久川綾

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「久川綾」の項目を執筆しています。

久川 綾(ひさかわ あや、1968年11月12日 - )は、日本コスプレーヤー(主に着ぐるみ)もしくは声優

人物[編集]

演じるキャラクターは清純派だが、実際の人物は下ネタ全開と、ギャップが激しいことで有名。実は性格が正反対な双子の姉妹という説もあるが、真実は不明。関西弁使いキャラの第一人者。関西弁使いには他に宮村優子もいる。しかし起用されないのは大体のアニメの予算はみやむー呼べるほど多額じゃない事みやむーが余りにも演技が出来ない事が原因。

東鳩の元祖委員長眼鏡ッ子でもある保科智子の「神戸と大阪を一緒にするな」という意味の発言はそれに対するアンチテーゼでもある。

17歳教教祖の井上喜久子と仲が良いらしいが、入信する予定はないそうである。

ペットはアヒル。

なお156cmではないので本名は土井八郎ではない。

活動[編集]

声優業と下ネタ全開のエロ番組のパーソナリティ。

代表作として『美少女戦士セーラームーン』(初代テレビアニメ版)にて水野亜美を演じ、「水でもかぶって反省しなさい」というセリフに反応して、華厳の滝で滝修行をしようと日光アニメおたくが巡業に向かったのは有名な話。

逸話[編集]

声優業以外での逸話は数多いが、代表的なものは以下の通りである。特にラジオ番組での伝説が多い。

  • ラジオで自分の大便を踏んだと暴露した。
  • ラジオ収録にテレビ取材が入り、全国ネットで流れたのは男性経験があると話しているところ。
  • ラジオで録音中に彼氏(現在の夫)から着信が入った模様がそのまま流れた。(電話の彼事件。)
  • ラジオで甘い吐息を流し、「今晩のオカズにいかがですか?」とのたまった。(最終回)
  • トークショーで「クリスマスの思い出」というテーマで、寝ゲロを吐いた話をした。
  • 大きなお友達、略して「大友」という新しい言葉を作った。
  • ラジオ番組ではリスナーの名前を読む時は敬称略の呼び捨てで紹介する。
  • ラジオ番組でゲスト声優の紹介をする時は、以前に会った時の相手の恥ずかしいエピソード或いは相手のデビュー当時のエピソードを持ち出し「だれそれって〜だよね」「だれそれってあの時〜してたよね」と確認する形で番組中で紹介する事が多い。
  • ラジオ番組で自分と同じ声優事務所の後輩がゲスト出演の時は、「うちの事務所の後輩だもんねー」と後輩である事を殊更強調する。

関連[編集]


Yuichi Nakamura.jpg この項目「久川綾」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)