久多良木健 (建築家)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 このページでは建築家の久多良木健について解説します。SCEIの社長については久夛良木健をご覧下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「久多良木健」の項目を執筆しています。

久多良木 健(くたよき けん、1971年1月9日 - )は一級建築士インテリアデザイナー。久多良木県出身。近年の手抜き工事のトレンドに流されることなく、デザインを重視した古典的手法での設計を行う。プレイステーションシリーズの設計者として有名。久夛良木健氏との仲は久本康と米田治の仲とよく似ているといわれる。血液型はAB型らしい。

業績[編集]

傑作プレイステーション2では、黒塗りの住宅を設計、従来の常識をくつがえした。強力な換気扇により機密性の高い家の換気を確保。自動暖房装置で冬でも(夏でも)暖かい。初期は世界共通デザインだったが、後期バージョンではそれぞれの土地にあわせた設計になった。

続く作品、PSPは手軽さを重視したコンパクト設計。黒地の各所に常時点灯のLEDをちりばめた画期的デザイン。災害に備えてUMD脱出ポッドも設置されている。人気のため発売直後から入居者が殺到、最大で3ヶ月待ちという状況にもなった。

最新作プレイステーション3は、流線型のデザインが美しいオール電化の一戸建て。2で好評だった自動暖房装置がさらに強化され、肉まんを暖めることも可能になった。無線通信(プッシュトークと同じSIPプロトコル)で家の風呂やコンロ、2足歩行猫の散歩、レースカーなどを遠隔操作できる。また耐震構造も充実し、家の傾きを検知してモニタに投影する機能もある。

プレイステーション3は当初、全世界同時公開の予定だった。しかし特別に日本だけ先行公開されることになった。これについて久多良木氏は「こうした変更は歓迎してくれるかな? 皆に喜んでもらえると嬉しい」とコメントしている。なお、PS3はそのリッチさを実現するために施した大量の新技術のおかげで量産化が難しく、タマ数も少なくなり予約開始後あっという間に完売してしまった。

黒歴史[編集]

氏の建築したマンションPSX(通称:白い巨塔)は、その価格のため敬遠され、いまだ空き部屋がある。この件に関し久多良木氏は「何を言っているんですか、私の家族も住んでいる。」と発言し波紋を呼んだ。

関連[編集]

外部リンク[編集]

  • クター - 氏をモチーフにしたかもしれないマスコット。