予告状

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
執筆の途中です 投稿者のあほどもえ
予告状」のだいじななぶぶんはあづかった。このきじを加筆・訂正しろ。しなければ、怪人21面相が飲んどる青酸ソーダいれたる。    (Portal:スタブ)

予告状(よこくじょう)とは、犯罪者の自爆行為の一種である。

概要[編集]

予告状はその名の通り何かを予告するために相手に出す手紙のことであるが、馬鹿でもわかるとおりこのの行為はどう考えても不要なものであり、それどころか自分で自分をしに至らしめる行動である。

予告状の種類[編集]

錯乱型[編集]

簡単に言えば予告状に嘘を書いて相手の警備や警察などを煙に巻くタイプであり、嘘なのに一般的なものである。また、高度なものとしてはあえて本当のことを書いたり、相手に深読みさせるような暗号を書いたりすることもある。ただし、このタイプでもそもそも予告状を出すこと自体警戒心を抱かせることが多く、成功例はまれである。さくらんぼとは関係ない。

悪戯型[編集]

悪戯型の一種。当然祝わなかった。

予告状を送るだけ送って後は何もしないというタイプ。相手を馬鹿にしたりするのに有効。しかしたまに逮捕されたりするので結局は自爆行為となる。最近ではインターネットを使った形も出ているので、ポストに投函しなくてもいい自爆装置として機能している。便利な世の中になったなあ。むしゃくしゃした若者や無職がよく利用している方法である、が彼らが捕まってから言う台詞を見ればわかるように馬鹿しかやらない。

ロマン(笑)型[編集]

とりあえず目立てばいいと思って予告状を出したというタイプ。主にこのタイプのせいで馬鹿だとか自爆行為だとか言われてしまっている。このタイプのほとんどはいわゆる怪盗で結構名の売れた方々も愛用しているが、名探偵コナンでも読めばわかるようにこの行為のせいで何度も失敗するのがお約束となっている。とはいっても怪盗自体「○○参上!」とか言って無駄に目立つ馬鹿ばかりなのでこの指摘自体無駄である。そもそも目立たなければ怪盗でなくただの泥棒となってしまうから。怪盗は華麗に盗み去ってこそなので、無駄なまでに派手なパフォーマンスと自分の華麗な演出を見届ける、出来るだけ大勢のギャラリー(もちろん観客としても大事だし、中に紛れて逃げることも出来る)が求められる。そのために招待状として予告状を送りつけるのである。

しかしこの行為によって盗み先の大商人と恋仲前までいくというウルトラCの行為を決めた怪盗もいるため案外馬鹿にできないのもまた事実である。

自首型[編集]

予告状を出すせいで捕まる、という行為を逆手にとって自首するタイプ。方法は予告状に自分の名前を書くという極めて単純な方法の上、罪自体もたいしたことがない(仮にどんなことを書いたとしても)ので、刑務所に養ってもらったりするときにはかなり有効である。よって、この行為は前述の型と違い馬鹿だとは言えない。

ただし素で名前を書く人は大馬鹿者では済まされない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「予告状」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。


執筆の途中です 投稿者のあほどもえ
予告状」のだいじななぶぶんはあづかった。このきじを加筆・訂正しろ。しなければ、怪人21面相が飲んどる青酸ソーダいれたる。    (Portal:スタブ)
  • 上記のスタブの言うように大事なところがなかったら不発であるが、これが一番幸せだと思う。