久山町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「久山町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「久山町」の項目を執筆しています。

久山町(ひさやままち)とは、福岡県糟屋郡にある町である。

大きな特徴として、外国資本の郊外型複合商業施設を有しており、「外国に魂(土地)を売った」という非難を浴びている。

町名の由来[編集]

「久原村」と「山田村」が合併して「久山町」になった。実は宮若市福津市みたいなことを50年も先取りしていたのである。昔の人は頭の切り替えが早いので、「久山」になってもすぐ浸透したので、酷評を受けることはなかった。

特産品[編集]

糟屋郡に属する町村の全てに共通するように、山が多いこともあり、山菜等が特産と思われがちだが、主な特産品として、醤油があげられる。というか、醤油及び、その関係商品(各種のタレ煎餅など)しか無いのである。

トリアス久山[編集]

ウォルマートにも、カルフールにも、負けた負け組であるところのコストコ・ホールセールシネマ・コンプレックスのTOHOシネマズなど微妙な負け組感すら感じさせる企業が集まって作った郊外型ショッピングモール。久山町の税収の大部分を占めているとも言われる。しかし、外国資本特有の駐車場に対する配慮が足りず、日本のような国土の狭い国では、「駐車場一台分が血の一滴」ということに気付かずに、放置自動車が後を絶たない。

くばらグループ[編集]

元は、くばら醤油という醤油醸造会社であった。久山町の特産品が醤油である理由は、この企業が町の中央部に位置している事から始まっている。各種のタレを発売し、焼き鳥屋ではキャベツを食べるという博多にしかなかった習慣を無理やり日本中に広めることになった。特に、関東地方で生まれ育った人々には、焼き鳥屋で、キャベツを食べる習慣など無いため、非常に迷惑な話であると江戸川区在住のK氏が言っていたから、多分、間違いなく迷惑なんだろう。いや、絶対迷惑だってことだって。

久山町の主な財源[編集]

主な財源として、くばらグループの法人税ならびにトリアス久山の固定資産税があげられる。他の財源は枯渇の一途を辿っており、潤っているのは、くばらグループの社長のみという有様である。糟屋郡内における町村合併問題においては、他の町村に先んじて福岡市に近づいたものの「山以外に何かあんのwwww」という市民の猛反発から、周辺町村との合併を模索している模様である。

こん項目「久山町」は、執筆者がクラックばキメとった可能性もあるけんが、今はまだクソの山ばい。より愉快にして下さる協力者ば求めているけん。さぁ、これば見とる貴方(貴女)も、恥ずかしがらんでん書き込んで見い! (Portal:スタブ)