亀甲縛り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』 民明書房『絹道紀行~"亀甲縛り"の起源を求めて~』

亀甲縛りとは、お中元や御祝儀袋等に結ばれるの結び方の一形式である。

概要[編集]

江戸時代中期の浮世絵より、亀甲縛りの風呂敷を持つ男性像

御祝儀袋などに付けられる紐(水引)の結び方は、花結びや淡路結びと呼ばれる方式が一般的であるが、礼法上亀甲結びのほうがより丁寧な結び方であると考えられている。しかし、近年では結び方が複雑である亀甲縛りを見る機会は次第に減っているが、社会ステータスの高い人物や愛する人に贈り物をする際には未だに一般的な方法であるため、一般人として身につけておくべき教養である。

歴史[編集]

Howtokikkou.png

亀甲縛りの起源は、奈良時代にまでさかのぼるといわれている。当時、朝廷へ献上される贈り物には、さまざまな意匠を凝らした豪華絢爛な装飾が施されていたが、その中で献上品の周りを紐で不老長寿の象徴である亀を模した亀甲縛りに結ぶ飾り方が広まっていった。[1] その後、室町時代から江戸時代にかけて庶民の間における贈与でも広く用いられるようになり、結婚式の引き出物や、お中元、お歳暮などを贈る際、江戸の町民は品物を亀甲縛りにした。北斎漫画にも、亀甲縛りの方法について詳しく描いている頁がある。[2]

明治期になると、亀甲縛りのほつれにくさが評価され、鉄道や船舶での貨物輸送における貨物の梱包に多用され、亀甲縛りは日本の近代化を支えた。また、デパートなどの大型商業施設の開業により、お中元等のギフトの市場も伸びたため、町で亀甲縛りを見かける機会は多かった。中元やお歳暮シーズンに店先に並ぶ亀甲縛りは当時の人々にとって季節の風物詩であった。

戦後になると、結び型の複雑さからより簡便な結び方を選ぶ人が増え、亀甲縛りを見かける機会も少なくなっていった。

縛り方[編集]

まず右図1の様に、赤い紐と白い紐を3~4回交差させる。その後、2のように上下に余った紐を箱の後ろ側に回し、交差させた部分に通す。余った紐を後ろで結べば完成である。伝統的に左上には「月の豕(いのこ)」と記すことになっている。

人体に対する亀甲縛り文化[編集]

上述のように贈り物の装飾として誕生した亀甲縛りだが、日本では「入りした女性は他家からの贈り物」という考え方が古来強かったため、結婚初夜には女性に亀甲縛りをして共寝する文化が存在し、ネットなどでも数多くの方法が紹介されている。本来ならば男性は、結婚相手の実家に挨拶に行く時、両親に「娘さんに亀甲縛りをさせてください。」と言うのが正式な作法であるとされている。また、結婚式の際にも服の下で亀甲縛りをしておくのが正式な作法である。旧家では未だにこの礼法を重んじているところも多いので、ぜひ忘れないでいただきたい。

結婚して一週間経つと、今度は男性が亀甲縛りになって女性に贈り物として認めてもらう儀式である「尻会の儀(しりえのぎ)」を始めなければならない。その際に、新婚の男性の尻には結婚前の悪行による穢れがたまっているとされ、穢れを払うには婚約者が尻を片方につき8回づつはたく必要があるとされている。男性は全裸に亀甲縛りになり女性の前に出て、「私の尻には悪魔が宿っています、私の穢れた尻を叩いてください」と言うのが正式な作法である。[3]

さて結婚後、順調に子供が誕生して成長し、女子は三歳と七歳、男子は五歳になった日に「尻祓の儀(しりはらいのぎ)」を行わなければならない。これは子供の無病息災を祈る儀式であり、子供に憑依した悪因縁や邪気を追い払うために行われる儀式である。古くは日本書紀の時代から行われていると言われており、現在でも皇室はもちろん宮家並びに旧家では行われている。午後10時を過ぎる前に準備は行われる。子供は亀甲縛りにして土蔵、無い家の場合は押し入れに一刻(2時間)ほど閉じ込めておく。そして父親が神棚に「」と「昆布」をお供えして、二礼二拍手一礼により神々に敬意を示す。閉じ込めておいた子供を外に出して、父親と母親が交互に八回づつ子供の尻を叩く。これが正式な儀式の手順である。[4]

脚注[編集]

  1. ^ 民明書房刊『日本民俗史』より
  2. ^ 同上
  3. ^ 民明書房刊『冠婚葬祭事典』より
  4. ^ 民明書房刊『子供の育て方Q&A』より

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「亀甲縛り」の項目を執筆しています。
この項目「亀甲縛り」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)