったり説明があいまいだと、さらになじられ、運が良くて予算の一部はぎ取り、最悪の場合廃止となり、関係者は悶死し、関係事業は廃止され、その事業に頼っていた業者や一般国民も不当に虐げられる可能性のある大変リスクの高いイベントであり、ある意味エクストリーム・スポーツに通じているところがある。

救済[編集]

悶死する関係者があまりにも多いため、国が救いの手を差し伸べることがしばしばだが、それに対して今度は民主党支持者と一般国民が徹底的に批判することから、事業関係者は国民全体から徹底的にいたぶられる、マゾヒストにとってはこの上ない快楽を味わうことができる。

関連項目[編集]