丸亀市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「丸亀市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「丸亀市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「丸亀市」の項目を執筆しています。

丸亀市(まるがめし)は、さぬきうどん王国中西部に位置する都市である。

うちわの生産が盛んであり、アンサイクロペディアの虚弱サーバーオーバーヒートから守るため、うちわを用いた冷却部隊が某所に派遣されたが、目立った成果をあげるにはいたっていない。

概要[編集]

さぬきうどん王国を構成する12の国の一つである那珂国の首都であり、うどん王国西部一帯を占める西讃地方の中心都市である。もと京極氏の城下町であり、石垣が立派な丸亀城がそびえる。周辺には高松の「うどんタワー」や、宇多津の「ゴールドタワー」など、悪趣味な建造物が林立するなかで非常に貴重な存在である。

那珂国はうちわ王国、丸亀はうちわ市とも呼ばれるほど、丸亀市民はうちわの扱いに長けており、「団術」といわれる武術にまでその技術を高めている。奇伝によると大天狗神通力を借り、あるときには武器として、あるときには呪具として用い、迫り来るガメラノコノコを打ちのめしてため池に沈めるなど、あらゆる災いを追い払ったといわれている。

現在では、で塗り固めた怪しい煽り文句が描かれたうちわが射幸心を煽り立てる宣伝の道具として悪用され、無責任なを蔓延・繁殖させるという憂慮すべき状況下にある。さらに一部の市民は、争いの兆しがあれば煽らずにはいられない性分と化しており、うどん王国分裂の危機という新たな火種が生じつつある。

地理[編集]

瀬戸内海に面する港町であり、金刀比羅宮の鎮座する聖地琴平町への参詣路が通じている。聖地を合併しようと虎視眈々と好機をうかがい、その布石として、飯山・綾歌との合併を成立させ、さらに多度津善通寺にも触手を伸ばそうと意気込んでいるようである。

飯山地区の飯野山と土器地区の青ノ山は、背の高さで兄弟喧嘩になり、弟の青ノ山は兄の飯野山に頭を切られたため頂上が平らになったという血なまぐさい話がある。

丸亀港から出る「広島行き」の連絡船は広島県まで行かずに、塩飽諸島中の一島である「広島」という名前の島に行くので注意が必要である。

歴史[編集]

昔々、遠い海の果てからに乗ってやってきた金毘羅大権現によって丸亀の町の基礎が築かれたと言われており、丸亀城内の琴平神社には金毘羅大権現とともに亀神が祀られている。

」はスッポンの異称であり、同時に丸亀城をあらわすとされることから、金毘羅大権現の乗っていた亀はスッポンであったとみられ、山に姿を変えた亀は、後に「亀山」と名付けられ丸亀の守り神となったと伝えられる。

明治の一時期は丸亀県の県庁所在地であったが、丸亀県と高松県が統合され香川県が成立する際に、高松との県庁誘致合戦に敗れて以来、屈辱の歴史を歩んできた。高松への対抗心のみが丸亀を突き動かしてきたのである。

経済[編集]

かつて「讃岐三白(綿砂糖)」の一つに数えられる塩の産地として名を馳せたが、現在ではそれにかわって「讃岐三畜()」のうち鶏の生産が増しており、骨付鳥うどんと並ぶ讃岐名物とするため、奮闘中であるが「うどん様を超えることなど不可能である」とする高松市民の厳しい意見も聞かれる。

うちわ作りは江戸時代以来の伝統を誇り、伊予愛媛県)、土佐高知県)、阿波徳島県)というように、うちわの材料はすべて四国中からかき集めたものであり、丸亀はいわば「いいとこ取り」であるため、他県から「図々しい限り」だと批判されることも多々あるという。

丸亀うちわは、厄を祓い福を招く縁起物として、参詣者や商人によってその評判は全国に広まり、金刀比羅土産の定番となった。風を起こせば広告屋が儲かるという仕組みである。丸亀の経済はうちわとこんぴら参りによって大いに潤い、まさに「左うちわ」となったのである。

岡山県の植民地らしくの生産が盛んであり、こちらも魔除けの効果が期待できると極度の潔癖症に悩む人々にとってうちわとともに評判が高い。

交通[編集]

古くから聖地・琴平への街道が通じていたことから明治になると参詣客の輸送のため、県庁所在地・高松に先んじて鉄道がいち早く敷かれるなど交通の要地として栄えた。

予讃線琴平線が通じ、土讃線瀬戸大橋線に直通する列車も存在するが、いずれも運転速度が亀のように遅いのでせっかちな都会人には不向きな路線であるとみられる。また、かつてはリクガメを動力とした「亀車鉄道」が走っていたが、まるで使いものにならず、すぐさま廃止された。

また、小規模であるが瀬戸内海に面した港を有しており、且つ特筆出来る産業も無いため、瀬戸内地区の化学工業地帯を縦横無尽に走り回る500tより下の小型ケミカルタンカーの絶好の停泊地となっており、ずらりと並んだタンカーを見ることが出来る。しかしながら好条件故に連日熾烈な場所取りが行われており、船員同士の喧嘩や放火によるタンカー爆発などが頻発している。

文化[編集]

が聖なる動物として崇められている反面、スッポンうどんは隠れた名物として持て囃されており、一見矛盾するようであるが誰も気にしていない。これに対して高松では月見うどんが好まれている。このように、東讃と西讃の文化は似て非なるものであり「月とスッポン」とはよくいったものである。

丸亀では、エアコン扇風機をつけたまま寝ると死ぬと信じられているため、それらは一切使われず、うちわと風鈴で涼をとることが推奨されている。2月14日にはチョコ交換ではなく、うちわ交換なる儀式を行うなど特異な風習が残されているが、これも商業主義によって作られた悪習であるとする意見が高まっている。

人物[編集]

上述の通り丸亀ではうちわを用いた「団術」が盛んだが、その創始者が「亀仙人」である。仙人の弟子は大きな「丸亀マーク」の入ったオレンジ色の道着を身につけ、市内で日々訓練に励んでいる。2月のハーフマラソンに「丸亀道着」で出場し、市内を走る弟子もいる。弟子の中では孫悟空氏よりも、栗林町を造成したクリリン氏が県内では有名である。

関連項目[編集]


この項目「丸亀市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)