中関

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

中関(なかのせき)はその昔、毛利重就という馬鹿殿下関上関の中間に建てたかもしれない。名前の由来はそのまんま上でも下でもなく中間にあることから。

ガチムチ六尺兄貴エキスを抽出するために港湾の整備を図った。
しかし当然のことながら男臭さが激増してしまい、街中から「アッー!」と言う悲鳴が絶えないある意味でのラクーンシティと化してしまった。

結果住民の多くは心を病んでしまい、最終的に全員海へ消えていってしまったため、現在の住民は彼等とは全く関係がない。 その現在の住民はおそらく下関からのおのぼりさんと上関からの流れ者が定着した人々と思われる。

悲しみの歴史[編集]

  • かつてここにはがあった(上記参照)……
  • エロ時代くらいでは、この地区一帯は佐波郡という名の郡であった……
  • ……しかし!明治時代に入ると佐波、三田尻、中関、華城、牟礼、西浦、右田、富海、小野、和田、出雲、島地、串、八坂、柚野、阿東、阿武、秋芳、平生、山本、川本、夢路、道実、青海、赤戸、義一、膳、蓮、鼻、足、耳、etc……らの120の防衛都市郡(防衛都市とは下関要塞のようなもの)に分かたれた……
  • なんだかんだで、108くらいの村々による合併によって大正15年に中関町(由来は上記の毛利重就の話から)が誕生したが……
  • 昭和11年になると合併騒動で防府市になり、地図上から姿を消してしまった。上関下関がまだ残っているのと比べ不憫である。消えた理由は、名前の由来が中間だったからかもしれない……
  • だが、中関は死滅していなかった!!以降は上記の歴史どおり。

関連項目[編集]

  • 上関-かみのせき
  • 中関-なかのせき
  • 下関-しものせき
この項目「中関」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)