予讃線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「予讃線」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「内子線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「予讃線」の項目を執筆しています。

予讃線(よさんせん)とは、さぬきうどん王国の首都からポンジュースを通り、uwa島へ至る路線。全区間がJR香川の営業路線。

概要[編集]

その名の通り、JR香川の予算はこの路線に集中する。JR香川の収入の実に99.9%はこの路線と瀬戸大橋線に集中するのだ。つまり、この2線以外はいわゆるお荷物である。

しかし瀬戸大橋線と大きく異なるのは、18キッパーらによるエクストリームスポーツが行われないことだ。全てはJR香川の陰謀のためだ。

沿線風景と特徴[編集]

高松 - 坂出 - 宇多津 - 多度津[編集]

この区間はJR香川の最高傑作である。四国としては珍しく気動車ではなく電車が走り、さらに全区間が複線である。ただし、所詮四国、いや、死国。配置間隔のおかしい木枕木の上を最高83.3khyde/hで走るため、乗り心地は本州の電車と比べ物にならないほど悪い。さらに、沿線の踏切には遮断機警報機がないため、ついついエクストリーム・グモしがちである。

高松を発車した2両編成の快速列車はこの世のものとは思えない爆音を立てて端岡駅に着く。以前は普通列車との接続を行っていたこの駅だが、ダイヤ改正でそれがなくなって以降、駅を廃止しても誰も気付かないのではないか、という噂が立つ。端岡を出ると再び爆音を立てて走り、坂出駅に着く。何と、この快速列車、坂出からは各駅停車になるのだと言う。駅のアナウンスでは「快速サンポート号、各駅停車」などと矛盾した放送を聞くことができる。いわばどうしてこうなった状態だ。坂出から丸亀までは高架を走る。丸亀からは高架を降り、讃岐塩屋とか言う無人駅を通り、多度津に到着する。多度津から土惨線が分岐する。

多度津 - 観音寺[編集]

多度津から西は単線区間となる。ちなみに、JR香川の複線区間は瀬戸大橋線と上の区間だけである。甚だなさけないと思いながらも、1両編成のワンマンに乗りこむと、ワンマンとは思えない速度で爆走し始める。さすが四国。しかし、18キッパーが何故か少ない。こんなに速いのに何故18キッパーが少ないのか不思議に思った。そもそも需要がないんだろうけど。

観音寺 - 新居浜 - 伊予西条 - 松山[編集]

本当の地獄はここから始まる。途中駅での普通列車の20分間停車だ。長いものだと30分以上停車するものもある。普通列車同士の接続の悪さもわざととしか言いようがない。JR香川による特急列車をご利用くださいキャンペーンである。普通列車も30分に1本から1時間に1本に減る。 だが、肝心の18キッパーが見当たらないので、この政策は意味をなしていない。なお、香川・愛媛の境には、結界のようなトンネルがあり、特殊改造した電車以外は通れない(但し、四国主力の気動車はこの限りではない)。

そして松山駅に到着。この駅は巷でも評判のショボイ駅で、県庁所在地駅でありながら乗り場が3番線までしかないという、日本の常識をことごとく覆した駅である。良くも悪くも破天荒である。 ただこの仕置きも年寄りばかりの松山にとっては上下線の2列車が同じホームに入りバリアフリーが実現しているので、いたって好評ではある。 特急列車に乗った者にもその地獄は容赦なくやってくる。とにかく停車駅が多いのである。そのせわしなさは、JR西日本新快速並みだ。新幹線から乗り継いだ客が割引料金に嵌められ、騙されたと後悔するのも、このあたりである。

松山 - 伊予大洲(内子線経由・山線)[編集]

松山駅を出てしばらく走ると、電化区間の終点である伊予市駅に着く。伊予市駅の次の駅で旧予讃線と内子線に分岐するが、ここでは現在主流の内子線を経由することにする。特急列車はすべてこっちを通る。

松山 - 伊予大洲(旧予讃線経由・海線)[編集]

伊予市を出ると、ここから先は怒涛のローカル旅である。田舎暮らしに憧れる人は是非この先の区間沿線に住むことをオススメする。この先は2時間に1本だったり、3時間に1本だったり、とにかく円周率暗記にはうってつけの場所である。内子線ができた今では、普通列車しか通らない・・・。

伊予大洲 - 宇和島[編集]

最後の山場である。ここの区間の一部では、特急列車がとても早く走行し、『暴走特急』の様を呈するので注意が必要である。やはり、この区間も、普通列車に乗るのは酷であり、『アンパンマン』の特急列車に乗るのが移動方法としてはベストである。特急列車も対向待ち合わせがあるので注意。うわ島に着くと、行き止まりであるので、一駅戻り、よど線に乗り換え(でも、本数少ないの)…。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「予讃線」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)