中野区

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中野区」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「中野区」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「中野区」の項目を執筆しています。

中野区(なかのく)は、東京都新宿区渋谷区杉並区に隣接する特別区の一つである。

道路がとにかく狭いことと、逆に代替として鉄道がやたらに通っていることで知られる。

区の概要[編集]

中野区は鉄道拠点の新宿駅東京駅大手町)へ向かう路線がいくらか通っており、それゆえ関東大震災後に人が東から移住して住宅街を形成した。関東関西いずれでも何故か住宅地は西へ向かう傾向があり、その初期の事例といえる。

治安は比較的よい・・・のだが、あの練馬区との隣接地域は危険である。痴漢空き巣ストーカーの注意が幼稚園保育園でも行われる(知らない人について行ってはいけない、という生易しいものではなく、「知らない人は危険なので近づいてはいけません」という差別とも取れる注意を行っている)最近では最北部の上鷺宮で「厚労省の元大物の妻が刺された。ニュースではこの事件の報道を中野区の中央部の警察署から報道していたが、地元民は「実は練馬警察署のほうが数倍近い」と日本の行政区分に対する皮肉を感じていた。

しかし悲しいかな道路の狭さ、早期の住宅地化は繁華街・工業地帯としての発展を妨げるにいたり、家しかないところのイメージが固まってしまって、今日に至っている。つーか端っこのほうはまったく家のみであり、小さな営業態度の悪い酒屋に高校生がたむろするという有様である。ガッツ石松を筆頭に漫画家など著名人が多く住み、コンピューターソフトウェア産業進出もあったため、杉並区同様にサブカルチャー系の街としてかろうじて世に威光を放っているのである。

また西武新宿線により北と南に分断されており北(野方)の住民が南(中野)の方に行く事もないしまたその逆もない。かと言ってあさのあつこの某小説の様に西ブロックもなければ聖都市も……もっともブロードウェイがオタクにとっての聖都市と見ることも出来なくもないが。

まともな住民は中野ではまともな品が販売されていないため新宿区に買い物に行くことが多いが、杉並区へ足を踏み入れることは一切ない。

近年、駅前の再整備などが進み、かなり適当、いや計画的に作られていたバス停などが一気に移動して駅前の様相がかなり変わった。明治大学、帝京大学、キリン本社など企業などの誘致にも成功してセントラルパークなどというアメリカかぶれっぽい場所まで出現している有様である。

中野[編集]

中野区の名前と由来となった中野は、正に区の中心部であり中野駅周辺など繁華街が密集する地名でもある。 この地域は中野区では貴重な繁華街となっており、一般的な中野のイメージは中野駅周辺のそれをさすことが多い。

中野サンプラザ[編集]

芸人のサンプラザ中野と混同する輩が多いが、旧:全国勤労青少年会館で今はコンサート会場として知られるこの施設は「中野」が先につくので注意。第一、サンプラザ中野もこの施設から芸名を取っているのだから、混同するようじゃ本末転倒である。

中野ブロードウェイ[編集]

サブカルチャー系で中野といった場合、この施設を指している事が多い。秋葉原池袋と並ぶ三大聖地とされることもある、オタクヲタク)の巣窟である。人によってはオタクビルとか呼ぶものもいる。

秋葉原とかと違って横に広がった街ではなく、一つのビルにオタク要素が全て凝縮されている。それゆえオタク濃度が強まっているとの指摘も強い。実際、秋葉原よりもディープなものが陳列してあったりする。

区内に本社のある企業[編集]

  • 関東バス - バス会社。トロピカル連合の総本山。
  • カンロ - 食品会社。カンロ飴と言っても若い人は多分知らない。ピュレグミと言った方がわかってもらえるのではないだろうか。ピュアラルグミではない。
  • 宮坂醸造-食品会社(味噌・諏訪の銘酒・真澄で有名)
  • マルイ:丸井-百貨店。中野に本店があるのが誇りだったのに、あっさり閉店し新宿に本店を移された時の中野区民の悲しみは計り知れなかった。現在本社とデパートの複合施設として戻ってきたが、本店の名前がついてないマルイに価値はあるのだろうか。
  • キリン-大手飲料会社(ビール・ソフトドリンク他何かしらお世話になってるだろう会社)こんな大手が中野区に本社持ってくるとは思ってなかったというのが一般的な中野区民の感想。昼食戦争激化の一端を担っている。

関連項目[編集]