予想外割

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

¥0ではありません

「予想外デス」
予想外割 について、予想GUY
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「予想外割」の項目を執筆しています。

予想外割(よそうがいわり)とは、ソフトバンクモバイル(現:ソフトバンク)が発表した携帯電話の割引サービスである。割引額が誰にも予想できないのが最大の特徴。

基本料金[編集]

基本料金は2880円~基本価格の2倍の範囲で毎月ランダムに決定される。なお、期待値の計算を試みたものには罰金が課される。

通話料金[編集]

通話が開始された時刻の秒で決まる。たとえば、12時53分28秒に繋がった場合、28秒なので、1分あたり28円となる。相手が受話器を取った時刻で決まるため、0秒を狙うには事前に打ち合わせが必要となる。

予想外のことが起きたため、このキャンペーンは2006年末日をもって終了いたしました。

メール代[編集]

ソフトバンク同士の送受信のみ割引される。基地局でメールの内容を評価し、文章のすばらしさによって最大7割まで割引される。近年の若者の国語力低下に歯止めがかかるのでは、と各省庁から期待されている。

ソフトバンク以外へは鉛筆、便箋を用いて送信すれば利用料が発生しない(※1)

なお、送信後のスロットであたりが出たら、無料で同じメールをおなじ宛先にもう一通送れる。これによって得をした気持ちになれる。

※1:別途総務省への支払いが発生する場合があります。

携帯端末料金[編集]

重量課金制により、グラム単価で決まる。現在東日本から苦情が来ているため、変更の可能性あり。

新規登録キャンペーン[編集]

2006年10月26日から2007年1月15日まで期間内に入会した場合、ソフトバンク社員の休暇が7割引になる。これによってよりきめ細かなユーザー対応が可能になるという。

なお、予想外のことが起きた場合、キャンペーンは中止となる場合があります。

トラブル[編集]

土日になって予想外に登録が集まったため、一時的にシステムを停止するという予想外の展開となった。孫正義社長は「さすが予想外割だ。私たちが予想できないことを平然とやってくれる。そこにしびれたし憧れた。今後も予想外の展開に期待して欲しい」と語った。しかし一部では、「注目を浴びるためわざとシステムを補強しなかった、いわば予想内(想定の範囲内)の出来事ではないか」との批判もある。

予想外のユーザー流出[編集]

ナンバーポータビリティと同時に発表された予想外割であるが、その料金プランの不可解さから、元から居たソフトバンクユーザが多く競合他社へ流出した。

このように孫社長にとっても予想外を引き起こす、正真正銘の「予想外」割引制であるといえる。

今後の予定[編集]

第一弾の発表後、次々と追加サービスが発表されている。ゆくゆくはYahoo! BBと同じ「個人情報漏洩対策サービス」(1回につき500円キャッシュバック)も発表されるものと見られている。

関連[編集]

外部リンク[編集]

  • 6つの想像外 - 携帯と関係ないオンラインゲームが追随した例